1. Home
  2. EAT
  3. 「眠る前に食べてはいけない」は誤解です! 「睡眠の質」向上のため食べたいもの

「眠る前に食べてはいけない」は誤解です! 「睡眠の質」向上のため食べたいもの

ポジティブ栄養学

47,403

吉川圭美

まだまだ寝苦しい夜は続きます。そんなとき、ふいに感じる空腹。暑さで食欲が落ちるこの時期、こんなシチュエーションもけっこう多いかもしれません。

こんなとき、「夜に食べるのは太るから」というイメージを持つ人はけっこう多いよう。お腹がすいたままガマンしてイライラしたり、あるいはフルーツをちょこっと口に入れたり……。でもそれは誤解。栄養のポイントさえ押さえて食べれば、逆に睡眠の質を上げる行動に変わりますよ。

実は眠りの質を左右している血糖値

shutterstock_366276713

image via Shutterstock

走ったり、笑ったり、考えたり。いろんな活動をするために、私たちの細胞はエネルギーを作っています。その材料のひとつが糖。そのため、血液中にはつねに糖が流れており、多すぎたり少なすぎたりしないよう、厳密にコントロールされています。血液のなかの糖の量を測ったのが、血糖値といわれるものです。

お腹がすいているときは、血糖値が下がっている状態。この状態になると、身体は糖を作りだし、血糖値を上げようとします。そのときに出てくるのが、アドレナリンというホルモン。耳にしたことがある人も多いかもしれません。興奮に関するホルモンで、体内の自律神経を交感神経にスイッチオンするはたらきがあります。するとどうなるか。寝汗や歯ぎしり、悪い夢を見やすくなり、眠りが浅くなってしまったり、疲れがとれにくくなることが考えられます。

お腹がすきすぎて「フルーツならいいか」と食べてしまうのも心配。果物には糖質が多いので、血糖値はグーンと急上昇。上がりすぎた血糖値を下げるのにホルモンが出され、さらに下がりすぎた血糖値を再び上げるのにホルモンが出され……。そのタイミングが、だいたい食べてから2〜3時間後くらい。このぐらいの時間に目覚めてしまっている人は、食べた物が関係しているかもしれません。

タンパク質の多い豆乳を眠りのお供に

こんなとき、どうしたらよいのでしょう。おすすめは糖質の少ないものを口にすること。豆乳ならサラッと飲めて手軽。血糖値の乱高下を引き起こす心配もないですし、タンパク質が多いので睡眠時の身体の修復にも役立ちます。腸にトラブルの多い人は、牛乳のカゼインが悪さをしないか心配ですが、豆乳ならそういったことはありません。ちなみに豆乳は無調整のものをチョイス。豆製品で腸トラブルを起こしやすい人はナッツを少量とっても

眠りの質が下がりやすいこの時期、翌日の身体のコンディションがより快適になるよう、小さな工夫を重ねていくのもおすすめです。

いろんな角度から、睡眠の質を高めたい

音・光・香りを使って「眠る力」を呼び起こす。心地よい眠りのための最新アイテム

音・光・香りの3要素により睡眠環境を最適化し、快眠へ導いてくれる「Sleepion(スリーピオン)」。五感のうちの三感(聴覚、視覚、嗅覚)の環境づく...

https://mylohas.net/2018/08/171961sleepion2.html?test201808

夏こそぐっすり眠りたい。すこやかな眠りのための栄養ケア術

昼間の暑さのせいか、家に帰るころにはどっと疲れが……。こんなときこそ、夜はしっかり眠って疲れをリセットしておきたいところです。そのカギは食事にありま...

https://mylohas.net/2018/07/170876sleep.html?test201808

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?