1. Home
  2. BODY
  3. 睡眠特化型ヘッドスパで、気づかぬうちに眠りに……目覚めたときには疲労回復

睡眠特化型ヘッドスパで、気づかぬうちに眠りに……目覚めたときには疲労回復

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

3,995

小林純子

睡眠をとるのは夜ばかりではありません。日中時間が空いたときに、短時間でも深く眠ることができたら、ずいぶん疲れがとれるもの。そんな「眠ること」にこだわるヘッドスパ「QUIRON(キロン)」が、渋谷駅から6分の場所にオープンしました。

睡眠をとるためのヘッドスパ

*180713_quiron80091-1

店名の「QUIRON(キロン)」は、土星と天王星の間を巡る彗星のひとつ「CHIRON」に由来しています。占星術でキロンは「傷と癒し」を意味するのだとか。

店長の松永優さんに「QUIRON」の熟眠ヘッドスパについて伺いました。

「美容や健康のため、自律神経を整えるために、睡眠はとても大切です。そこで一秒でも早く、より深く眠るためにはどうしたらよいか試行錯誤をして“眠ってもらうためのヘッドスパ”を実現しました」

施術を受ける部屋は遮音個室設計で、天井にはプラネタリウムが。ヘッドスパを受けながら6万個の星を見ることができるのです。

また、ドライヘッドスパにしているのも、髪をぬらしたりなどの煩わしさなしに、訪れたそのままの流れで自然に眠ってもらうため(着替えを希望する方は、着替えの準備があります)。予約の電話が鳴って、その音で現実に戻されないよう、予約はすべてWEBに限定しているなど、こだわり抜かれた空間だからこそ、自然な眠りに誘われるのです。

早く深く眠れるヘッドスパを体験

*180713_quiron80103-1

QUIRONの店内に入ると、渋谷の喧騒が嘘のような静寂空間です。エントランスにはラベンダーやゼラニウムのアロマの香りが漂い、水が流れる音が聞こえます。部屋に向かうにつれて、慌ただしかった時間が遠のくよう。部屋に案内され、重力を忘れさせてくれるような椅子に包まれ、1/fゆらぎを取り入れたヒーリングミュージックを聴きながら無数の星を見上げていると、無心になってきました。ヘッドスパは静かに始まります。施術していただくのは60分コース。

頭皮のコリをチェックして、デコルテ、肩甲骨をマッサージ。眠るための施術なので、まずデコルテ〜肩甲骨エリアをほぐし、胸骨を広げ、呼吸をしやすくして自律神経を整えていきます。

続いて、目にタオルをおいて後頚部のマッサージです(目元のタオルは、お客様のご希望によってなしでも施術可能)。施術開始から15分くらいですが、ここで寝落ちするお客さまがほとんどだとか。マッサージの手法を研究するなかで、お客様が眠られたからからといって、施術を止めて手を離すとまた目覚めてしまうということに気づいたそうで、付かず離れずの程よく優しいマッサージが続きます。

最後は覚醒をうながす耳のマッサージをされることで、気持ちよく目覚めることができました。実際に眠ったのは30分くらいでしょうか。眠りが深かったのからか、頭がクリアな印象。

よく考えれば、ヘッドスパではウトウトできる程度です。眠るためのマッサージという発想がとても新鮮で、睡眠不足や疲労時の駆け込み寺として重宝できる場になりそうです。

店舗名:QUIRON(キロン)※予約はWEB受付のみ

メニュー/価格:40分コース/4,530円、60分コース/6,450円、90分コース/9,720円(すべて税込)

※店舗にて、回数券や優待カードも取り扱い中。

*180713_quiron80240-1


ヘッドスパで癒やされたいなら、こちらも

極上ヘッドスパを自宅で。“体育大学教授”監修の実力派マッサージャー

マッサージクッションブランド「ルルド」から、ヘッドスパができる「ルルド ソニックヘッドスパ エイリラン」が発売。寝落ちするほどの気持ち良さをぜひ体感...

https://mylohas.net/2018/04/165359.html?test201808

日焼けや乾燥でダメージをうけた頭皮を休ませる。「泡立てない」ヘッドスパ

トータルビューティーサロンとして、ヘアやネイル、ヘッドスパ、アイラッシュ、エステといったあらゆる技術を提供するuka(ウカ)が、頭皮をいたわるヘッド...

https://mylohas.net/2018/06/169506uka_restspa.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー