1. Home
  2. BODY
  3. 欧米で大ブーム! 「コンブチャ」の健康効果とリスクを検証

欧米で大ブーム! 「コンブチャ」の健康効果とリスクを検証

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,124

ここ数年「ソーシャルメディア断ち」していない限り、バクテリアたっぷりのお茶「コンブチャ(kombucha)」の噂を耳にしているのでは? 何にでも効きそうな、最新の健康トレンドです。

「昆布茶」のことではありませんよ。日本では40年ほど前に、「紅茶キノコ」と呼ばれて流行したもの。

コンブチャは健康にいい?

Kombucha0

「コンブチャ」なんて、まるでSF小説に出てくる飲み物の名前みたいですが、実はかなり古い歴史があります。食べ物の科学に関する専門誌『コンプリヘンシブ・レビューズ・イン・フード・サイエンス・アンド・フード・セイフティ』で報告された2014年の研究によると、数千年前に中国の北東部で生まれ、紀元前220年頃に「解毒と強壮効果」で大評判になったそう。その後、日本、ロシア、そしてヨーロッパと、世界中に広まりました。それが今やビッグビジネスに成長。市場調査会社のエネルギアス社によると、コンブチャの世界市場は2024年までに28億ドル(およそ日本円で3000億円)の規模に達する勢いです。

この飲み物がブームになっているのは、とにかく何でも治るという評判のせい。コンブチャのファンは、炎症の軽減からがんのような病気まで何にでも効くと言っています。でも、ホントに?

コンブチャが健康によいとは証明されていません。よい細菌が含まれていることはわかっていますが、どんな種類がどれくらい含まれているのかは不明です」と、登録栄養士のドーン・ジャクソン・ブラットナーさん(食習慣を変えるための本『The Superfood Swap』の著者)。

それじゃ、飲んではいけないのかといえば、必ずしもそうではありません。ただ、「確かにおもしろいものですが、皆さんが考えているような『魔法の秘薬』ではありません」(ブラットナーさん)。それに、飲んだせいで重い病気になってしまうことも。

それでは、これまでに科学的にわかっていることをご紹介しましょう。

Kombucha1

そもそも「コンブチャ」とは何か?

一種のお茶です。普通は紅茶で作りますが、緑茶でも。沸騰したお湯に茶葉(またはティーバッグ)を入れ、しばらく浸してから茶葉を取り出し、砂糖を少し加えます。お茶が冷めたら、「スターターティー」(すでに発酵済みのコンブチャ)と「スコビー」(「細菌と酵母菌の共生培養」という意味の英語の頭字語)を添加。そのまま放置して発酵させ、満月の下で細菌を育てます(「満月の下で」はもちろん冗談)。

どうして健康によいと言われているの?

コンブチャには微生物、つまり細菌や酵母菌、それに抗酸化成分が含まれているので、免疫力を高め、がんを予防し、炎症を軽くするのではないかと考えられたためです。ただ、先ほど引用した研究によると、コンブチャの研究は人間ではなく動物を対象としたものが多いので、確かなことがわかっていません

「よい点としては、元がお茶で、お茶は明らかに健康によいこと」(ブラットナーさん)。アメリカ国立衛生研究所(NIH)の機関、国立補完統合衛生センター(NCCIH)によると、緑茶も紅茶も、おそらくは血圧とコレステロールを下げるために、心臓の病気になりにくくするかもしれないそう。それから、お茶を発酵させたコンブチャには、腸に優しい細菌、「プロバイオティクス」が含まれているので、消化作用に効果があるかも。

「腸はすべての中心ですから、よい細菌を含むコンブチャが注目を集めているわけです」とブラットナーさん。でも、市販されているコンブチャ製品のなかには、どんなプロバイオティクスを含んでいるか明らかにしていないものもあるそう。それで、具体的にどんな風に健康に効くのかわかりにくいのです。

Alison Koreckiさん(@spicy.ali.k)がシェアした投稿 -

コンブチャによくないところはないの?

あります。自分でコンブチャを作ると、「悪い」細菌も入ってしまう恐れがあります、と登録栄養士のタラ・ギダス・コリンウッドさん(お腹の脂肪を減らす料理の本『Flat Belly Cookbook for Dummies』の著者)。「自家製コンブチャで重い病気になったケースも」

例えば、アメリカ疾病対策センター(CDC)は1995年、コンブチャのせいでふたりが重い病気になり、うちひとりが亡くなったとして、警告を発表しました。生きた細菌を扱う場合、大腸菌やサルモネラ菌などほかの菌も入ってしまう可能性があるのです(コリンウッドさん)。

「味が好き(お酢っぽい感じ)とか、プロバイオティクスのファンだとかで、コンブチャを飲みたいなら、お店で、アメリカ食品医薬品局(FDA)の検査を受けている製造所の製品を買うように」と、ギダスさん。地下室で作っている近所の人から分けてもらったりするのは、やめた方がよさそう。

もうひとつ、コンブチャのよくない点。「ほんの少しですが、砂糖が入っています」とブラットナーさん。

毎日一本買うとしたら別に身体に悪くはないでしょうが、それほどの必要もないかも。「その2ドルか3ドルを、例えば、コンブチャよりもっとたくさんの善玉菌が入っているケフィアに使うこともできますからね」(ジャクソン・ブラットナーさん)

結論:コンブチャを飲みはじめる方がいい?

自分で作るのでなければ、そして、大腸菌やサルモネラ菌がどういうわけか入ってしまわない限り、飲んでも害はなさそう。それに、腸に優しいプロバイオティクスという形の健康効果も期待できます。

「私は飲んでいますよ。毎日ではありませんけど」(ブラットナーさん)

食の健康情報はこちら

1日1レモンで疲労回復や食欲コントロールも!? 健康パワー最前線

健康的な食事として評価が高まる地中海食にもレモンは不可欠。最近ではビタミンCによる美容効果だけでなく、骨密度の低下やメタボ対策食材としても注目される...

https://mylohas.net/2018/07/171434lemon.html?test201808

グレープフルーツってすごい。脂肪燃焼や疲労回復をサポート

夏でもさっぱり食べられるグレープフルーツ。嬉しい栄養効果も豊富。グレープフルーツに含まれる成分と摂取の際の注意点をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/07/171921grapefruit.html?test201808

Maria Masters/1501What Is Kombucha, Really—And Are There Any Health Benefits?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外な効果も。科学的に証明されたラベンダーオイル8つの効能

    2. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 【5月の満月】固定観念から解き放たれ、視界が開けるタイミング

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?