1. Home
  2. BODY
  3. 生理中のセックスでも妊娠するの? 知っておきたい体のこと

生理中のセックスでも妊娠するの? 知っておきたい体のこと

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,159

生理中にセックスをすることにやや抵抗がある人も、多くの男性は生理中のセックスにハマっていると聞けば、安心するかもしれませんね。その理由のひとつには、避妊をしなくても大丈夫だと思っている人がいるからですが、でもちょっと待って。それは正しくありません! 生理だからといってコンドームを使うのをやめる前に、生理中でも妊娠の可能性があることについて理解しておきましょう。さっそく産婦人科医に聞いてみました。

Pregnant

生理周期とは?

生理中に妊娠するかどうかを知る最初のステップは、自分の生理周期を理解すること。ただし、これはちょっと複雑です。ほとんどの女性の生理周期は大体28日間ですが、いつもそうとは限らないし、月によって変化することも。

この(平均的な)28日間の周期は、月経(生理)からはじまる、いくつかの期間に分けられます。生理が来た日を第1日目とカウントします。月経はおよそ7日間ほど続いた後、体が準備を整えて卵胞を発達させます。月経から排卵までを卵胞期といいます。

体が受精を目的として卵子を放出させると排卵期となり、その後に黄体期があります。卵子が受精すれば、そのまま妊娠ということになりますが、受精しなかった場合は、いつものように子宮の内膜が剥がれ落ち、生理が始まります。このサイクルが繰り返されるのです。

排卵が起きてから妊娠せずに生理が始まるまでの期間は14日間です。卵胞期と呼ばれる卵子の準備期間は、人によってばらつきがあります」と説明するのは、イェール大学医学大学院産婦人科教授のメアリー・ジェーン・ミンキン医師です。

生理中でも妊娠するの?

生理であろうがなかろうが、セックスをすればいつでも赤ちゃんができる可能性はあります。ただし排卵の最中に性行為を行えば、妊娠の可能性が高くなりますが、生理中の性行為で妊娠する可能性は、生理周期がかなり短い人でない限りは非常に低いです。

「生理の最終日にセックスをすると、精子はしばらく体内に留まります」とミンキン医師。「生理中に排卵が起こることは滅多にないのですが、生理の最終日に精子を体内に取り込み、生理周期のかなり早い時期、月経後4〜5日で排卵が起きると、卵子が受精する可能性があり、そうなれば結果的に妊娠します

ミンキン医師いわく、ほとんどの人は短い生理周期ではないし、卵子が受精するにも通常は時間がかかるので、そうしたことは頻繁に起こることではないのですが、それでも可能性はある、とのこと。だからこそ、生理中に妊娠するリスクがあるかどうか、最も受精しやすいのはいつなのかを知るには、排卵の時期を知ることが重要になってきます。

「一般的に、生理が23日周期なら、おそらく9日目くらいに排卵があります。33日周期であれば、排卵があるのは19日目です」とミンキン医師。排卵期は12〜48時間ですが、精子は体内で4〜5日は生存できるので、最大7日以上は受精することが可能な期間となります。これは実際にはかなり幅広い期間だとミンキン医師は指摘しています。

妊娠を避けるにはどうしたらいいの?

妊娠しないようにしているなら、ピルやコンドームなど、常に避妊手段をとるようにしましょう、とミンキン医師。膣洗浄や膣外射精といった、あくまで噂にすぎない予防措置に頼ってはダメ。なぜなら、これらは効果がないからです。

「あなたを妊娠させるかもしれない精子は、射精後にただちに体内に入りこんでしまうのが問題です。子宮頸にとどまるのも20分以内なので、性行為の1〜2時間後に膣洗浄をしても妊娠を防ぐことはできません。膣外射精に関しても、精液の最初の1滴にさえもかなりの数の精子が含まれいます。何百万もの精子が集まっているわけです。したがって、すぐに引き抜いたとしても(よく知られているように)1〜2滴の精液だけでもじゅうぶん妊娠可能なのです」

したがって妊娠したくないなら、自分を守る唯一確実な方法はセックスをしないことしかありません。それ以外では常に妊娠の可能性があるため、かしこく安全に避妊をすることが大切なのです。

Tehrene Firman/Can You Get Pregnant on Your Period? Here's Everything You Need to Know

訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    生理中のセックスでも妊娠するの? 知っておきたい体のこと

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More