1. Home
  2. BODY
  3. 熱中症になりやすい汗がある。いい汗と悪い汗の見分け方は?

熱中症になりやすい汗がある。いい汗と悪い汗の見分け方は?

32,656

横田ゆき

汗には、「いい汗」と「悪い汗」があるのをご存じですか? 「悪い汗」をかくと、熱中症になりやすいため、注意が必要なのだとか。

shutterstock_1120595345

image via shutterstock

汗は本来、ピュアな水に近いもの。さらさらとしていて、においもありません。ただ、クーラーの効いた部屋で長く過ごしたり、運動をしなかったり、汗をかかない生活が続くと、汗の出口である汗腺の機能が低下し、においのあるべとべとした汗をかくようになってしまいます。これが「悪い汗」と呼ばれている汗です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

夏でも健康な身体をつくるために、いい汗をかくようにしたい! そこで、「太陽笑顔fufufu」より、「汗」を見直すためのポイントをいくつかご紹介します。

いい汗と悪い汗の見分け方は?

粒が小さく、さらさらとしているのがいい汗、大粒で、べたべたしているのが悪い汗。いい汗は、肌の上ですぐに蒸発しますが、悪い汗は蒸発しにくいため体温調節がうまくできなくなります

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

いい汗は水に近い状態で、においもありません。これは、「汗線」が血管の中から汗の原料をくみ取り、水分だけを体外に出して、残りの成分を再吸収する働きをしているから。この汗腺の機能が弱まると、老廃物や本来身体に吸収されるべき成分などが、汗と一緒に外に出てきてしまいます。これが悪い汗。いろいろな成分が混ざっているため、べたべたしてにおいもあります。また、ミネラルや塩分が失われやすくなり、熱中症の原因にもなるのです。

もし汗が、じんわりではなく、どっと出るようなら、それは悪い汗かも。

脇と足の汗は抑えてもいい

体温調節という大切な働きがありますから、汗は出すべきものですが、抑えてもいい汗もあります。それは、脇と足からの汗です。脇は常に両腕によって塞がれていますし、足は靴を履いていますから、汗が蒸発しにくい部分。体温調節の役割を果たしているとは言えないので、抑えても問題はありません。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

脇や足など、汗が蒸発しにくい部分は、制汗剤を使うことでにおいの原因も抑えられます。じつは、いい汗でも、皮膚表面に残ったまま時間がたつと、細菌類によって分解・酸化され、においが発生することも。こまめに拭き取る、制汗剤を上手に役立てるなどして、においを予防しましょう。

いい汗をかく入浴トレーニング

汗をかくことを習慣づけるには、じつは「入浴」がいいトレーニングになるんです。汗腺を鍛えられる入浴法をご紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

1. 高温手足浴
43~44℃の熱いお湯に、膝下と肘から先だけを、10~15分浸ける。バスチェアを利用するといいでしょう。
※年配者や皮膚の弱い人は、やけどの心配がありますので、ぬるめのお湯で。

2. 微温浴
1. の浴槽にぬるい湯を足して36℃くらいにし、10~15分の半身or全身浴を。

3. 風呂上がりのケア
汗を拭いたら、ゆっくり休みながら、自然の風やうちわなどで汗を蒸発させる。エネルギー代謝を円滑にする、クエン酸を含んだリンゴ酢や黒酢などで水分補給をすると、汗腺トレーニングにより役立ちます。

使わないと衰えてしまうという汗腺。しっかり鍛えていい汗をかくのを習慣にしていきたいですね。

太陽笑顔fufufu

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析