1. Home
  2. MIND
  3. 「がんばっても報われない」悩みから解放されるヒント

「がんばっても報われない」悩みから解放されるヒント

運命を変えるマインド革命

4,876

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。多くの女性の悩みに接していると、ある共通点があることに気づかされます。それは、「頑張っても報われないのはなぜ」という疑問を抱いていること。

20180730_mind

実は、努力しても報われるか報われないか、努力以上の評価をもらえるかどうかは、「努力したそのもの」ではなく、「無意識レベルで自分のことをどう捉えているか?」という視点、セルフイメージによって、差ができてしまうんですね。

今回は、こうした「報われない努力」を終わりにして、簡単に最小限の努力で報われる方法をお伝えしていきたいと思います。

頑張ったことに、疑問を抱かなくていい

たとえば、自分が頑張ったとします。でも、結果が出ない。どうして?こんなにやってるのに……。しかも、客観的に捉えて、「どう考えてもあの人よりも頑張ってるよね?」ということってありますよね。

そして、ここで「でも、あの人は自分が見えないところでさらに頑張っているから」とか、「でも、きっと私の努力がまだ足りていないんだ」とか、理由をつけてしまうことがあります。実際に、「あなたが見えていないところで相手は努力しているのだから」ということを指摘する方もいらっしゃいますよね。

でも、これは私から見れば100%間違いなんです。

なぜなら、「あの人が陰で努力している以上に、あなたは努力している」し、「実際に、結果を出していいはずのことをしている」ことがほとんどだからなんです。だからこういった時に、理由をつけて「やっぱり私はだめで当然なんだ」なんて、納得しないでいいんです。

じゃあどうすればいい?それは「自尊心」を持つこと

ここで問題の核になるのが、自尊心の有無です。 つまり、自分が現実にしている努力や、実際の成果とはまったく「別」に、

「自分が自分の存在を大切に思っているかどうか」

「自分が生きていることを心から大切に思っているか」

といった、「自分が生きているということに対する自尊心」があるかどうかで、結果が変わるということなんです。

私は生きていていい人間だし、私は大切な存在なんだ。そう思えていたとしたら、そのうえで何をやったとしても、それは「プラスの積み重ね」になります。

たとえば、

私は生きていていい存在だ+今日これだけ頑張った

生きていていい存在だという安心感がある上で、これだけ頑張れた!という努力を積み重ねられたとしたら、それがそのままプラスのポイントとしてたまっていくんですね。

でも、反対に、

私は本当に生きていていいなんて思えない+これだけ頑張った

この公式だと、「生きていていいなんて思えないよ」という自分の存在に対するネガティブな想いがありすぎるため、そのうえで何をしたとしても、すべてがマイナスになってしまうのです。

つまり、ブラックホールにすべてが飲み込まれるように、「努力」も「自分磨き」も、すべてがマイナスにしかならないか、マイナスではなくても、ちょっとしか成果が出なかったり、現状維持だったり……ということが起きてしまうのです。

ハードルを下げて、もっと自分が生きていることを愛して。

自尊心を上げるためには、今まで自分に課していたハードルをすべて取り払い、「生きているだけで大変なのにありがとうね、よく頑張ったね」と、「自分の命そのもの」に感謝するようにしてみてください。

そして、「今まで頑張っていたのに、私が勝手にあなたの努力を認めないでハードルを上げて、痛めつけてしまってゴメンね」と、自分に謝罪することも大切です。

あなたが思っている以上に、あなたは頑張って生きています。辛いときも、懸命にやってきたはず。その涙をないがしろにせずに、「よくやったね」と努力も気持ちも心から尊重してあげること。

この気持ちを向けることが自己愛であり、こうした本当の自分への愛とねぎらいを持つことで、あなたの自己イメージは上がり、今までしてきた努力もきちんとあなたの命に根付いたものになっていくんですね。

こうして、大切なことは自分を変えることよりも、「生きている」というところまでハードルを下げて、自分を愛し慈しむということ。

あなたの命はもう報われていい。そのことをしっかりと感じてみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由