1. Home
  2. BODY
  3. 音・光・香りを使って「眠る力」を呼び起こす。心地よい眠りのための最新アイテム

音・光・香りを使って「眠る力」を呼び起こす。心地よい眠りのための最新アイテム

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

2,545

音・光・香りの3要素により睡眠環境を最適化し、快眠へ導いてくれる「Sleepion(スリーピオン)」。睡眠と健康の研究を30年以上行ってきた、大阪府立大学名誉教授・清水教永医学博士との共同研究開発で作られた、技術によって睡眠の質を改善する、いわゆるスリープテック領域のプロダクトです。

五感のうちの三感(聴覚、視覚、嗅覚)の環境づくりを行うことで、人間本来の活動・休息リズムを取り戻し、人が本来持っている“眠る力”を、自ら呼び起こすことを目的に開発されました。

深く穏やかな眠り+α

main

その「Sleepion」よりもコンパクトで持ち運びしやすく、また「睡眠モード」以外にも、瞑想やお昼寝に最適な「マインドフルネスモード」、仕事や勉強に集中させる「コンセントレーションモード」と、さらにワイヤレススピーカーとしても使える「ブルートゥースモード」が追加され、より便利で使いやすくなったのが、「Sleepion2(スリーピオン2)」です。睡眠環境を整えることで、深く穏やかな眠りをベースに、心と身体のリズムを整えて、24時間快適な生活をサポートしてくれます。

守られているような安心感

2

Sleepion2の特徴でもある、快眠へと導く三要素のうち、まず注目したいのが「音」。独自に開発したという自然・胎内回帰サウンドが34曲あり、自然界に存在するゆらぎ、また、もっともリラックスできるとされる母親の胎内をイメージしたサウンドなので、自然に優しく睡眠モードへと導いてくれそうです。

そして「光」は、脳に安らぎと癒しを与え、眠りに導く「1/fゆらぎ」の明かりです。生体リズムを司る月明かりをイメージしたその光によって、まるで守られているような安心感に包まれます。

3つめは「香」。「Sleepion」ではアロマストーンを使っていましたが、「Sleepion2」では液だれを防ぎ、長期保存や携帯に優れた、専用のアロマリングを使用。そして、眠らせるために調合された、天然素材100%のアロマオイルはモードに合わせて5種類あります。

そのほか、モバイルバッテリーとしても使用可能な着脱式バッテリーであったり、ヘッドホン端子が装備されていたり、瞑想時に役立ちそうなブレストレーニング機能が搭載されていたりと、さまざまな特長がある、Sleepion2。睡眠負債を解消するためにも、ぜひ試してみたいアイテムです。

<商品概要>

「Sleepion 2 セット」

1

  • カラー:ブラック、ホワイト
  • セット内容:本体・バッテリー・ダストキャップ×2・アロマパック(アロマリング、アロマリングスペーサー入り)5種類(ラベンダー5枚、ヒノキ5枚、レモングラス3枚、ゼラニウム2枚、フォレスト2枚、ブランク3枚)・キャリングポーチ・充電用USB-microUSBケーブル
  • 価格:19,800円(税抜)
  • 購入:Sleepion公式サイトほか

[Sleepion]

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン