1. Home
  2. PRESENT
  3. 洗浄力抜群なのに肌しっとり。“美容液”のようなスキンケアソープ【プレゼント】

洗浄力抜群なのに肌しっとり。“美容液”のようなスキンケアソープ【プレゼント】

17,576

知恵子

オリーブオイル80%、植物素材100%を使用。敏感肌の人にも愛される、まるで美容液のようなスキンケアソープがあります。それが、ガミラシークレットの石けんです。

肌のバランスを整える石けん

640_480_gamila_02

ガミラシークレットの石けんはイスラエルのガリラヤ地方に住むガミラさんが、土地に代々伝わる植物の特性をもとに、約30年にわたる試行錯誤を重ねて独学で得た知識を集結し完成させたものです。10年前に確立したレシピは、限られた者しか触れることができず、今も大切にスイス銀行の金庫に眠っているとか。そんなガミラシークレットの石けんについて、「最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと」とガミラさんは言います。

では単なる石けんとどこが違うのでしょうか。それは汚れを落とすためだけではなく、「肌のバランスを整える」という考え方で作られているところです。肌を清潔にするのはもちろんのこと、水分と油分のバランスを整え、本来あるべき健康的で美しい肌へと導いてくれるから、肌質、男女、年齢を問わず、肌に悩みを抱える人でも使えるのです。

植物の美容成分を凝縮

640_480_gamila_01

はじめはガミラさんの自宅で手づくりされ、配られていたガミラシークレットの石けんですが、いまでは世界中で愛されるブランドへと成長し、フェイスオイルやフットバーム、ハンドクリームなども作られています。そして気になる石けんには、「ガミラシークレット オリジナル」をはじめ、「ガミラシークレット スペアミント」「ガミラシークレット ラベンダー」「ガミラシークレット ローズマリー」「ガミラシークレット ゼラニウム」などのラインナップが。

なかでも英国にて売上げの第1位を誇っているのが、「ガミラシークレット ゼラニウム」。エッセンシャルオイルの主産地であるモロッコ産のローズゼラニウムを使用しています。ゼラニウムといえば、香りと作用の両面から女性に役立つ働きがあるといわれていて、精神面では不安定な心を鎮め穏やかな状態に導き、美容面では皮脂に対するはたらきに優れるといわれています。不安定になりがちな季節の変わり目も、心と身体の両面から癒されそうですね。

ガミラシークレットの生みの親であるガミラ・ジアーが、2018年8月20日に78歳のお誕生日を迎えるそう。そのお誕生日をお祝いすべく、8月1日~8月20日にInstagramプレゼントキャンペーンが実施されています。詳しくはガミラシークレットHPでご確認を。

この「ガミラシークレット ゼラニウム」を使って、安らぎのひとときを過ごしてみませんか? 今回は、「ガミラシークレット ゼラニウム」を2名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:2名様
  • 応募締め切り:2018年8月26日(日)
  • 当選発表:2018年8月27日(月)
  • プレゼント提供:株式会社 シービック

【商品詳細】

  • 商品名:ガミラシークレット ゼラニウム
  • 内容量:約115g
  • 価格:2,300円(税抜)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー