1. Home
  2. BODY
  3. え、この青アザいつできた? 簡単に青アザができてしまう理由7つ

え、この青アザいつできた? 簡単に青アザができてしまう理由7つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,192

誰でも一度はありますよね、テーブルにぶつかったり、道でつまづいたりして青アザができること。でも、青アザって、実際には何なんでしょう? 「青あざは、皮膚表面の下の血管に小さな傷ができたことを示しています。血管が傷ついて、少量の血液が漏れ出し、あのお馴染みの青や黒や紫色のアザに変色したのです」と、アメリカの大規模総合病院、クリーブランド・クリニックの家庭医学医、コリー・フィッシャーさん。

なぜできたかわからない青アザ、どうすればいい?

shutterstock_757453981

image via Shutterstock

でも、脚や腕など、ほんのちょっとぶつけただけでも簡単に青アザができてしまったり、理由も気づかぬうちに青アザになっているとしたら?

青アザができやすくなる7つの理由、そして、なるべく早く青アザを治す方法をご紹介します。

  • 1. ある種のサプリメントを取っている

    Bruising1

    ナツシロギク(フィバーフュー)、ニンニク、ショウガ、イチョウ、チョウセンニンジン、オメガ3系脂肪酸(魚油)、ノコギリヤシ、ビタミンEなど、一部の食事サプリメントは、青アザができやすくなる原因になることがあります。何かサプリメントを取る場合は、医師に話しておく方がよさそう。処方薬と相互作用する危険があるだけでなく、アメリカ食品医薬品局(FDA)が規制していないものですから、中身が表示通りとは限らないかも。



  • 2. 女性である

    Bruising2

    不公平ですよね……。でも、そうなんです、女性は男性より簡単に青あざができる傾向があります。男性の方が皮膚が厚く、コラーゲンも多いので、皮膚の血管が傷つかないようにより安全に守られているせい。
    女性ホルモンのエストロゲンも、理由のわからない青アザに一役買っています。研究によると、エストロゲンは血管壁が作られるのを邪魔するのだとか。同時に、血管を広げる作用もあります。ですから、けがをすると、血が凝固する前にたくさん漏れ出てしまう結果に。


  • 3. 年をとりつつある

    Bruising3

    フィッシャーさんによると、「年をとるにつれて、皮膚が薄くなり、血管がもろくなって」、なぜだかわからない青アザができやすくなるそう。「皮膚が薄くなるとともに、以前は血管を守っていた脂肪とコラーゲンも少なくなります。さらに血管も弾力を失って、いっそう傷つきやすくなるということです」


  • 4. 抗凝血薬を服用している

    *Bruising4

    不整脈や血栓の治療のために抗凝血薬を服用しているなら、なぜだかわからない青アザも単純に説明がつきます、とフィッシャーさん。でも、イブプロフェンやアスピリンのように、抗凝血作用のあるほかの薬を気づかずに服用している場合もあります。

  • 5. 血液の病気がある

    *Bruising5

    フィッシャーさんによると、「血友病」と「フォン・ヴィレブランド病」はどちらも簡単に青アザができる血液の病気。血友病は、血液が固まりにくくなって、軽いけがでもひどく出血する危険のあるまれな症状です。フォン・ヴィレブランド病も出血性の病気ですが、いくらか一般的で、もう少し軽いタイプ。歯の治療中の出血や、長く続く鼻血、尿や便に血が混じる、生理が重いといった症状が多く見られます。

  • 6. 抗うつ薬を服用している

    *Bruising6

    フルオキセチン、セルトラリン、シタロプラム、ブプロピオンなどの「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」は、最もよく研究されている部類に入る抗うつ薬です。血液凝固で重要な役割を果たす血小板の機能を低下させます」(フィッシャーさん)

  • 7. ビタミン不足である

    *Bruising7

    ビタミンCとビタミンKが不足すると、なぜだかわからない青アザができやすくなります。でも、先進国に住んでいて、健康的な食べ物がいつも手に入る環境であれば、この原因は当てはまりそうにありません。これほどのビタミン不足が起こるのは普通、ひどい栄養失調の場合だけです、とフィッシャーさん。

青アザを早く治すには

まず、悪いお知らせ。青アザが治るには長くて2週間かかることもあり、早く消すためにできることはあまりありません。「漏れ出てしまった血液を身体が吸収するには、いくつかの段階を通る必要があります。普通、ほんの数日で青・黒・紫の変色と腫れは改善に向かい、緑か黄色へ変化。その後、完全に治る前に、薄茶色に見えることがあるかもしれません」(フィッシャーさん)。

でも、治るのを早められそうなワザも少しはあります。そのひとつは、膝や肘をぶつけてしまったら、すぐに保冷剤をぶつけたところに当てて、1日に数回、10分間当てるという方法。こうすると血管が収縮して、そもそも紫色の変色が広がりにくくなります。

キレイな肌でいたいから

目の下「クマ」マネジメント術を米専門医が答えます![The New York Times]

疲れた印象を与えてしまう目の下のクマ。クマができた原因から適切な対処方法について、米国の専門医たちのアドバイスをご紹介します。

https://mylohas.net/2018/04/165208nyt_eye.html?test201808

日焼けを落ち着かせてくれる自然な方法6

夏は日焼けの季節。ヒリヒリ不快なものですが日焼け止めを楽にする方法をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/07/171215sunburn.html?test201808

Emily Shiffer/7 Reasons You're Bruising So Easily
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 【今週のお悩み】苦手な上司とうまくやっていくためにはどうしたらいい?

    6. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    7. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    8. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 余裕をもってせわしない年末を乗り切る。ちょっとした10のコツ

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    6. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    え、この青アザいつできた? 簡単に青アザができてしまう理由7つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More