1. Home
  2. EAT
  3. 西日本式うなぎも美味しい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

西日本式うなぎも美味しい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

7,588

Y6pv4

ZARIe

【7月15日】ブランチ:ミルクティだけ飲んで、ワールドカップ3位決定戦(録画)を観たら、イングランドが元気な動きになっていた。でもやっぱり、ベルギーが勝った。11時に食事開始。梅干しおにぎり、きゅうりのぬか漬け、だし巻き卵、ズッケッタのサワークリーム、ズッキーニ麺(ズッキーニをピーラーでスライス。それを素麺にみたてて食べてみた。これいい。これ美味しい)。

LuL6x

「音楽の日」の録画後半を観る。やっと出ました初代「イカ天キング」のFRYING KIDS。「風の吹き抜ける場所」のVIDEO CLIPも紹介された。当然だけど、浜ちゃん、若い! 演奏、歌唱共に、今もいいじゃん、と思いました。スイカを食べました。暑いので、外には出ません。自分に優しい性格なので。

nckgG

夜ごはん:ぬか漬け(きゅうりと水ナス)。

Y6pv4

ワカメの酢の物、ポテトサラダ。味噌汁(ネギとミョウガ)、ご飯。昨日実家から送られてきたウナギの蒲焼(いつも送ってもらっている宮崎県西都市「入船」の蒸さずに焼いた蒲焼)。蒸してふっくら食感のうなぎも美味しいけど、かっちり歯ごたえを感じる西日本式うなぎも美味しい。食べきれず、残す。明日また食べよう。

yCbbv

フランス vs クロアチアの優勝決定戦は0:00 キックオフ。食後の2時間をストレッチしたり、カルヴァドスを飲んだりして過ごす。クロアチアの戦い方も素晴らしかったが、結局フランスが4:2で勝利。喜びの涙が止まらないグリーズマン(フランス)。ただ呆然と立ち尽くすモドリッチ(クロアチア)。勝負は過酷です。

c5fH1

tz2mD

2006年のワールドカップ。日本対クロアチア戦は、ドイツのニュールンベルグで。日本は負けてしまったのだが、町中を埋め尽くすクロアチアサポーターのパワーのもの凄さに試合前から負けを予感していた私。2枚目の写真中央にサムライブルー姿の私がいます。(ちっちゃい!)

eYIgP

h26Hu

しつこいようですが、2004年、ポルトガルで開催されたUEFA欧州選手権。リスボンの街角で、クロアチアのサポーター、フランスのサポーターを撮影。この時、優勝したのはギリシャでした。フランスにもクロアチアにも縁があるなあ、と思い、なんだか感無量です。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

こぐれひでこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン