1. Home
  2. BODY
  3. 意外と見られています! 美しい爪のために食べておきたい5つの食材

意外と見られています! 美しい爪のために食べておきたい5つの食材

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,534

Nails0

強くて、光沢があり、なめらかで、マニキュアなしでも美しく、ひび割れずに缶を開けられるくらい丈夫な爪は、実はキッチンで作られるのです。 「体は爪をつくるのための細胞を常に再生しています。そのためには、何種類かの栄養素を十分に摂らなくていけません」とニューヨークの管理栄養士、メーガン・ウルフさんは言います。

今回紹介する食材を毎日に取り入れれば、丈夫な爪を手に入れられるはず。

枝豆(システィンと葉酸)

Nails1

お寿司を食べる前におつまみとして枝豆を食べるのは賢い選択。大豆はタンパク質の一種、ケラチンを作るのに必要なアミノ酸であるシステインを含んでいます。このケラチンは爪を作るための大切な要素の一つだと、ペンシルバニアの管理栄養士リビー・ミルズさんは説明します。それに加えて、枝豆は、新しい爪の細胞をつくるために必要な葉酸がたっぷり含まれているのです。

殻つきのゆでた枝豆、刻んだ玉ねぎ、角切りトマト、トウモロコシ、ライムジュースを混ぜて自家製のサルサを作りましょう。または、蒸した枝豆をチリパウダーで和えて、ピリ辛なおやつに。

卵(ビオチン)

Nails2

割るなら爪ではなく、卵を割りましょう。卵は、ビオチンを摂るのに一番よい食べ物です。ビオチンは爪細胞を作る薄い組織、爪母基のタンパク質生成を促すビタミンBの一種です。「ビオチンには爪を厚くする効果があることが分かっています。そして、爪がぼろぼろになるのを防いでくれます」とミルズさんは話します。このビオチンはできるなら食べ物から摂るのが一番だそう。サプリメントのように多量に含まれているものは、医療検査に影響を与える場合もあるからです。

スモークサーモンと刻んだブロッコリーを入れたスクランブルエッグがおすすめ。サーモンもブロッコリーもビオチン源です。

カシューナッツ(亜鉛)

Nails3

カシューナッツにたっぷり含まれている亜鉛は、細胞分裂とタンパク質の合成に必要で、どちらも爪が伸びるためにとても重要な栄養素です。そして、体は亜鉛を体内で長いあいだ保持することができないので、毎日摂取することが必要です。毎日の食事でしっかりと亜鉛を摂ることで、爪をきらきらと強くキープできます。「もしが爪が乾燥していたり、弱かったりするなら、それは亜鉛不足だからかもしれません」とウルフさんは話します。

冷蔵庫で一晩水につけておいたカシューナッツをバナナ、刻んだデーツ、アーモンドミルクと一緒にミキサーにかけてスムージーを作りましょう。

サツマイモ(ビタミンA)

Nails4

この甘い野菜のうれしいところは、なんとひとつ食べるだけでビタミンAの一日に必要量の約5.6倍摂れることです。ビタミンAは爪が正しく再生するのを促してくれます。「食事できちんとビタミンAが摂れないと、爪がぼそぼそしたり、ひび割れの原因となるような縦のミゾができてしまいます」とミルズさんは言います。

つぶしたゆでサツマイモをフムスに加えて、定番のディップにひねりを加えてみましょう。素朴な味わいには刻んだセージを、少し甘味がほしいならシナモンとメープルシロップを少々かけてみて。

黄色パプリカ(ビタミンC)

Nails5

ビタミンC観点からは、オレンジパプリカではなく、黄色パプリカに軍配が上がります。ビタミンCは爪のタンパク質であるコラーゲンの生成に必要です。「コラーゲンの生産力は年齢とともに減り、これがうすく、弱い爪につながってしまいます。だから爪を強く健康的にしたいなら、ビタミンCが豊富なものを食べるのはとても大切です」とウルフさんは説明します。大きな黄色パプリカ1つで、一日に必要なビタミンC量の約4倍を摂ることができます

うすく切った黄色パプリカをオリーブオイル、赤ワインビネガー、みじん切りにしたニンニク、切ったローズマリーを混ぜたもので2時間ほどマリネして(冷蔵庫で保存)、グリルしましょう。

爪って意外と見られてます

ベースコートは実はNG? 爪がもろくなる原因8つ

実際の年齢よりも老けて見える原因はたくさんあります。なかでも、加齢にあらがおうとしているときに見落とされがちな場所が、手です。爪のシステムは複雑なの...

https://mylohas.net/2018/07/172044nail.html?test201808

そのサプリ、意味ある? 肌・髪・爪のためのサプリメントの真実

最近よくある髪や爪のためのサプリ。専門家が直々に教える、ビオチンやケラチンなどポピュラーなものについての真実を伝えます

https://mylohas.net/2018/07/170430skin.html?test201808

Jessica Brown/5 Foods You Should Eat For Strong, Shiny Nails
訳/Noriko Yanagisawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン