1. Home
  2. BODY
  3. 「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

79,458

片岡理森

20180805_abdominal_muscle

image via shutterstock

薄着になる夏は、自分の体のラインをあらためて意識する季節。とくに、ウエストまわりは気になるところ。キュッとしまったくびれや、うっすらとラインが入るような、しなやかな腹筋に憧れます。

腹筋運動といえば、仰向けの状態から上半身を起き上がらせる方法をまず思い浮かべますが、実は、その昔ながらの方法では「かえってお腹が出てしまう」という驚きの事実を「BUSINESS INSIDER JAPAN」で知りました。

おなじみの腹筋運動は意味がなかった!

180805_abdominal_muscle02

image via shutterstock

アメリカのトレーニング専門家の間では、昔ながらの腹筋運動の評判は落ちる一方なのだとか。

かつてはトレーニングの基本として欠かせなかった腹筋運動だが、科学的な研究で、ウエストを細くすることもなければ、お腹の脂肪を落とす効果もないことが分かった。また腹筋の強化あるいは柔軟性の維持、長距離走のための体力づくりにも最適な方法ではない。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

これまで必死にやってきた方法が無意味だったなんて、ちょっと残念な話。でもたしかに、思い当たるふしもありました。あの腹筋運動をしているとき、つらくなってくると、体が丸くなった状態で上半身を無理やり起き上がらせることになって、結果、お腹を押し出すことになっていたかも。それに、悪い姿勢で行うことで、腰や背中、尾てい骨が痛くなることもありました。

フィットネストレーナーのアンナ・カイザー(Anna Kaiser)氏によると、正しく効果的に腹筋を鍛えるポイントはインナーマッスルにあるそうです。

ポイントは、腹横筋を引き締めること。腹横筋とは、胸郭と腰の間にあるインナーマッスルのこと。鍛えられた腹筋を目指すなら、腹部の奥の筋肉を鍛えなくてはならない。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

インナーマッスルを鍛えて美しい腹筋を手に入れるためには、どんなエクササイズをするのがよいのでしょうか?

専門家がすすめる腹筋エクササイズ

180805_abdominal_muscle03

image via shutterstock

運動生理学者のトニー・マロニー(Tony Maloney)氏のおすすめは「腕立て伏せ」。

(腕立て伏せは)上半身を引き締める効果を得ながら、体幹を鍛えることができる。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

また、動きを伴わない方法としては「プランク」がいいようです。

腹筋を鍛えるには30〜40秒のプランクがおすすめ。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

プランクは、体をまっすぐに伸ばし、肘とつま先で支える方法。腕立て伏せよりも簡単です。これについてはニューヨーク大学の運動生理学者、ヘザー・ミルトン(Heather Milton)氏も同意。

(プランクは)シックスパッド、つまり腹直筋だけでなく、腹横筋と腹斜筋にも効く。(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

同じ体勢でじっと静止しているだけなのに、さまざまな筋肉を同時に鍛えることができるプランク。道具も必要のないので、誰でもすぐに始められます。しかも、1分とかからない時間なら、毎日の習慣としても取り入れやすそう。

プランクを習慣化しつつ、筋肉づくりのために良質なたんぱく質を多めに摂るような食生活を意識していれば、無理なく憧れのウエストラインが手に入りそうです。

体をもっと引き締めたいあなたへ

頑固なおなかの脂肪を減らす方法9

おなかの脂肪は、ワンピース以外の服では隠せないイヤなものですし、実際、悪者です。おなかに「白色脂肪」が広がり、臓器深くに根付いてしまうと、事態は深刻...

https://www.mylohas.net/2018/07/171818fat-belly.html?test201808

強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

ふくらはぎの筋肉を鍛えると、ケガの予防にも役立ち、太ももがすっきりと見えるように。そこで、次に紹介する5つのワークアウトビデオを試して、レベルアップ...

https://www.mylohas.net/2018/07/171444-work-out.html?test201808

BUSINESS INSIDER JAPAN

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は