1. Home
  2. STYLE
  3. 【お試し企画】夏の「冷え」と「むくみ」を解消!|C3fitのインスピレーションゲイター

【お試し企画】夏の「冷え」と「むくみ」を解消!|C3fitのインスピレーションゲイター

休むこと。緩めること。

3,176

山本千尋

オフィスでのデスクワークはもちろん、帰省や旅行の長距離移動など、夏はクーラーが効いたところでじっと過ごさないといけないシーンが多いので、“冷え”と“むくみ”がつらい季節ですね。

そんな女性の悩みを解決してくれるのが、運動しなくても着用するだけで血行促進効果が得られる「C3fit(シー・スリー・フィット)インスピレーションゲイター」です。

段階着圧で第2の心臓“ふくらはぎ”をサポート

c3fit_01

C3fit インスピレーションゲイター4,320円(税込)

“冷え”と“むくみ”は、第2の心臓といわれるふくらはぎのポンプ機能が、きちんとはたらいていないから起こる悩み。足首からふくらはぎへと段階的に変わる着圧が筋ポンプ運動をサポートするので、血流やリンパの流れをスムーズにしてくれます。

着用するときはゲイターをたぐりよせて足首を通し、裾をくるぶしの上に合わせたら、ひざ関節あたりまで引っぱり上げるだけ。足首からひざ下までのゲイターなので、席を立つことなく座ったまま、さっと着用できるのも魅力です。

長時間つけていても快適な着用感

c3fit_02

1日中座りっぱなしだと、夕方には脚がダルくてたまらなくなりますが、このゲイターをつけていると、ほどよいサポート感が心地よくて夜になってもむくみ知らずあの不快なダルさが驚くほど軽減されます。締めつけすぎないから長時間ずっと着用していても平気なのもうれしいですね。

無駄な筋肉のブレを抑える効果もあるので、スポーツ時の運動効率もアップ。リカバリー効果も期待できるから、アスリートにも愛用者が多いのだとか。運動中にはちょっとした縫い目も気になるものですが、特殊なテープを使用した「スマートシーム仕様」なので、肌にあたる面もなめらかです。

ゴルフのラウンド中も着用していることを忘れるほど。約2時間座りっぱなしの映画館でも、席についてからゲイタ―を装着しておいたら、途中で寒さを感じることもなく映画に集中できました。

ふくらはぎのサイズで選ぶのがポイント

c3fit_03

大きすぎても小さすぎても望む効果が得られにくいので、ふくらはぎの周囲を測ってぴったりサイズを選ぶことをおすすめします。ふくらはぎの1番太い部分が34cmの私は、Sがちょうどいいサイズ。ユニセックスの商品なのでXS~XLまで幅広いサイズが用意されています。

手術したあと血栓ができるのを予防するために履く一般医療機器「弾性ストッキング」の基準も満たしているので、その性能はお墨付き。付属のポーチにしまうと手のひらサイズに収納できてかさばりません。残りの夏は血行促進ゲイターで快適に過ごしましょう!

c3fit

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました