1. Home
  2. EAT
  3. ストレスに対抗する5つの栄養素、知ってる?

ストレスに対抗する5つの栄養素、知ってる?

13,916

日々の生活でストレスは気づかないうちに積み重なっていきます。ストレスは心だけに影響するわけではなく、身体にも負担をかけてしまうのが万病の元と言われる所以。でも食べ物でストレスが軽減できたら、その日のストレスをその日のうちに解消できるかも。 食のプロ、管理栄養士が教えるストレス予防・解消に役立つ効果的な栄養についてご紹介。

shutterstock_627060971

image via shutterstock

知っておきたいストレスに食べて役立つ栄養

<ストレスに効果的な栄養

1. たんぱく質
たんぱく質が筋肉や脳、臓器などのカラダを作る材料であることはよく知られていますが、ほかにも、ストレスに対抗するのに必要なホルモンや神経伝達物質等の材料にもなっていることをご存知ですか?その他、たんぱく質の摂取は神経の働きを改善して精神的な安定に役立つうえに、免疫機能の向上疲労回復にも効果を期待できます。

2. ビタミンB群
ビタミンB群は「疲労回復のビタミン」と言われているほど、疲れている時に必要不可欠なビタミンです。

ビタミンB1糖質の代謝を促す働きがあります。そのためビタミンB1の不足は、エネルギー不足に繋がるので疲れが生じやすくなってしまいます。
ビタミンB2脂質の代謝を促進する働きがあります。ビタミンB2の不足は、ビタミンB1と同様に疲れや倦怠感を招く恐れがあります。
ビタミンB6 たんぱく質の代謝を促す働きがあります。また、中枢神経の働きを安定させる作用があるため、イライラや不安などを和らげる効果を期待できます。

3. ビタミンC
ビタミンCは美容効果のイメージが強いですよね。しかし、美肌を作る以外にもストレスには欠かせない栄養素でもあります。ストレスを感じると、ストレスに対抗するためにホルモンが分泌されますが、このホルモンを作り出す材料となるのがビタミンCなのです。このため、ストレスを感じるとビタミンCが大量に消費されてしまうので積極的な摂取が欠かせません。

4. マグネシウム・カルシウム
神経の興奮を落ち着かせる働きがあるので、イライラする気持ちを和らげる効果があると言われています。しかし、カルシウムはストレスを受けることによって、吸収率が下がってしまうので意識して摂取するようにしましょう。

5. ビタミンA
ストレス反応の1つに、免疫力の低下があります。ビタミンAは、粘膜や皮膚を強化し、また免疫力向上の効果が期待できますよ。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、調理をする際は油と一緒に組み合わせることでビタミンの吸収率が高まります。

(「Diet Plus」から引用)

話題の食材だから、となんとなくすすめられるものを食べてしまいがちですが、この5つの栄養を意識してとることでストレスに負けない安定した心と身体を手に入れていきたいもの。

「Diet Plus」で食材としてすすめられているのは納豆や豆腐などの「大豆製品」やバナナ、ヨーグルトや牛乳などの「乳製品」。どれもいつでも手に入れやすく、毎日続けて食べることができそうなものばかりです。アレンジの幅も広いので飽きることなくとりいれていけそう。

おいしく食べて疲れた心と身体をリセット! スッキリした気持ちで毎日を過ごしていきたいですね。

Diet Plus

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    2. 「便秘は治療が必要な病気」。医師が教える4タイプの便秘

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 収入を得ることだけが仕事だと思っていませんか? | 禅僧のおことば 16

    9. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    10. 愛や結婚はあと少しと努力するもの? #心に効く言葉

    1. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    2. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    3. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    ストレスに対抗する5つの栄養素、知ってる?

    FBからも最新情報をお届けします。