1. Home
  2. BODY
  3. 熱中症になりやすい汗がある。いい汗と悪い汗の見分け方は?

熱中症になりやすい汗がある。いい汗と悪い汗の見分け方は?

31,581

横田ゆき

汗には、「いい汗」と「悪い汗」があるのをご存じですか? 「悪い汗」をかくと、熱中症になりやすいため、注意が必要なのだとか。

shutterstock_1120595345

image via shutterstock

汗は本来、ピュアな水に近いもの。さらさらとしていて、においもありません。ただ、クーラーの効いた部屋で長く過ごしたり、運動をしなかったり、汗をかかない生活が続くと、汗の出口である汗腺の機能が低下し、においのあるべとべとした汗をかくようになってしまいます。これが「悪い汗」と呼ばれている汗です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

夏でも健康な身体をつくるために、いい汗をかくようにしたい! そこで、「太陽笑顔fufufu」より、「汗」を見直すためのポイントをいくつかご紹介します。

いい汗と悪い汗の見分け方は?

粒が小さく、さらさらとしているのがいい汗、大粒で、べたべたしているのが悪い汗。いい汗は、肌の上ですぐに蒸発しますが、悪い汗は蒸発しにくいため体温調節がうまくできなくなります

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

いい汗は水に近い状態で、においもありません。これは、「汗線」が血管の中から汗の原料をくみ取り、水分だけを体外に出して、残りの成分を再吸収する働きをしているから。この汗腺の機能が弱まると、老廃物や本来身体に吸収されるべき成分などが、汗と一緒に外に出てきてしまいます。これが悪い汗。いろいろな成分が混ざっているため、べたべたしてにおいもあります。また、ミネラルや塩分が失われやすくなり、熱中症の原因にもなるのです。

もし汗が、じんわりではなく、どっと出るようなら、それは悪い汗かも。

脇と足の汗は抑えてもいい

体温調節という大切な働きがありますから、汗は出すべきものですが、抑えてもいい汗もあります。それは、脇と足からの汗です。脇は常に両腕によって塞がれていますし、足は靴を履いていますから、汗が蒸発しにくい部分。体温調節の役割を果たしているとは言えないので、抑えても問題はありません。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

脇や足など、汗が蒸発しにくい部分は、制汗剤を使うことでにおいの原因も抑えられます。じつは、いい汗でも、皮膚表面に残ったまま時間がたつと、細菌類によって分解・酸化され、においが発生することも。こまめに拭き取る、制汗剤を上手に役立てるなどして、においを予防しましょう。

いい汗をかく入浴トレーニング

汗をかくことを習慣づけるには、じつは「入浴」がいいトレーニングになるんです。汗腺を鍛えられる入浴法をご紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

1. 高温手足浴
43~44℃の熱いお湯に、膝下と肘から先だけを、10~15分浸ける。バスチェアを利用するといいでしょう。
※年配者や皮膚の弱い人は、やけどの心配がありますので、ぬるめのお湯で。

2. 微温浴
1. の浴槽にぬるい湯を足して36℃くらいにし、10~15分の半身or全身浴を。

3. 風呂上がりのケア
汗を拭いたら、ゆっくり休みながら、自然の風やうちわなどで汗を蒸発させる。エネルギー代謝を円滑にする、クエン酸を含んだリンゴ酢や黒酢などで水分補給をすると、汗腺トレーニングにより役立ちます。

使わないと衰えてしまうという汗腺。しっかり鍛えていい汗をかくのを習慣にしていきたいですね。

太陽笑顔fufufu

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました