1. Home
  2. MIND
  3. 脳腫瘍から回復した女優、マリア・メノウノスから学ぶ「健康に生きる心得5」

脳腫瘍から回復した女優、マリア・メノウノスから学ぶ「健康に生きる心得5」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,214

201807311134

2017年4月、想像を絶することが起きてマリア・メノウノスの人生は一変しました。MRI検査によって髄膜腫という良性脳腫瘍と診断されたのです。当時、情報番組『E!』の司会を務めていたメノウノスは、心も体もぎりぎりな状態の多忙な日々をおくっていました。「来る日も来る日も最大のストレスにさらされていたんです」とメノウノスは語りました。しかし脳腫瘍と診断されてからはペースを落とし、「前よりも落ち着いて、断然幸せになりました」とのこと。

いっぽうでメノウノスは世間から姿を消すことはなく、ポッドキャスト「Conversations With Maria」やラジオ番組「SirusXM」のほか、最近では「Rally Health」のアンバサダーとしての仕事をかけもちし、健康とヘルスケアについての啓蒙活動を行っています。その仕事ぶりは、多くの人にしてみると相変わらずめまぐるしいスピードに思えるかもしれませんが、メノウノス自身にとっては診断前にくらべてはるかに管理しやすい状態にあり、このペースをキープしていこうとしています。

自分の体験から得られたマインドフルな考え方に、今は気持ちを集中させています。昔の習慣に戻ってしまうのはとてもたやすいことなので」と語るメノウノス。今この瞬間を意識して、バランスのとれたゆったりした生活を送る方法を見つけるにはどうしたらいいのか、「Rally on the Road」サマーツアー中のマリア・メノウノスにうかがいました。

1. 自分の身体の声に耳をかたむけよう

今さら常識じゃない? と思うかもしれません。でも、PCやスマホなどのスクリーンに囲まれて忙しなく一日を過ごしていると、自分の状態を心の中で確認することをすぐに忘れてしまいます。「身体がノイズを発しているときは、それを気遣わなくてはダメ」とメノウノスは強く訴えています。「身体が昼寝を必要としているなら、昼寝をする。朝、疲れていると感じたなら、長めに睡眠をとる。自分の身体が必要としていること、伝えようとしていることに耳をかたむけるようにしています」。またメノウノスは、瞑想や自然の中を探索するなどのセルフケアも楽しんで行っているそうです。

2. もっとがんばるのではなく、もっとかしこく働こう

今の世の中は忙しいことを美化しているようです。病気になる前のメノウノスもこうした風潮の犠牲になったといえるでしょう。「怒涛のような日々でした」と彼女自身も認めています。「ワーカホリックでいることを誇りに思っていたけれど、仕事がすべてではないんです」。今では効率的に働くように心がけているメノウノス。充実した毎日を送るとともに、休日には友人や家族と楽しく過ごしています。

3. 後手後手にならないで、先手を打つ

「友人や愛する人、自分自身に関する(不幸な)連絡を受けるのは嫌なので、好きな人たちとは一緒に時間を過ごしたいと思いました」とメノウノス。今この瞬間——あなたの目の前にいる人たち、自分が体験していること——こそが人生です。メノウノスは自分に対するサポートに深く感謝するとともに、先手を打つことは健康に対して意識を高めることだとも話しています。「人々は医者にかかることを怖がったり、病院の予約を延期したりします。でも今の私は自分の心身と健康を一番にケアすることがどんなに大切かを知っているんです」。

この話の教訓:医者の予約を先延ばしにするのはやめること!

4. 80/20ルールについて知ろう

1

カロリー計算や厳しい食事制限のダイエットは過去のもの。メノウノスがすすめるのは80/20ルール。これは、食事の80%は体によいヘルシーで栄養のあるバランスのとれたものを、残りの20%はそれほどヘルシーではないけど好きなものを食べるというもの。「楽しみたいけれども、20%を帳消しにするためにできる限りヘルシーな食事をしています」

5. 友人と一緒にワークアウトをしよう

2

「人との付き合いのなかにワークアウトを混ぜたり、ワークアウトのように感じないことをしたりするのが好き」とメノウノス。汗をかきながら、笑って楽しく過ごすために、定期的に友人を誘って公園でピックルボールをしているそうです。なんといっても笑うことは最良の薬ですよね? 「精神面でも感情面でも、笑うことは健康にとってすばらしいですね!」とメノウノスも再確認しています。

身体的にも精神的にも、健康になりたい!という方はこちらも

おしゃべりする腸と脳。メンタルや健康を変える10か条

脳と腸はおしゃべりしている!? 感情と腸内環境の関係は? 知られざる腸内微生物の栄養って? カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の教授で胃腸...

https://mylohas.net/2018/07/166057intestines_brain.html?test201808

早くこの心を落ち着かせたい。専門家が認める不安への対処法8つ

私たちは生活のなかで、すくなからず不安を感じるもの。落ち着きを取り戻すために専門家も認める自然の対処法8件をご紹介。

https://mylohas.net/2018/07/170780anxiety.html?test201808

Kara Ladd/5 Wellness Tips Maria Menounos Learned After a Terrifying Diagnosis
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン