1. Home
  2. MIND
  3. 一番魅力的な自分になる。ポジティブな影響力の育て方

一番魅力的な自分になる。ポジティブな影響力の育て方

2,964

木谷梨子

20180816_positive_1

「元気をもらえる人に会いたい」と思うより、「自分が元気を与えられる人になれたら」と考えを変えました。きっかけをくれたのは、ボブ・トビン著『まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく ポジティブインパクト』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

日常的な言動でいい影響をもたらす

shutterstock_679609735

ポジティブな影響とは、あなたの発する言葉や行動で、相手に前向きな反応、変化、感情をもたらすことを指します。あなたの言葉や行動によって、他の誰かの人生がよい方向へ変わるのです。あなたの言葉に相手がほほ笑んだり、笑ったりするだけでもかまいません。(中略)人との日常的なやりとりがポジティブな影響をもたらすこともあります。

(『まわりにいい影響をあたえる人がうまく行く ポジティブインパクト』28~29ページより引用)

特別なことをしなくても、他者への接し方や声のかけ方、相手を尊重する姿勢などでも変化は起こせるのですね。年齢や職業を問わずどんな立場の人でも、ポジティブな影響を与えるよう努めればまわりが好意的になる(25ページ)としているのが本書です。

「ポジティブ」は伝染する

20180816_positive_3

トビン氏は、まわりにいい変化を与えようとしていれば同じような行動をとる仲間がふえる、つまり「ポジティブな影響力が伝染する」(253ページ)と説いています。

そういう影響力をもつ人を、現代なら「インフルエンサー」という言葉で表現するとわかりやすいような気がしますが、それだと著名人など手の届かない存在のようなイメージも。この本が教えてくれるのは、知り合いのなかで「プチインフルエンサー」になれる影響力の育て方と言えそう。

「影響を与えたい人」を選んで

20180816_positive_4

すべての人にポジティブな影響を与えられるわけではありません。影響を与えたい人を選んでください。身近な人たちや友人、同僚、あなたが関わりたい人、あなたと関わりたいと願っている人から始めましょう。

(『まわりにいい影響をあたえる人がうまく行く ポジティブインパクト』38ページより引用)

そう意識してみると、身近な人たちはすでに自分に多くの影響を無償でもたらしていると気づかされます。笑顔、愛情、励ましの言葉など、これまでにすばらしい影響をくれた人に感謝できてこそ、ポジティブの循環をつくりだせるのだと著者は言います。

一方で、親しい相手ほど不満や愚痴をこぼしやすく、ネガティブな影響力にも悩まされるもの。ときとして、こちらが疲れてしまう前に愚痴につきあわないと決める必要も。

美しさも影響力

20180816_positive_5

自分の内面や外面の美しさを大切にしてください。(中略)誰もが映画スターやモデルのような容姿を持っているわけではありません。しかし、自分のなかで一番魅力的な自分になることはできます。優しさや、人への思いやり、自信が、自分の内面の美しさを映し出します。

(『まわりにいい影響をあたえる人がうまく行く ポジティブインパクト』224ページより引用)

日ごろの言葉や態度などにくわえて、女性がまわりに好ましい影響をあたえるのは、美への関心かもしれません。

「与える」ことを選ぶ

日常生活はちょっとした選択の積み重ねによってできているものですが、「自分のしたいようにする」という自己中心的な答えは意外としあわせを運んでこないと感じていました。迷ったらまわりに「与える」ことを選べば、エネルギーがわいてくるような気がしてきました。

ポジティブに生きるには?

どす黒い感情に気づいたら…。ネガティブループから抜け出す方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。現状維持を抜け出して、毎日を最高...

https://www.mylohas.net/2018/07/170832.html?test201808

運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

幸運は自分で作っていけるとしたら?ポイントはポジティブな感情をキープすること。7つの感情習慣をチェックして幸運体質へ近づきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/07/171640emotional_habits.html?test201808

まわりにいい影響をあたえる人がうまく行く ポジティブインパクト

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由