1. Home
  2. MIND
  3. 「がんばっても報われない」悩みから解放されるヒント

「がんばっても報われない」悩みから解放されるヒント

運命を変えるマインド革命

5,500

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。多くの女性の悩みに接していると、ある共通点があることに気づかされます。それは、「頑張っても報われないのはなぜ」という疑問を抱いていること。

20180730_mind

実は、努力しても報われるか報われないか、努力以上の評価をもらえるかどうかは、「努力したそのもの」ではなく、「無意識レベルで自分のことをどう捉えているか?」という視点、セルフイメージによって、差ができてしまうんですね。

今回は、こうした「報われない努力」を終わりにして、簡単に最小限の努力で報われる方法をお伝えしていきたいと思います。

頑張ったことに、疑問を抱かなくていい

たとえば、自分が頑張ったとします。でも、結果が出ない。どうして?こんなにやってるのに……。しかも、客観的に捉えて、「どう考えてもあの人よりも頑張ってるよね?」ということってありますよね。

そして、ここで「でも、あの人は自分が見えないところでさらに頑張っているから」とか、「でも、きっと私の努力がまだ足りていないんだ」とか、理由をつけてしまうことがあります。実際に、「あなたが見えていないところで相手は努力しているのだから」ということを指摘する方もいらっしゃいますよね。

でも、これは私から見れば100%間違いなんです。

なぜなら、「あの人が陰で努力している以上に、あなたは努力している」し、「実際に、結果を出していいはずのことをしている」ことがほとんどだからなんです。だからこういった時に、理由をつけて「やっぱり私はだめで当然なんだ」なんて、納得しないでいいんです。

じゃあどうすればいい?それは「自尊心」を持つこと

ここで問題の核になるのが、自尊心の有無です。 つまり、自分が現実にしている努力や、実際の成果とはまったく「別」に、

「自分が自分の存在を大切に思っているかどうか」

「自分が生きていることを心から大切に思っているか」

といった、「自分が生きているということに対する自尊心」があるかどうかで、結果が変わるということなんです。

私は生きていていい人間だし、私は大切な存在なんだ。そう思えていたとしたら、そのうえで何をやったとしても、それは「プラスの積み重ね」になります。

たとえば、

私は生きていていい存在だ+今日これだけ頑張った

生きていていい存在だという安心感がある上で、これだけ頑張れた!という努力を積み重ねられたとしたら、それがそのままプラスのポイントとしてたまっていくんですね。

でも、反対に、

私は本当に生きていていいなんて思えない+これだけ頑張った

この公式だと、「生きていていいなんて思えないよ」という自分の存在に対するネガティブな想いがありすぎるため、そのうえで何をしたとしても、すべてがマイナスになってしまうのです。

つまり、ブラックホールにすべてが飲み込まれるように、「努力」も「自分磨き」も、すべてがマイナスにしかならないか、マイナスではなくても、ちょっとしか成果が出なかったり、現状維持だったり……ということが起きてしまうのです。

ハードルを下げて、もっと自分が生きていることを愛して。

自尊心を上げるためには、今まで自分に課していたハードルをすべて取り払い、「生きているだけで大変なのにありがとうね、よく頑張ったね」と、「自分の命そのもの」に感謝するようにしてみてください。

そして、「今まで頑張っていたのに、私が勝手にあなたの努力を認めないでハードルを上げて、痛めつけてしまってゴメンね」と、自分に謝罪することも大切です。

あなたが思っている以上に、あなたは頑張って生きています。辛いときも、懸命にやってきたはず。その涙をないがしろにせずに、「よくやったね」と努力も気持ちも心から尊重してあげること。

この気持ちを向けることが自己愛であり、こうした本当の自分への愛とねぎらいを持つことで、あなたの自己イメージは上がり、今までしてきた努力もきちんとあなたの命に根付いたものになっていくんですね。

こうして、大切なことは自分を変えることよりも、「生きている」というところまでハードルを下げて、自分を愛し慈しむということ。

あなたの命はもう報われていい。そのことをしっかりと感じてみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら