1. Home
  2. STYLE
  3. 8月13日はペルセウス座流星群が見頃! 星降る夜にときめいて

8月13日はペルセウス座流星群が見頃! 星降る夜にときめいて

星と暮らす

5,625

景山えりか

もうすぐ、毎年恒例の「ペルセウス座流星群」が見頃をむかえます! 今年は月明かりの影響がなく好条件。夏休みで旅先にいる人にも、普段通りに仕事をしている人にも、星降る夜を体験するチャンスがめぐってきます。

peruseusu_1

image via shutterstock

2018年の見頃は8月13日未明!

ペルセウス座流星群とは、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ、三大流星群のひとつ。毎年8月12日~13日に活動がピークをむかえるので、夏の風物詩といえる流星群です。

今年は、8月13日(月)10時頃に活動がピークになると予想されています。ですが、日中にあたるため、もちろんこの時刻に流星は見られません。12日の夜にも流星は見られますが、日付が変わってから夜明け前にかけて、だんだんと流星の出現数が多くなっていく傾向にあるので、今年の見頃は13日0時過ぎから未明にかけてになるでしょう。

当日の月の相は、新月を過ぎたばかりなので、月明かりの影響はまったく心配いりません。街灯りの影響がない暗い夜空ならば、1時間に40個程度の流星が見られるかも! 市街地でも、1時間に5~10程度は見られそうです。

空全体を見渡すように、15分程度は眺めて

夜空に流星を探すとき、一方向だけを眺めるのはNGです。なぜなら、流星は夜空のどこにでも表れるから。ひとつでも多く流星をキャッチするコツは、空全体を見渡すようにすることです。

けれど、空を見上げた途端に流星が見られるとは限りません。また、瞳が周囲の暗さに慣れるまでには少し時間がかかります。流星観察に焦りは禁物。時間と心に余裕をもって、最低でも15分程度は夜空を眺めるようにしましょう。

peruseusu_2

image via shutterstock

深夜を過ぎても冷え込みが気にならない夏は、一年のうちで流星観察にもっとも適したシーズンといえます。自宅の庭やベランダに椅子を出したり、広くて安全な場所にラグなどを敷いたりして、楽な姿勢でのんびりと眺めるのがオススメ。好きな飲み物を用意するのも◎。さらに虫よけ対策をすれば、長時間観察するための態勢は万全です。

ペルセウス座流星群は、活動のピークから日が離れるほど流星の出現数は少なくなるものの、8月7日頃から15日頃までは普段よりも流星が多く見られるといわれています。「夜空を見上げる」という簡単な行為を意識するだけで、流星に出合うチャンスはぐんと広がるのです。宇宙広しといえども、まったく同じ流星に出合うことは二度とありません。美しくて儚い流星が心に残してくれるもの。それは、この夏一番の思い出となるはずです。

こちらもチェック

【8月の新月】「今まで通り」を変えることで、新しい流れに乗る

月の満ち欠けの新しい周期がスタートする新月の日は、昔から「始まり」の象徴と考えられていました。大胆に、斬新に、自分を変える勇気を与えてくれるお月さま...

https://www.mylohas.net/2018/08/172619aug_newmoon.html?test201808

ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

スーパームーン、ブルームーン、皆既月食、流星群など、2018年注目の天文現象&こよみのイベントをご紹介します。見ごろは?方角は?2018年は、天体イ...

https://www.mylohas.net/2018/01/0665242018_star_guide.html?test201808

「星と暮らす」をもっと読む

    specialbanner

    Ranking

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    3. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    4. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    8. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    9. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら