1. Home
  2. BODY
  3. 睡眠特化型ヘッドスパで、気づかぬうちに眠りに……目覚めたときには疲労回復

睡眠特化型ヘッドスパで、気づかぬうちに眠りに……目覚めたときには疲労回復

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

2,664

睡眠をとるのは夜ばかりではありません。日中時間が空いたときに、短時間でも深く眠ることができたら、ずいぶん疲れがとれるもの。そんな「眠ること」にこだわるヘッドスパ「QUIRON(キロン)」が、渋谷駅から6分の場所にオープンしました。

睡眠をとるためのヘッドスパ

*180713_quiron80091-1

店名の「QUIRON(キロン)」は、土星と天王星の間を巡る彗星のひとつ「CHIRON」に由来しています。占星術でキロンは「傷と癒し」を意味するのだとか。

店長の松永優さんに「QUIRON」の熟眠ヘッドスパについて伺いました。

「美容や健康のため、自律神経を整えるために、睡眠はとても大切です。そこで一秒でも早く、より深く眠るためにはどうしたらよいか試行錯誤をして“眠ってもらうためのヘッドスパ”を実現しました」

施術を受ける部屋は遮音個室設計で、天井にはプラネタリウムが。ヘッドスパを受けながら6万個の星を見ることができるのです。

また、ドライヘッドスパにしているのも、髪をぬらしたりなどの煩わしさなしに、訪れたそのままの流れで自然に眠ってもらうため(着替えを希望する方は、着替えの準備があります)。予約の電話が鳴って、その音で現実に戻されないよう、予約はすべてWEBに限定しているなど、こだわり抜かれた空間だからこそ、自然な眠りに誘われるのです。

早く深く眠れるヘッドスパを体験

*180713_quiron80103-1

QUIRONの店内に入ると、渋谷の喧騒が嘘のような静寂空間です。エントランスにはラベンダーやゼラニウムのアロマの香りが漂い、水が流れる音が聞こえます。部屋に向かうにつれて、慌ただしかった時間が遠のくよう。部屋に案内され、重力を忘れさせてくれるような椅子に包まれ、1/fゆらぎを取り入れたヒーリングミュージックを聴きながら無数の星を見上げていると、無心になってきました。ヘッドスパは静かに始まります。施術していただくのは60分コース。

頭皮のコリをチェックして、デコルテ、肩甲骨をマッサージ。眠るための施術なので、まずデコルテ〜肩甲骨エリアをほぐし、胸骨を広げ、呼吸をしやすくして自律神経を整えていきます。

続いて、目にタオルをおいて後頚部のマッサージです(目元のタオルは、お客様のご希望によってなしでも施術可能)。施術開始から15分くらいですが、ここで寝落ちするお客さまがほとんどだとか。マッサージの手法を研究するなかで、お客様が眠られたからからといって、施術を止めて手を離すとまた目覚めてしまうということに気づいたそうで、付かず離れずの程よく優しいマッサージが続きます。

最後は覚醒をうながす耳のマッサージをされることで、気持ちよく目覚めることができました。実際に眠ったのは30分くらいでしょうか。眠りが深かったのからか、頭がクリアな印象。

よく考えれば、ヘッドスパではウトウトできる程度です。眠るためのマッサージという発想がとても新鮮で、睡眠不足や疲労時の駆け込み寺として重宝できる場になりそうです。

店舗名:QUIRON(キロン)※予約はWEB受付のみ

メニュー/価格:40分コース/4,530円、60分コース/6,450円、90分コース/9,720円(すべて税込)

※店舗にて、回数券や優待カードも取り扱い中。

*180713_quiron80240-1


ヘッドスパで癒やされたいなら、こちらも

極上ヘッドスパを自宅で。“体育大学教授”監修の実力派マッサージャー

マッサージクッションブランド「ルルド」から、ヘッドスパができる「ルルド ソニックヘッドスパ エイリラン」が発売。寝落ちするほどの気持ち良さをぜひ体感...

https://mylohas.net/2018/04/165359.html?test201808

日焼けや乾燥でダメージをうけた頭皮を休ませる。「泡立てない」ヘッドスパ

トータルビューティーサロンとして、ヘアやネイル、ヘッドスパ、アイラッシュ、エステといったあらゆる技術を提供するuka(ウカ)が、頭皮をいたわるヘッド...

https://mylohas.net/2018/06/169506uka_restspa.html?test201808

小林純子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    睡眠特化型ヘッドスパで、気づかぬうちに眠りに……目覚めたときには疲労回復

    FBからも最新情報をお届けします。