1. Home
  2. BODY
  3. 冷えの原因かも。「ゴースト血管」セルフチェックリスト

冷えの原因かも。「ゴースト血管」セルフチェックリスト

27,962

横田ゆき

多くの女性たちを悩ませている「冷え」。じつは、冷えは血管が衰えているサインでもあります。温めるだけでなく、健康な血管をつくることが、冷え対策として有効なのだそう。

20180813_blood_vessel

Photo by Getty Images

今回は、金沢医科大学 総合内科学 准教授・赤澤純代先生による「血管と冷えの関係」を、「太陽笑顔fufufu」より抜粋してご紹介します。

見落としがちな冷えの原因。それは血管の「ゴースト化」

「血管の衰えが進行すると、やがて血管が消えてしまう、血管の“ゴースト化”も現れます。血管をケアすることが冷えの改善にもなり、そのほかの不調の改善にもなります。美と健康には、健康な血管を作ることが基本のキなのです」

(「太陽笑顔fufufu」より)

データによると、ゴースト血管は、45歳くらいから増え始めるそうです。そして、60代には、30代よりも血管が40%減少してしまうんだとか。

血管が劣化したり、消えてしまったりすると、冷え以外にも、さまざまな不調のサインが身体にあらわれます。

「45歳くらいからは、ゴースト血管が増え、60代になると30代のときから40%減少するというデータもあります。(中略)最近は若い女性にもゴースト血管が見受けられます。血管の衰えは、加齢だけでなく偏った食事や運動不足など、生活習慣の乱れも関係しているのです」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

さっそく、大切な血管がゴースト化していないか、チェックしてみましょう。

ゴースト血管セルフチェック法

「乾燥やごわつき、くすみなど肌トラブルはありませんか? これも血管に問題があると言えます。(中略)髪も同じです。頭皮の毛細血管が衰えることによって、毛母細胞に栄養が届かず、髪がパサついたり、抜け毛や白髪が増えたりします」

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

そのほか、毛細血管の衰えのサインは、次のようなものがあります。

  • …パサついている、白髪やフケが多い、髪が薄い
  • …舌の裏が暗褐色~紫色になっている
  • …充血がある、目の下に紫色のクマがある
  • 耳たぶ …シワがある。動脈硬化のサインとも言われる
  • …すぐに欠ける、薄い、表面に凸凹がある
  • 姿勢…猫背になる。冷えにより自ずと縮こまる

(「太陽笑顔fufufu」より引用))

では、いったんゴースト化してしまった血管は、もとにはもどらないのでしょうか? ご安心を。人間の身体には、新しい血管をつくる力が備わっています。毛細血管をケアする食事や運動を取り入れることで、ゴースト血管対策が可能なんだとか。

具体的なケア方法は、次回ご紹介したいと思います。

血液をもっと健康に

心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

40代にはいると、たくさんの心臓病のリスク要因が出始めます。心臓を健康に保っておくために変えておきたい6つの対処法をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/05/168087heart.html?test201808

貧血かもしれないチェックポイントと、7つの対策法

女性の悩みに多い貧血。貧血に気づいていない人もいると聞きます。あなたが貧血かもしれないチェックポイントと、その対策法をまとめてご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/07/172152anemia.html?test201808

太陽笑顔fufufu

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ