1. Home
  2. BODY
  3. ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

54,074

横田ゆき

冷えや乾燥肌など、さまざまな身体の不調の原因となる「ゴースト血管」。「ゴースト血管」セルフチェックリストに続き、毛細血管を鍛えるセルフマッサージ方法をご紹介しました。

201808_control_1

今回も「太陽笑顔fufufu」より、金沢医科大学 総合内科学 准教授・赤澤純代先生がおすすめする、“血管を強くしてくれる食材”をピックアップ。食事への手軽なとり入れ方も紹介します。

血管を元気にする「Tie2(タイツー)」って?

20180820_blood_2

血管の機能が低下すると、酸素や栄養など、血液が運んでいるものが漏れ出てしまうおそれが。これを防ぐことができる「Tie2(タイツー)」という分子があるそうです。

血管に巻きつくようにある、壁細胞がはがれることによって血管は不安定になり、血液に含まれる栄養などが漏れ出るようになります。輸送機関として機能する健康な血管を作るには、壁細胞をはがれにくくすること。そのために活躍してくれるのがTie2(タイツー)という分子。壁細胞と内皮細胞をぴったりと密着させる接着剤のような働きがあります。(中略)

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

毎日摂るのはNG。週に2〜3回を目安に

shutterstock_342988034

このTie2を活性化してくれる植物が発見されています。食事に取り入れることで、不健康な血管の改善が期待できるのだとか。ただし、毎日摂取していると、慣れてしまって効果が薄れてしまうため、週に2~3回を目安にしてください。

Tie2を活性化させる8つの植物

20180820_blood_4

ヒハツ

以下の植物を参考に上手にとりいれたいですね。

  • ヒハツ
  • シナモン
  • 月桃
  • ルイボス
  • スターフルーツ
  • かりん
  • サンザシ
  • インディアンデーツ

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

赤澤先生が特におすすめするのは、ヒハツ。Tie2を活性化する力が、特に高いことがわかっているそうです。

今回紹介した食材を上手にとり入れ、元気な血管をめざしていきましょう。

ゴースト血管になってない?

冷えの原因かも。「ゴースト血管」セルフチェックリスト

血管の衰え、やがて血管が消えてしまう、血管のゴースト化。冷えの対策として血管のケアをしてあげることが必要です。まずはゴースト血管セルフチェックをして...

https://www.mylohas.net/2018/08/172980blood_vessel.html?test201808

さらば、ゴースト血管! パーツ別のマッサージ方法

さまざまな身体の不調を引き起こしてしまう「ゴースト血管」。血管ケアにはマッサージが有効。血管を丈夫にしてくれる栄養食材をとることも大切です。

https://www.mylohas.net/2018/08/173148blood_vessel.html?test201808

太陽笑顔fufufu

Photo by Getty Images, image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー