1. Home
  2. STYLE
  3. 8月13日はペルセウス座流星群が見頃! 星降る夜にときめいて

8月13日はペルセウス座流星群が見頃! 星降る夜にときめいて

星と暮らす

5,066

景山えりか

もうすぐ、毎年恒例の「ペルセウス座流星群」が見頃をむかえます! 今年は月明かりの影響がなく好条件。夏休みで旅先にいる人にも、普段通りに仕事をしている人にも、星降る夜を体験するチャンスがめぐってきます。

peruseusu_1

image via shutterstock

2018年の見頃は8月13日未明!

ペルセウス座流星群とは、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ、三大流星群のひとつ。毎年8月12日~13日に活動がピークをむかえるので、夏の風物詩といえる流星群です。

今年は、8月13日(月)10時頃に活動がピークになると予想されています。ですが、日中にあたるため、もちろんこの時刻に流星は見られません。12日の夜にも流星は見られますが、日付が変わってから夜明け前にかけて、だんだんと流星の出現数が多くなっていく傾向にあるので、今年の見頃は13日0時過ぎから未明にかけてになるでしょう。

当日の月の相は、新月を過ぎたばかりなので、月明かりの影響はまったく心配いりません。街灯りの影響がない暗い夜空ならば、1時間に40個程度の流星が見られるかも! 市街地でも、1時間に5~10程度は見られそうです。

空全体を見渡すように、15分程度は眺めて

夜空に流星を探すとき、一方向だけを眺めるのはNGです。なぜなら、流星は夜空のどこにでも表れるから。ひとつでも多く流星をキャッチするコツは、空全体を見渡すようにすることです。

けれど、空を見上げた途端に流星が見られるとは限りません。また、瞳が周囲の暗さに慣れるまでには少し時間がかかります。流星観察に焦りは禁物。時間と心に余裕をもって、最低でも15分程度は夜空を眺めるようにしましょう。

peruseusu_2

image via shutterstock

深夜を過ぎても冷え込みが気にならない夏は、一年のうちで流星観察にもっとも適したシーズンといえます。自宅の庭やベランダに椅子を出したり、広くて安全な場所にラグなどを敷いたりして、楽な姿勢でのんびりと眺めるのがオススメ。好きな飲み物を用意するのも◎。さらに虫よけ対策をすれば、長時間観察するための態勢は万全です。

ペルセウス座流星群は、活動のピークから日が離れるほど流星の出現数は少なくなるものの、8月7日頃から15日頃までは普段よりも流星が多く見られるといわれています。「夜空を見上げる」という簡単な行為を意識するだけで、流星に出合うチャンスはぐんと広がるのです。宇宙広しといえども、まったく同じ流星に出合うことは二度とありません。美しくて儚い流星が心に残してくれるもの。それは、この夏一番の思い出となるはずです。

こちらもチェック

【8月の新月】「今まで通り」を変えることで、新しい流れに乗る

月の満ち欠けの新しい周期がスタートする新月の日は、昔から「始まり」の象徴と考えられていました。大胆に、斬新に、自分を変える勇気を与えてくれるお月さま...

https://www.mylohas.net/2018/08/172619aug_newmoon.html?test201808

ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

スーパームーン、ブルームーン、皆既月食、流星群など、2018年注目の天文現象&こよみのイベントをご紹介します。見ごろは?方角は?2018年は、天体イ...

https://www.mylohas.net/2018/01/0665242018_star_guide.html?test201808

「星と暮らす」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー