1. Home
  2. EAT
  3. 華やかでおいしい夏野菜の刺身。別名「ベジ刺身」

華やかでおいしい夏野菜の刺身。別名「ベジ刺身」

2,423

知恵子

暑くて火を使う料理を避けたくなったら、ぜひ試したいのが「ベジ刺身」。あっさりさっぱりと食べられて、夏にうれしい一品です。

夏の野菜はやわらかくて食べやすい

1807_vegisashimi_TOPA

ベジ刺身をご紹介してくれるのは、伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフの鈴木理繪さん。鈴木さんによると、夏の野菜は水分をたっぷり含んでいるので、やわらかくて食べやすいし、春の野菜に比べると甘みが多くておいしいのだとか。

さらに、「色の配置や切り方の工夫で、野菜はとっても豪華なごちそうになります」とのこと。たしかに、ホームパーティーでも主役になれそうな華やかさです。

美しく盛れる野菜の切り方

鈴木シェフ直伝の「美しく盛れる野菜の切り方」を「FOODIE」より紹介します。

野菜の刺身の切り方(左手前から時計回りに)

1807_vegisashimi_sashimi

・野辺地の葉付きサラダ小かぶ
茎をつけたまま皮ごと3~4mmにスライスする。厚みの中央に1本切り目(隠し包丁)を入れると食べやすくなる。葉の部分もやわらかくておいしいので、大葉のかわりに仕切りに使うとよい。

・すずかぼちゃ
皮も種もわたも食べられるので、皮つきのまま丸ごと縦にスライスする。

・丸ズッキーニ
横にスライスして切り目を入れ、レモンのように蝶々の形に盛る。

・水なす
食べやすい大きさに乱切りにする。

・サラダビーツ(キオッジャともいう)
紅白の渦巻きが見えるように横にスライスする。

・UFOズッキーニ
花形になるように横にスライスして、さらに半分に切る。

・ズッキーニ
ピーラーで縦にスライスしてひらひらと盛り付ける。

(「FOODIE」より引用)

ベジ刺身の盛り付け方のコツは、主役の野菜を決めること。あとはその主役の野菜たちを引き立てるように、スプラウトや大根のつまを上手に使えばよいそうです。サラダビーツや、すずかぼちゃの色彩がほどよく引き立てられているし、ひらひらしたズッキーニの可憐さにもキュンときますね。

ベジ刺身をもっとおいしくするタレ

見た目だけではなく、選ばれた食材にも驚きが。たとえば、水なす。浅漬けではなく、生でも食べられるのですね。それに、すずかぼちゃは皮も種もわたも食べられるとは。なんて便利な食材なのでしょうか。

食べるのがもったいないような美しいベジ刺身ですが、わさび醤油や、めんつゆにオリーブオイルを混ぜたタレで食べるのがおすすめのよう。「刺身」感はなくなりますが、バーニャカウダソースでもおいしそう。 また、彩り野菜を千切りして冷やし中華に乗せたり、角切りにしてコブサラダにすれば、いつものメニューがより美しく仕上がります。生野菜は切り方ひとつで風味も見た目も変化するから、いろんな切り方にチャンレンジしたいものです。

FOODIE

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら