1. Home
  2. BODY
  3. 口の中も夏バテする! 知らないうちに口臭の原因になっているかも

口の中も夏バテする! 知らないうちに口臭の原因になっているかも

1,004

林 ゆり

20180807_mouth_1

image via shutterstock

夏バテといえば、疲労や倦怠感、食欲不振にめまいなどが頭に浮かびますが、口の中も夏バテするそうです。免疫力が落ちているので、口腔内の菌の活動が活発になり、口臭の原因に。汗の臭いだけでなく、お口の臭いも気になる前に正しい歯磨きでケアしたいですね。

口の中も夏バテする!

夏バテで免疫力がおちているときは、口腔内の菌の活動が活発になります。通常は、唾液による自浄作用で、ある程度菌の繁殖が抑えられていますが、猛暑の夏、汗をかくことによって体内の水分が不足するため唾液の分泌量も減ってしまいがちだそうです。

つまり、夏バテは、免疫力だけでなく唾液による自浄作用も低下させるというダブルで私たちの口の中の菌を増やし、攻撃していることになります。しかも、暑い日にありがちな、のど越しのいい食事は、かむ回数が減り、唾液の分泌を促進しにくくなり、こちらも口臭の原因になっているそう。暑い夏の生活習慣は、知らないうちに口臭の原因になっていたんですね。

隅々まですっきりの初心者も安心の電動歯ブラシ

HX6897_25-U1P-global-001

歯の隙間や奥歯もきれいに磨くとなると、歯磨きに力が入ってしまう人も多いそう。私も歯周ポケットなどきれいにしなければと思うあまり、歯茎が下がってしまうほど磨いていたこともあり、歯科検診でチェックされました。そんなときは、電動歯ブラシを取り入れるのもひとつの方法です。

HX6897_25-U2P-global-001

フィリップス」から発売されたばかりの「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」は、電動歯ブラシ初心者にも使いやすく、力を入れ過ぎたら振動で知らせてくれ、強く磨きすぎないので安心です。磨きすぎなくても加齢とともに歯茎は痩せてくるので、早めの歯茎ケアができるのもうれしいポイント。オーラルケアに気をつけているけれど、手みがきにこだわる人の調査で、「電動歯ブラシは歯に強すぎるのではないか」という懸念の声が多かったことから開発されたそうです。

歯茎のケアまでできる

HX6897_25-RTP-global-001

シリーズは、ノーマル、プラス、プレミアムの3タイプあり、ステインや歯茎ケア、最適な強さとモードを自動設定してくれるなど、機能で選ぶことができます。初心者でも歯ブラシの方が勝手に考えてくれるので安心ですね。また、唾液を活用した“音波水流”を口内に発生させ、毛先の届きにくい歯の隙間や奥歯の歯垢までしっかり除去する機能は、3タイプすべてに搭載されています。

「歯茎のケアが痛みなしにできるので気にいっています」というPR担当の染川さん。歯茎までやさしく磨けるのはうれしいポイント。見た目もシンプルなので、どんな洗面台にもあいそうです。唾液の減少による菌の増殖など、思わぬ夏バテの症状を知りましたが、口臭だけでなく、オーラルケアは健康の基本なので、これからしっかりケアしようと思います。

口まわり、結構見られています

自分では気づきにくい口臭。あなたの「オーラルマナー」は大丈夫?

自分では気づきにくく、指摘してくれる人がいないのも口臭の特徴。だからこそ、意識してケアすることが大切なのです。

https://www.mylohas.net/2018/05/167683.html?test201808

歯と口の健康に。ナチュラルなオーラルケアアイテム5つ

歯と口の健康を整えるために使いたいナチュラルなオーラルケアアイテム。成分はもちろん、パッケージデザインにもこだわっているブランドを厳選して集めました...

https://www.mylohas.net/2018/07/171065natural_oralcare.html?test201808

[フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ]

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由