1. Home
  2. MIND
  3. じつは好感度をあげる、お願いの仕方

じつは好感度をあげる、お願いの仕方

6,760

shutterstock_1072169753

image via shutterstock

やらなければいけないことが山積み。誰か助けて! そう思ってもいざ助けを求めようとするとそのことで悩み、結局ひとりでがんばる......。そんなつらい思いを繰り返さないために役立ちそうなのが、効果的なお願いの仕方。

社会心理学者Heidi Grant氏のが提唱する効果的な助けの求め方を元に、お願い上手になってしまいましょう。

まずは「ひとりに」相談を

複数人に相談すると「責任の分散」が起こり、誰かがやるだろうと思って誰も手を挙げてくれません。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

多くの人に助けを求める時、気をつけなければならないのが「責任の分散」。頼まれた側も複数いる中でお願いされても他の人に期待したり、私じゃなくても......と考えてしまいます。自分で頼れると思った人に直接助けを求めましょう。

頼みごとは具体的に

頼みごとの内容はできるだけ具体的にしましょう。曖昧では伝わりません。(中略)もっと具体的かつシンプルに「○○をしてもらえませんか?」という言い方を心がけてください。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

人が助けてあげたくても手を出してよいものかと一歩踏み出せない理由。その一つは自分がやることが相手に負担になってしまわないか、お節介に思われないかと思うこと。相手が求めることが明確に分かるほど他者の悩みに救いの手を出しやすくなるのだそう。相手が受け取りやすいように、自分がして欲しいことをまとめてお願いしてみましょう。

時間枠を提示して逃げ場も作ってあげる

「いつでもいいので」「時間があったら」のような言い方は、すでにヘルプに応じようとしてくれている相手に対して負担を与えてしまいます。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

何を助けて欲しいかまとめたら、次は時間を決めるとさらによいかも。つい時間があったら、と言ってしまいがちですが「いつ」ということを明確にすると相手は助けが欲しいのはいつなんだろう? という自分で考えるストレス感じることなく要求が伝わりやすくなります。時間が明確なので、その時できないと思ったらは断れるのも相手も変にプレッシャーを与えずにすみそうです。

謝りながら頼まない

頼んでしまって申し訳ない......と反射的に謝りの言葉が出るのは、逆効果かも。

でも、絶対に謝らないで。Grant氏によると、自分を卑下すると、相手が感じる人助けの喜びを奪ってしまうそうです。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

助けてもらう相手を思うとなかなか難しいですが、助けることで人は喜びを感じる......そう知るとあれ? じつは謝らなくてもいいのかも、と少し発想の転換ができそう。頼むことは相手にとって負担にしかならないという考え方は取り去ると、今までよりちょっと気楽にお願いができそうです。

過去に断られた人にも声をかける

一度断られるとまた断られるかも、と次に声話かけようと思わなくなってしまうもの。でも相手の気持ちは全く違うものかもしれません。

事実、過去にあなたの助けを断った人ほど力を貸したいと思っていることが研究によって明らかになっています。

(「ライフハッカー[日本版]」より引用)

とても意外なようですが、これは過去に拒んだことの埋め合わせをして、「関係を修復したい」と思っているからなのだそう。断られたのはただ単にタイミングが合わなかったり、頼み方がうまく伝わらなかっただけかもしれません。頼みごとをするときは過去に断られた人も視野に入れてみましょう。

手助けを求めるのは悪いことではなくむしろいいことかも? そう思えると悩みから一歩抜け出すことができそうです。

コミュニケーション力を鍛えてみよう

スピーチライターが教える、コミュニケーション力を上げる意外な秘訣

コミュニケーション能力はどんな時も大事。蔭山洋介さん著『なぜ、あなたの話は響かないのか』スピーチライターの筆者が教えるのは意外なコミュニケーション力...

https://www.mylohas.net/2018/07/170810communication.html?test201808

人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

プロが伝授する「言葉の力」を身につける方法をご紹介。ノートを活用して、日常のコミニュケーションや人間関係をスムーズにする言葉のトレーニングをしましょ...

https://www.mylohas.net/2018/07/171634speak.html?test201808

ライフハッカー[日本版]

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン