1. Home
  2. PRESENT
  3. 洗浄力抜群なのに肌しっとり。“美容液”のようなスキンケアソープ【プレゼント】

洗浄力抜群なのに肌しっとり。“美容液”のようなスキンケアソープ【プレゼント】

17,535

オリーブオイル80%、植物素材100%を使用。敏感肌の人にも愛される、まるで美容液のようなスキンケアソープがあります。それが、ガミラシークレットの石けんです。

肌のバランスを整える石けん

640_480_gamila_02

ガミラシークレットの石けんはイスラエルのガリラヤ地方に住むガミラさんが、土地に代々伝わる植物の特性をもとに、約30年にわたる試行錯誤を重ねて独学で得た知識を集結し完成させたものです。10年前に確立したレシピは、限られた者しか触れることができず、今も大切にスイス銀行の金庫に眠っているとか。そんなガミラシークレットの石けんについて、「最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと」とガミラさんは言います。

では単なる石けんとどこが違うのでしょうか。それは汚れを落とすためだけではなく、「肌のバランスを整える」という考え方で作られているところです。肌を清潔にするのはもちろんのこと、水分と油分のバランスを整え、本来あるべき健康的で美しい肌へと導いてくれるから、肌質、男女、年齢を問わず、肌に悩みを抱える人でも使えるのです。

植物の美容成分を凝縮

640_480_gamila_01

はじめはガミラさんの自宅で手づくりされ、配られていたガミラシークレットの石けんですが、いまでは世界中で愛されるブランドへと成長し、フェイスオイルやフットバーム、ハンドクリームなども作られています。そして気になる石けんには、「ガミラシークレット オリジナル」をはじめ、「ガミラシークレット スペアミント」「ガミラシークレット ラベンダー」「ガミラシークレット ローズマリー」「ガミラシークレット ゼラニウム」などのラインナップが。

なかでも英国にて売上げの第1位を誇っているのが、「ガミラシークレット ゼラニウム」。エッセンシャルオイルの主産地であるモロッコ産のローズゼラニウムを使用しています。ゼラニウムといえば、香りと作用の両面から女性に役立つ働きがあるといわれていて、精神面では不安定な心を鎮め穏やかな状態に導き、美容面では皮脂に対するはたらきに優れるといわれています。不安定になりがちな季節の変わり目も、心と身体の両面から癒されそうですね。

ガミラシークレットの生みの親であるガミラ・ジアーが、2018年8月20日に78歳のお誕生日を迎えるそう。そのお誕生日をお祝いすべく、8月1日~8月20日にInstagramプレゼントキャンペーンが実施されています。詳しくはガミラシークレットHPでご確認を。

この「ガミラシークレット ゼラニウム」を使って、安らぎのひとときを過ごしてみませんか? 今回は、「ガミラシークレット ゼラニウム」を2名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:2名様
  • 応募締め切り:2018年8月26日(日)
  • 当選発表:2018年8月27日(月)
  • プレゼント提供:株式会社 シービック

【商品詳細】

  • 商品名:ガミラシークレット ゼラニウム
  • 内容量:約115g
  • 価格:2,300円(税抜)

↓応募はこちら↓

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン