1. Home
  2. STYLE
  3. 免疫力が下がる夏。野菜も部屋も洗濯物も「菌ケア」を

免疫力が下がる夏。野菜も部屋も洗濯物も「菌ケア」を

1,811

奥田景子

じつは1年でもっとも免疫力が低下するのは夏だとか。とくに電車や室内外の温度差が原因で自立神経が乱れ、免疫力が落ちるので注意が必要です。

また、高温多湿の日本で細菌やカビが繁殖しやすいのは梅雨から夏にかけての季節。ウイルスとは逆に、細菌が原因の食中毒は、6月から8月に多く発生する政府広報オンライン)というデータもありました。

d

パウダー 100g 1,188円/スプレー 250ml 1,296円(すべて税込)

そこで、安心して使えるナチュラル成分で、夏の食中毒やカビの繁殖を防ぐ、除菌や抗菌効果が高いプロダクトを探してみました。

ホタテの貝殻を有効利用した除菌消臭剤

SHELLISTA(シェリスタ)は、オホーツク海産のホタテの貝殻を高温処理しパウダー状にした除菌消臭剤。原料のホタテは、海のエコマーク「MSC認証」を取得しています。ラインナップは、パウダーと純水を加えたスプレーの2タイプ。

高温処理された「貝殻焼成カルシウム」の強アルカリ性には、タンパク質を分解する性質があるので、細菌やウイルスの細胞壁を破壊し除去できるそう。成分は、肌への刺激が蒸留水より少ないことが証明されています。さらに、食品添加物としても認定されているので口に入っても大丈夫

野菜のつけおきや洗濯にも

b

パウダータイプは1リットルの水に約1グラム溶かして、キッチン用品や野菜、果物などを5~10分間つけおきして除菌します。サラダやスムージーなど、ローフードにも安心です。雑菌がいなくなることで、日持ちもするそう。

a

洗濯物の洗剤と一緒に使えば、生乾きの臭いもしなくなり、洗濯槽までキレイに。

スプレータイプは布ものに

f

スプレータイプは、カビは空気中に浮遊しているので、まだカビが発生していない場所に定期的にスプレーすることで防カビ効果が期待できます。温度や湿度が高いバスルームやバスマットなど、気になるところにスプレーしておくとよさそう。 筆者は手軽なスプレータイプを車のシートに使ってみています。

環境に配慮された100%ナチュラル製品

e

SHELLISTAはその他にも、イスラム教の戒律にのっとって製造された商品であることを証する「ハラール認証」、日本オーガニックコスメ協会の雑貨としての「JOCA推奨品マーク」を取得しています。また、日本のBIO HOTEL®でも使われるなど、環境に配慮された100%ナチュラルの持続可能なプロダクトです。

生産工場では、オホーツクにある養護施設の就労支援が実施され、地域に密着した社会貢献活動も行われています。

本来廃棄されてしまう、ホタテの貝殻を有効利用したSHELLISTA。一年中使えるアイテムをおともに、食事やライフスタイルをみなおしてみませんか。

免疫力アップを目指して

免疫力アップで、「自分に負けない体」を作る方法6

体をさまざまなものから守ってくれる力「免疫力」。免疫力が低下すると、病気にかかりやすくなったり不調が出たり。いずれ大きな病気につながることも考えられ...

https://www.mylohas.net/2018/07/160891immunity.html?test201808

カゼをひいたら思い出して。カゼを撃退してくれる簡単な方法26

カゼには特効薬がありません。カゼをやわらげるためにできることはたくさんあるそう。早く治したいなら試したい26のことを試してみましょう。

https://www.mylohas.net/2018/08/173255cold.html?test201808

SHELLISTA

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5