1. Home
  2. EAT
  3. PMS、睡眠、脳の働きにも!? 知らなかった鶏肉の7つの話

PMS、睡眠、脳の働きにも!? 知らなかった鶏肉の7つの話

14,122

MYLOHAS編集部

20180804_chicken

image via shutterstock

低カロリーで高たんぱく。ダイエットや筋肉をつけたいときに欠かせない鶏肉。日本人はたんぱく不足とも言われている今、積極的に摂りたい食材です。知られざる鶏肉のパワー簡単レシピを集めました。

生理前のPMS対策は、鶏肉でビタミンBを摂取

bodystrategy_17

image via shutterstock

体、心、肌にも不調があらわれるPMS期は、ビタミンやミネラルをしっかり摂りましょう。特に摂りたいのはビタミンB。鶏むね肉、鶏もも肉に豊富に入っています。記事では他にビタミンB群が豊富な食材もピックアップ。生理前の不快な症状を撃退しましょう!
生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

ぐっすり眠るためにもたんぱく質を

shutterstock_710814895

image via shutterstock

良質な睡眠のカギも食事にあります。注目は睡眠ホルモンの「メラトニン」。メラトニンを生み出すために必要になるのが、たんぱく質とミネラル。人は眠っている間に成長ホルモンがはたらき、体の修復をおこなったり疲労回復へ導いたりします。食べやすい食材やメニューを要チェック。
夏こそぐっすり眠りたい。すこやかな眠りのための栄養ケア術

脳の働きやホルモンバランスをサポート

1805_chicken_top

image via shutterstock

鶏肉がダイエットの味方だということはよく知られていますが、さらにうれしい効果が。鶏むね肉に含まれるビタミン6は、脳の働きやホルモンバランスをサポートするそう。その気になる内容は?
ダイエットだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

鶏むね肉100gと同量の「イミダペプチド」を3粒で摂取

yama_01

マイロハス編集長も鶏肉の成分に注目しています。それは疲労回復をサポートすると言われるイミダペプチド。鶏むね肉100g分をサプリ3粒で摂れるのは、とても効率的! 疲れやすい季節は積極的に摂り入れたいですね。
打倒疲労! Viva 鶏肉 | 30日間の夏コレ #1

出産後1年で30kgの減量に成功したケイト・ハドソン

kate_03

Photo by Getty Images

ケイト・ハドソンもたんぱく源として、積極的に鶏むね肉を食べているよう。出産後1年で30kgの減量に成功した彼女が食べているもの、食べないものは?
ケイト・ハドソンのヘルシーボディの作り方:食事編

モデルKellyが教える鶏むね肉の簡単レシピ

170131_kelly_1

撮影/島村緑

モデルのKellyもたんぱく質を意識して料理をしているひとり。彼女がよく作るのが「鶏とトマトと雑穀で作るワンボウルごはん」。簡単レシピを教えてもらいました。
モデルKellyのワンプレートワンボウル Vol.2 鶏とトマトのグレインスープ

10分漬けて焼くだけ。スパイシータンドリーチキン

18325_dp_top

いつもの鶏もも肉を香ばしくアレンジした、スパイシータンドリーチキンのレシピ。お弁当のおかずにも夜ごはんのメイン料理としても大活躍する一品です。10分漬けて焼くだけという簡単さもうれしい。
10分漬けて焼くだけの簡単おかず。スパイシータンドリーチキン

文/寺田佳織(マイロハス編集部)

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら