1. Home
  2. STYLE
  3. 怠けそうになる自分に喝! 29歳の美しさを保つジェニファー・ロペスの秘訣とは?

怠けそうになる自分に喝! 29歳の美しさを保つジェニファー・ロペスの秘訣とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,714

201808070527

ジェニファー・ロペスは、トレーニングや健康的な食事を取ることに関して、非常にストイック。

普通なら、誕生日くらいジムは休んで、好きなものやスイーツを食べてもいいかな、と思ってしまいます。しかし、ジェニファーにとってひとつ歳をとるこの日は、ワークアウトをしっかり行いつつ、ケーキも楽しむ日。

ケーキは普段はほとんど食べません。雑誌『People』 のインタビューに答えた彼女のトレーナーによると、49歳のジェニファーは、加工食品を一切食べず、主に栄養豊富なオーガニックフードを食べている、とのこと。ジェニファーは非常に熱心で、誕生日でもジムへ行ってトレーニングをしているそう。

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

「#SundayFunday(楽しい日曜日)うん、引き締めてこう。今からお楽しみのはじまりよ! #birthdayweekbegins(誕生日ウィーク開始)」と、ワークアウト中に、ほっそり引き締まったボディをセルフィーする彼女。もうすぐ50歳とは思えません。実際の年齢の半分ほどに見えるジェニファー・ロペスですが、今までで一番肌に自信が持てている、と雑誌『Us Weekly』のインタビューに答えています。

「20代の頃の自分の写真を見て、『今の方がいいじゃない!』って言っちゃう」と彼女は話します。「今の自分を受け入れているの。セクシーで若々しい体形を保てていると感じるし、ときどき自分でもかわいい!と思うわ

健康を第一に考え、美しく歳を重ねるジェニファー・ロペス。そのスタイルと若さを維持している秘訣を5つをご紹介します。さらに、彼女のように最高の自分を引き出す方法もお教えします。

ワークアウトは欠かさない

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

ジムを休む理由を見つけるのは簡単ですが、ジェニファーは自分の筋力と敏捷性を維持できるかどうかは、自分次第だと知っています。「ワークアウトを休むことはほとんどありません」と、雑誌『Us Weekly』に答えるジェニファー。「ときどき、前日夜遅くまで仕事をしたときは、『うっ……こんなのできない』と思うこともあります。でも自分に『ただやるだけよ。1時間だけじゃない』と言い聞かせるんです。怠けそうになる自分に喝を入れるんです」

おすすめの方法:忙しいスケジュールのなか、毎日トレーニングの時間を作るのは難しいもの。特に一般の女性は、おしゃれなジムの会員になったり、トレーナーをつけるのは無理という人も多いでしょう。自分に合った現実的な目標を立てる、というのがポイントです。例えば、朝型ではないのに、早朝5時からワークアウトできると思い込まないこと。小さなことからで構いません。しばらく続けていれば、気づかないうちに結果が出ます。

モチベーションが続かない場合には、自分を鼓舞する別の理由を見つけて。友人と新しいワークアウトクラスに挑戦する計画を立てたり、月に何回ワークアウトするかを決めて、達成できたら新しいトレーニングギアやマニキュアを自分へのご褒美にしてもいいかもしれません。

たんぱく質と野菜でパワーチャージ

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

ジェニファーはスリムな体形ですが、食べないわけではありません。むしろ、お腹を満たすエネルギー豊富な食事を取るようにしています。彼女は、効果的に代謝を上げる代謝革命食事プランを考案した、栄養士のヘイリー・ポムロイさんの指導のもと食事を取っています。この食事法では、脂肪分の少ないたんぱく質や非でんぷん質の野菜と一緒に、良質な脂肪や複合糖質を摂ります(玄米やさつまいもなど)。また、加工食品や精製食品は食べず、アルコールやカフェインも摂りません。代わりに、水をたっぷり飲みます。ご存知かもしれませんが、水は健康的な若々しい肌に欠かせません。

おすすめの方法:チーズたっぷりのピザや甘いスイーツの誘惑に勝つのは難しいですが、きれいになれるということ以外に、やる気が出る理由を見つけるといいでしょう。例えば、ジェニファーは子どもたちに負けないように、そして彼らのいいお手本となるため健康的な身体を目指しています。「野菜・フルーツ・穀物をしっかり摂る、という正しい食事を教えたいんです。子どもたちもそれが生き方のひとつなんだ、とわかりはじめています」と、雑誌『Us Weekly』に話すジェニファー。子どもたちには、「理想的な体重を維持して、あなたたちと走り回れるように、身体を鍛えているのよ」と伝えているそうです。

休む時間を作る

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

ジェニファー・ロペスは、ジムでハードに鍛えることと同じくらい、休んで回復する時間も大切にしています。ジェニファーは、雑誌『InStyle』で、彼女の美の一番の秘訣は?という質問に対して、「必ず十分な睡眠を取ることよ。いくら強調しても足りないくらいね」と、話しています。「9~10時間の睡眠を取るのが理想だけど、どんなときも必ず8時間は寝るようにしているわ。美しさは内からみなぎるものだと思うから、心や魂、身体、そして精神が寄り添っていないといけないの瞑想も信じているわ。愛を感じながら幸せに楽しく過ごせていれば、美しさも増すはずよ」

雑誌『Hello!』によれば、ワークアウトの後は、フルーツや野菜をつまみながら、子どもたちとリラックスした時間を楽しむのも、ジェニファーの回復方法のひとつだそう。

おすすめの方法:十分な睡眠を取り、1日のなかでリラックスした時間を作ることは、軽視されがちですが、これこそ真のアンチエイジングにつながります。ある研究 によれば、睡眠の質が悪いと老化を早める傾向があるとのこと。また、強いストレスはテロメア(生物学的年齢を示すと言われる)の短縮を早めることにつながると言われています。どうしても睡眠が十分に取れないという方は、マグネシウム豊富なピーナッツを食べるなど睡眠の質を上げる工夫をするといいでしょう。寝る前に携帯電話を見たいという方は、ブルーライトカットメガネを使えば睡眠サイクルを崩さなくてすみます

肌をしっかりケア

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

きめ細やかなすべすべ肌を保つために、高くて手のかかるスキンケアをする必要はありません。ジェニファーも基本的なケアしかしていませんが、驚くほどきれいです。 「ワークアウトの後は、必ず顔を洗います。毛穴がきれいになって、肌が健康になった気がするの」と、雑誌『Hello!』に話すジェニファー。

「その後外出する場合は、保湿と日焼け止めを塗った後に軽くメイクして、夕方以降だったら保湿とアイクリームを塗って終わりね」

おすすめの方法:毎日肌を保湿して、日焼け止めを持ち歩きましょう。日焼け止めは、UVダメージによる早期老化を防ぎ、シミを減らす効果があります。アイクリームを塗るのも非常に効果的。目の周りの皮膚は非常に薄くて、ほかの場所よりシワができやすいので、しっかり保湿して代謝機能をアップさせる必要があります

ワークアウトは新鮮な気持ちで

David Kirschさん(@davidkirsch)がシェアした投稿 -

フィットネスメニューが毎回同じだと、ジムへ行くのが億劫になってきます。また、同じメニューばかりを続けていると、身体が慣れて効果が薄れてしまいます。トレーニングを長く続けて効果を得るためには、鍛えるのが楽しみになる理由を見つけること。

ジェニファーは、トレーニングメニューを随時変え、ニューヨークにいるときとロサンゼルスにいるときで、ワークアウトトレーナーを変えています。「バランスが気に入っているの。ふたりのトレーニング方法はまったく違うんだけど、身体をうまく切り替えるのが楽しいわ」と、雑誌『Hollywood Life』に語っています。

トレーナーとプランクや腕立て伏せをしているときも、新しい曲に合わせて踊っているときも、ジェニファーはいつも積極的に楽しんでいます。雑誌『Hello!』には、「私が幸せでいられるのは、ワークアウトがあるからだとはっきり言えます」とも話しています。「ダンスは常に私の人生の大きな部分を占めているわ。私にとっては、身体を動かして、自分の健康のためになる時間を作ることが、幸せをつかむ鍵ね」

おすすめの方法:場所を変えていろいろなトレーナーに指導してもらうのは、皆ができることではありませんが、ワークアウトを楽しむ方法はたくさんあります。

長距離を走るときや日々のトレーニングをするとき、記録をつけて自己最高記録に挑戦するだけで、やる気アップにつながります。ワークアウトをリビングルームやジムではなく、外で行えば気分ががらりと変わるでしょう。自然のなかで運動した人は、すぐにまたワークアウトする傾向がある、ということもわかっています

ジェニファー・ロペスから学べること。それは、自分の健康と幸せを第一に考えることが、最高の人生につながる、ということではないでしょうか。

若々しさをキープするためには?

メーガン妃、美しさの秘訣は「口の中から顔をマッサージされるエクササイズ」

だれでも最初に見られるのは顔。だから、できるだけスベスベの若々しい肌でいたいと少しばかりこだわるのも当然です。それは、結婚してサセックス公爵夫人にな...

https://mylohas.net/2018/07/170302meghan-markle.html?test201808

51歳のハル・ベリーが明かす、25歳の体型を保つ方法

毎週金曜日に自身のアンチエイジング・ワークアウトをインスタグラムで公開中のハル・ベリー。ハルのインスタグラムでみんなが大好きなところはワークアウト写...

https://mylohas.net/2018/07/171826halle-maria-berry.html?test201808

Jenae Sitzes/Exactly How Jennifer Lopez Makes 49 Look Like 29
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    怠けそうになる自分に喝! 29歳の美しさを保つジェニファー・ロペスの秘訣とは?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More