1. Home
  2. MIND
  3. がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

運命を変えるマインド革命

25,524

斎藤芳乃

20180813_Mmind

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。多くの人が幸せのためにがんばって、必死になってご自身の人生をよくしようとなさっておられます。けれど、幸せになれる人となれない人が存在している。それはなぜでしょうか?

その理由は、人は、頭で考えている自分と本心で思っていることがちぐはぐなため、行動と願いを一致させることができず、それが苦しみの原因となっていることが多いんですね。

つまり、頭で考えていることと心で思っていることが違う=潜在意識の情報が異なっている=自己矛盾しているため、どんなに努力してがんばったとしても、潜在意識の情報が足を引っ張って、潜在意識の情報のほうが現実化されてしまっているということです。

今回は、こうしたちぐはぐながんばりや苦しみから卒業し、がんばらなくても幸せになれる人生を送るコツについてお伝えしていきたいと思います。

まず「つもり」をやめてみる

こうした人に共通することが、満足しているつもりでも、実際はそうではないということなんです。大切にしている「つもり」でも、自分を大切にしていない。やりたいことをやっている「つもり」でも、それが本心ではない。

もしも、本当に自分のことを大切にして納得していることならば、それで人は幸せを感じることができます。なぜなら、「私は私のやりたいことをやっている」という充足感が生まれるからです。

もしも本当にやりたいことをやっているのならば、「ああ、私は今日も自己達成できた!」と充実した感覚を得られるため、そこに不幸を感じる隙間は生まれません。

でも、「それを感じられなくて不幸だ……」という場合は、どこかで本当に自分が一致していない部分=矛盾が存在しているのです。

自分を不幸にしている行動をチェック

ではここで、チェックをしていきましょう。こんな「自分を不幸にする矛盾」をしてしまっていませんか?

・幸せになりたいと思いながらも、実際には自分を粗末にする行動をしてしまっている。
・大切にされたいと思いながらも、実際には無理に残業を引き受けてしまったり、自分の意見を無視して、他人の言うことを聞いてしまっている。
・変わりたいと思いながらも、無意識に誰かのせいにしてしまったり、自分で人生の責任を放棄してしまって依存している。
・愛されたいと願いながらも、「どうせ愛してくれないんでしょ?!」と相手を攻撃してしまっている。

こうした自己矛盾を持っていると、何よりも「現実が変わらない、自分自身の苦しみ」「いつまでも自分に自信を持てない苦しい日々」が、ずっとずっと続いてしまうのです。

矛盾をなくせば、ストレートに幸せはやってくる!

ある女性は、愛されたい、成功したいといいながらも、いつも結婚を認めてくれない親との関係に悩み、最終的には「どうせ親が」というところに行き着いていました。つまり、「現実を改善したい」と願いながらも、実際には、

・仕事を成功させたいというような目的よりも、親を憎むという、非生産的なことにエネルギーを使ってしまっている。
・本当は親に認められたいというポジティブな願いがあるにもかかわらず、その正反対の「親を憎む」ということに囚われている。
・親に認めて欲しい理由は「パートナー」を愛しているためだが、そのパートナーを自分自身が粗末に扱ってしまっている

という、矛盾した行動をとってしまっていたのです。けれど、これらの矛盾に気づき、パートナーを大切にし、親に認めてもらいたいと伝えたところ、あっという間に周囲が認め、大切にしてくれるようになったのです。

潜在意識は正直ですから、自分に嘘をついているという罪悪感や、自分をごまかしているという、一致感のなさが、何をやっても納得しないし、問題点の改善もできないし、変われない苦しい自分を生み出してしまっているんですね。けれど、こうしていったいどこが矛盾しているのだろうと見ていくと、「本当に優先すべきこと」や、「すでに持っていたもの」に気づき、たちまち人生が変わっていくということが起こります。

あなたは自分の幸せに正直になっていますか?そして、自分が求めていることをストレートに表現していますか?世界にたったひとりしかいないあなた。そのあなたを分かってあげられるのは、あなた自身です。

自分を大切に、理解してあげながら、自分で自分を幸せに導いてあげてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    8. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    9. 同僚へのミスの指摘。「敵」と見なされないために気をつけたいこと

    10. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. 腹痛や急にトイレに行きたくなる。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験