1. Home
  2. BODY
  3. とある「脂肪」を鍛えて脂肪を燃やす! 食事と運動法

とある「脂肪」を鍛えて脂肪を燃やす! 食事と運動法

26,584

前回、脂肪を燃焼させる脂肪についてご紹介しました。今回は、脂肪を燃焼させる脂肪を活性化させ、太りにくい体をつくる方法を「太陽笑顔fufufu」よりお伝えします。

20180808_adipocytes

image via shutterstock

「脂肪を燃焼させる脂肪」をパワーアップさせる食材

脂肪を燃焼させる脂肪こと「褐色脂肪細胞」の働きは、熱を生み出すこと。特定の食品をとることで、交感神経を介して褐色脂肪細胞の活性化が期待できるのだとか。

1. 辛いもの
唐辛子のカプサイシン、生姜のパラドール、辛子やわさびのアリルイソチオシアネートなどの辛味成分は、褐色脂肪細胞をパワーアップさせることがわかっています。

2. 油
魚油(DHA、EPA)も、辛味成分同様に温度受容体を刺激。褐色脂肪細胞のパワーアップに役立ちます。(中略)また、オリーブに含まれる苦味成分、オレウロペインも温度受容体を刺激しますから、オリーブオイルも褐色脂肪細胞の活性化につながりそう。

3. コーヒー・緑茶
コーヒーなどに含まれるカフェインや、緑茶に含まれるポリフェノールの一種、茶カテキンも温度受容体を刺激します。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

辛いものを食べると、体が熱く感じられますよね。これは、辛味成分と温度を、同じタンパク質で認識しているから。唐辛子、生姜、わさびなど、辛いものを食べることで褐色脂肪細胞が活性化され、内臓脂肪を減少させる効果もあると考えられています。

魚油(DHA、EPA)や、オリーブに含まれる苦味成分、オレウロペインも温度受容体を刺激しますから、褐色脂肪細胞をパワーアップ! ちなみにオレウロペインは、特にエキストラバージンに多く含まれているそうです。

また、栄養価では測れない香りや味も、褐色脂肪細胞・白色脂肪細胞によい変化を与えるんだとか。「おいしい」と感じる食事の方が、食後のエネルギー代謝がアップする、という研究報告もあるそう。食品の成分だけでなく、おいしく食事いただくことも、ダイエットを成功させるカギになるようです。

運動でも活性化

褐色脂肪細胞のエネルギー消費は、寒冷刺激によって増加しますが、運動することで同じ効果を得られないかと研究が進められています。

1. 持続的な運動
褐色脂肪細胞をパワーアップさせるなら、遅筋を鍛えるのが有効。(中略)遅筋を鍛えるのはジョギングなどの持続的な運動がいいでしょう。寒冷刺激&持続的な運動を組み合わせられる水泳は、よりパワーアップにつながるかもしれません。

2. 肩胛骨を動かす
肩甲骨や背骨の周りなど、背面に存在している褐色脂肪細胞。存在している場所を動かして血流を促進すれば、褐色脂肪細胞をパワーアップできる可能性が。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

遅筋を鍛える運動が、褐色脂肪細胞のパワーアップに有効とされています。遅筋は、主に有酸素運動に使われる、長時間にわたって力を維持するための筋肉です。

肩甲骨や背骨の周りなど、褐色脂肪細胞は背中に多く残っています。そのため、肩胛骨を動かして血流を促進すれば、褐色脂肪細胞の活性化が期待できるかも? こちらは効果がはっきり認められた訳ではないそうですが、肩こり対策としても、やってみて損はありませんよね。

また、運動も、ただやるのではなく「楽しい」と感じることで、より交感神経が刺激されるそうです。ワクワク・ドキドキを取り入れた運動で、褐色脂肪細胞をパワーアップさせましょう。

もっと脂肪燃焼させたい?

脂肪を燃焼させる脂肪があった! 活性化させて太りにくい体質に

脂肪を燃焼させる脂肪ともいえる「褐色脂肪細胞」。年齢とともに減少し、中年太りの原因にも。今回は、褐色脂肪細胞の働きと、活性化するための方法をご紹介し...

https://www.mylohas.net/2018/08/172407adipocytes.html?test201808

頑固なおなかの脂肪を減らす方法9

おなかの脂肪は、ワンピース以外の服では隠せないイヤなものですし、実際、悪者です。おなかに「白色脂肪」が広がり、臓器深くに根付いてしまうと、事態は深刻...

https://www.mylohas.net/2018/07/171818fat-belly.html?test201808

太陽笑顔fufufu

横田ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    とある「脂肪」を鍛えて脂肪を燃やす! 食事と運動法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More