1. Home
  2. EAT
  3. コラーゲンを毎日摂り続けると……? ライターが試した結果、4つの効果が

コラーゲンを毎日摂り続けると……? ライターが試した結果、4つの効果が

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

42,263

MYLOHAS編集部

サプリメントとして注目を集めているコラーゲンパウダー。本当に効果があるのかを探っていきます。

Collagen

おかしな話ですが、牛や魚の結合組織から抽出した粉末を、朝のコーヒーやスムージー、オートミール、ジュースに入れるのが、クリーンイーティングに取り組む人々の間で今とても注目されています。「一体なんのこと?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これは流行りのコラーゲンパウダーなのです。たんぱく質が豊富に含まれるほか、関節の痛みを和らげたり、胃腸の調子を整えたり、シワを防ぐ効果もあるのだとか

この味のしないパウダーが本当にいいの? 早期老化が気になる(先週よりシワが増えているかも)、お腹もよく壊す、老人のように膝が鳴ったり痛くなったり……。そんな切実な悩みを抱える私には、本当にその効果を信じていいのかが気になるところ。こういう場合は、まずしっかり調べること。それから、実際に試してみるに限ります。

Nourished Lifeさん(@nourishedlife)がシェアした投稿 -

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲンは、アミノ酸から生成される構造たんぱく質で、細胞や組織をのりのようにくっつけます。年齢とともに、生成されるコラーゲン量は減っていきます

なお、パウダーで買えるコラーゲンは、動物性です。牛の骨や皮、魚のうろこから抽出しているので、ヴィーガンの方は要注意。

コラーゲンサプリメントの科学的な根拠は?

科学的にも証明されています。最近の研究で、毎日コラーゲンサプリメントを摂取した女性は、8週間後、目の周りの深いシワが20%改善したとのこと。また、別の研究によれば、日常的にサプリメントを摂取したことで、骨関節炎による膝の痛みが和らいだそう。これは、コラーゲンに骨や関節組織を生成するアミノ酸が豊富に含まれているためです。

コラーゲンの胃腸の健康への効果についてはまだ研究がありませんが、何かしらの影響があるのではないか、とWebサイトAncestralize Meを運営するホリスティック栄養士のローラ・ショーンフェルド氏は言います。彼女によると、コラーゲンに含まれるアミノ酸は、腸透過性の症状(リーキーガットなど)も防ぐ可能性があるとのこと。腸透過性は、多発性硬化症やセリアック病などのさまざまな自己免疫疾患を引き起こします。

コラーゲンパウダーを摂るとどうなる?

身体にいいことはわかったので、今度は私自身が試してみることに。1ヶ月間、朝のコーヒーやスムージーに、コラーゲンパウダー大さじ2杯を入れた結果、わかったことをご紹介します。

1. ランチまで満腹感が持続

当たり前ですが、食べ物や飲み物にコラーゲンを2杯加えれば、たんぱく質20g分なので満腹感が長持ちします。コラーゲンのいいところは、ほかのプロテインパウダーに比べて、いろいろな摂り方ができること。味がなくて液体に溶けるため、コーヒーに入れても風味を損なうことがありません。変にドロドロすることもありません。また、ショーンフェルド氏によれば、熱を加えても、コラーゲンの効果は変わらないのだそう。

2. 膝関節が柔らかくなった

この1年半、理由はわからないのですが、右膝の関節が鳴ったり痛んだりという症状が、だんだんひどくなっていました。階段を登るたびに、膝から大きな音がしていたんです。コラーゲンパウダーを摂取しはじめて3週目に、膝の音がだいぶ小さくなって、痛みも和らいだことに気づきました。それだけでも、コラーゲンを一生飲み続ける価値があるかも。

3. トイレへ駆け込むことがなくなった

個人的なことですが、普通の人よりトイレへ駆け込む回数が多いと思います(慢性的なライム病を患っていて、2年間抗生物質を飲み続ければ、そうなります)。そのため、この問題を解決するには、抗生物質の副作用による胃腸の不調を緩和できるかが鍵となります。今回の試みが終わる頃には、胃のけいれんが減って、ダッシュせずに早歩き程度でトイレに間に合うようになりました。コラーゲンが胃に効いたのか、単なるうれしい偶然だったかははっきりしませんが。

4. 肌が柔らかくなったけど、小ジワは消えなかった

私の場合、冬になるといつも、保湿していても、肌が全体的に乾燥してカサカサします。でも、それがほとんど消えて、肌がしなやかでもちもちになりました。ただ残念ながら、目の周りに増え続ける不快なシワには効果が見られませんでした。

結論

今回の調査では、奇跡的な効果は出なかったものの、安全で現実的な、うれしい発見がありました

コラーゲンのサプリメントを試したいという方に、ショーンフェルド氏がおすすめするのは、毎日大さじ1~2のパウダーを摂ること。長く続けられそうなものを選ぶのがいいでしょう。

コラーゲンについてもっと知りたい

コラーゲンを生成し、美肌をキープ。黒いクコの実のパワー

いま注目されている黒いクコの実「ブラックゴジベリー」。シミやシワが少ない透明感のある白い肌をキープするという驚きの成分をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/06/167955blackgojiberry.html?test201808

骨の老化がたるみをまねく。コラーゲンは塗るだけじゃなく摂るべき理由

美肌成分として知られるコラーゲンですが、実は骨や血管、軟骨など体中に必要不可欠な成分。効率よく摂るための食事や生活習慣とは?

https://mylohas.net/2018/03/collagen.html?test201808

Stephanie Eckelkamp/4 Things That Happen When You Eat Collagen Every Day
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?