1. Home
  2. BODY
  3. 長引く咳だけじゃない。肺がんの意外なサイン8つ

長引く咳だけじゃない。肺がんの意外なサイン8つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,689

肺がんのいちばんはっきりしたサインは胸の痛みですが、ほかにもたくさんのサインや症状があります。タバコを吸ったことがない人でも、知っておく方がよさそう。アメリカでは肺がんは男女ともに多いがんですし、肺がんで亡くなる人の最大20%が一度も喫煙経験のない人です。

cancer0

タバコを吸ったこともないのに、どうして肺がんになるのか? 「ラドン(ラジウムから自然に発生する無臭のガス)が原因とされる場合が多いですね」とカリフォルニア州サンタモニカにある医療機関、プロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルス・センターの胸部外科医、ロバート・マッケンナさん。ほかの原因としては、大気汚染、受動喫煙、そしてアスベストなどの環境危険物が含まれます。

タバコを吸う人も、一度も吸っていない人も、これからご紹介する症状に気をつける方がよいかもしれません。もちろんこれらの症状は、肺がんほどひどくないたくさんのほかの原因でも表れますが、気になったら大事をとって医師に相談します。

長引く咳

cancer1

肺がんの人は、ほとんどが咳をしますし、血が混じることもあります」と、マッケンナさん。赤サビ色の濃い粘液が出るのも、初期のサイン。でも、たとえ空咳でも、1か月以上続くようであれば、医師の診察を受ける方がよいかも。

繰り返す感染症

cancer2

「慢性気管支炎」や「肺炎」のような肺の感染症は、ほとんどの場合ウイルスが原因。でも、アメリカがん協会(ACS)によると、繰り返しかかったり、長引いたりするようなら、がんのサインかもしれないそう。

体重の減少

cancer3

食事を変えたのでも、運動を始めたのでもないのに、体重が落ちている? 「どのがんでもそうですが、進行した腫瘍は身体に体重を減らすように伝えるたんぱく質を作ります」(マッケンナさん)。そのため、食欲が落ちていると気づく場合も。

骨の痛み

cancer4

肺がんが身体のほかの器官に広がっていると、骨や関節の深いところに痛みを感じるかもしれません、とカリフォルニア州ファウンテン・バレーにあるオレンジ・コースト医療センターのジャック・ジャクーブさん(メモリアル・ケアがん研究所で胸部腫瘍学部長を務める腫瘍内科医)。よく痛みが見られるのは、背中と腰(このサインは、ビタミンD不足でも現れますが)。

首と顔の腫れ

cancer5

「肺がんの腫瘍が上大静脈(血液を頭と腕から心臓に運ぶ大静脈)を圧迫し始めると、首と顔の腫れに気づくことがあります」とジャクーブさん。腕と胸の上部に影響が出る可能性も。

圧倒的な疲れ

cancer6

ジャクーブさんによると、「普通に疲れたというのとは違います。ベッドに入るのが待ちきれないほどの、本当に疲れきった感じです」。それに、たっぷり休んでもよくなりません。がんの人の80%もが、「極度の疲労感」を症状にあげています

筋肉が弱くなる

cancer7

肺がんは器官だけでなく筋肉にも影響します。最初に影響が現れる部分のひとつが腰。「椅子から立つのさえ大変になるかもしれません」(ジャクーブさん)。肩、腕、脚も、弱くなりやすいところ。

カルシウムが増える

cancer8

肺がんの中には、ホルモンのような物質を作って、体内のミネラルバランスを混乱させるものも。マッケンナさんによると、血液中に過剰なカルシウムが放出されるケースもあるそう。カルシウム量が異常に高くなっても、血液検査を受けない限りわからないでしょうが、高カルシウムの場合に見られる症状(頻尿、極度の喉の渇き、便秘、吐き気、腹部の痛み、めまい)には気づくはず。

Stephanie Booth/8 Surprising Signs of Lung Cancer Everyone Should Know

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 満腹ホルモンで食欲を抑制。つくりおきできる高タンパク質おかず5

    2. 心配症や考えすぎの人におすすめしたい心理テクニック

    3. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    4. 愛してると言うかわりに「話を聞く」。カウンセリングに学ぶ傾聴力

    5. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    長引く咳だけじゃない。肺がんの意外なサイン8つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More