1. Home
  2. BODY
  3. 「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

77,320

片岡理森

20180805_abdominal_muscle

image via shutterstock

薄着になる夏は、自分の体のラインをあらためて意識する季節。とくに、ウエストまわりは気になるところ。キュッとしまったくびれや、うっすらとラインが入るような、しなやかな腹筋に憧れます。

腹筋運動といえば、仰向けの状態から上半身を起き上がらせる方法をまず思い浮かべますが、実は、その昔ながらの方法では「かえってお腹が出てしまう」という驚きの事実を「BUSINESS INSIDER JAPAN」で知りました。

おなじみの腹筋運動は意味がなかった!

180805_abdominal_muscle02

image via shutterstock

アメリカのトレーニング専門家の間では、昔ながらの腹筋運動の評判は落ちる一方なのだとか。

かつてはトレーニングの基本として欠かせなかった腹筋運動だが、科学的な研究で、ウエストを細くすることもなければ、お腹の脂肪を落とす効果もないことが分かった。また腹筋の強化あるいは柔軟性の維持、長距離走のための体力づくりにも最適な方法ではない。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

これまで必死にやってきた方法が無意味だったなんて、ちょっと残念な話。でもたしかに、思い当たるふしもありました。あの腹筋運動をしているとき、つらくなってくると、体が丸くなった状態で上半身を無理やり起き上がらせることになって、結果、お腹を押し出すことになっていたかも。それに、悪い姿勢で行うことで、腰や背中、尾てい骨が痛くなることもありました。

フィットネストレーナーのアンナ・カイザー(Anna Kaiser)氏によると、正しく効果的に腹筋を鍛えるポイントはインナーマッスルにあるそうです。

ポイントは、腹横筋を引き締めること。腹横筋とは、胸郭と腰の間にあるインナーマッスルのこと。鍛えられた腹筋を目指すなら、腹部の奥の筋肉を鍛えなくてはならない。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

インナーマッスルを鍛えて美しい腹筋を手に入れるためには、どんなエクササイズをするのがよいのでしょうか?

専門家がすすめる腹筋エクササイズ

180805_abdominal_muscle03

image via shutterstock

運動生理学者のトニー・マロニー(Tony Maloney)氏のおすすめは「腕立て伏せ」。

(腕立て伏せは)上半身を引き締める効果を得ながら、体幹を鍛えることができる。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

また、動きを伴わない方法としては「プランク」がいいようです。

腹筋を鍛えるには30〜40秒のプランクがおすすめ。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

プランクは、体をまっすぐに伸ばし、肘とつま先で支える方法。腕立て伏せよりも簡単です。これについてはニューヨーク大学の運動生理学者、ヘザー・ミルトン(Heather Milton)氏も同意。

(プランクは)シックスパッド、つまり腹直筋だけでなく、腹横筋と腹斜筋にも効く。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

同じ体勢でじっと静止しているだけなのに、さまざまな筋肉を同時に鍛えることができるプランク。道具も必要のないので、誰でもすぐに始められます。しかも、1分とかからない時間なら、毎日の習慣としても取り入れやすそう。

プランクを習慣化しつつ、筋肉づくりのために良質なたんぱく質を多めに摂るような食生活を意識していれば、無理なく憧れのウエストラインが手に入りそうです。

体をもっと引き締めたいあなたへ

頑固なおなかの脂肪を減らす方法9

おなかの脂肪は、ワンピース以外の服では隠せないイヤなものですし、実際、悪者です。おなかに「白色脂肪」が広がり、臓器深くに根付いてしまうと、事態は深刻...

https://www.mylohas.net/2018/07/171818fat-belly.html?test201808

強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

ふくらはぎの筋肉を鍛えると、ケガの予防にも役立ち、太ももがすっきりと見えるように。そこで、次に紹介する5つのワークアウトビデオを試して、レベルアップ...

https://www.mylohas.net/2018/07/171444-work-out.html?test201808

BUSINESS INSIDER JAPAN

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由