1. Home
  2. EAT
  3. 筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,523

胃腸の不調に効くといわれる生姜。どこでも買える食材としても人気ですが、それは本当に効果があるから。

『Critical Reviews in Food Science and Nutrition』誌のレビュー論文によれば、生姜は胃のむかつきや吐き気を効果的に抑えてくれるとのこと。多くの研究で同じような結果が報告されています。でも、胃腸のトラブル対策以外にも、生姜には多くの効能があるのです。

胃腸のトラブル対策以外にもある生姜の効能とは?

Ginger

「生姜に多く含まれる抗酸化物質は、病気を引き起こす炎症を予防する効果があり、心身の健康に役立ちます」と言うのは、『Flat Belly Cookbook for Dummies』の著者で、管理栄養士のダラ・ギダス・コリンウッドさん。さらに、非常に低カロリー(生姜スライス約10cmで、たったの9キロカロリー!)なので、ピリッと辛い風味を活かして、いろいろな料理で楽しめます。

そこで、今回は生姜の健康への効能5つをご紹介します。これを知れば、生姜をもっと食生活に取り入れてみたくなるかもしれません。

1. 筋肉痛の緩和

タートチェリーと同様に、「生姜には運動による筋肉痛を和らげる効果があります。抗炎症成分を含むからでしょう」とコリンウッドさん。『Phytotherapy Research』誌の2015年の研究によれば、生姜のサプリメント4gを5日間飲んだ人は、プラシーボを飲んだ人に比べて、激しい運動をした後に筋肉痛が出るのが遅かったそうです。この結果から、激しいトレーニング後の筋肉疲労の回復に、生姜が効いた可能性があると、研究者は指摘しています。

2. 心臓病の予防

『Nutrition』誌の2017年の研究では、食事に生姜4g(小さじ1~2)を加えることで、高血圧のリスクが8%、冠状動脈性心疾患のリスクが13%低下した、という結果が出ています。研究者たちは、生姜がACE阻害薬のような効果を発揮し、血圧の低下を促したのではないかと推測しています。また、生姜に多く含まれるポリフェノールには、抗酸化作用があり、心臓病を予防すると言われています。

3. 肥満の予防

アメリカの疾病予防管理センターによると、アメリカ人の35%以上が肥満と言われています。肥満は、心臓病や2型糖尿病などの発症リスクを高めます。魔法のように効くと言われるダイエットピルとは違いますが、2017年に発表されたレビュー論文によれば、生姜には空腹を抑え、カロリー消費を高める効果があるため、ダイエットにも役立つのだとか。

4. 糖尿病の予防

肥満と同様、2型糖尿病患者も増えています。米国糖尿病学会によると、アメリカの人口の約9.4%、3千万人以上が2型糖尿病を患っています。『Annals of the New York Academy of Sciences』誌で2017年に発表されたレビュー論文によれば、生姜はインスリン抵抗性を高め、糖尿病予備軍の予防になるとのことです。

5. 生理痛の緩和

米国産科婦人科学会によると、女性の半数以上が、生理中1~2日間は痛みを感じています。月経困難症(生理痛)は、生理による不調で最も多く報告される症状。対策は、生姜粉末のサプリメント250mgを飲むこと。『The Journal of Alternative and Complementary Medicine』誌に掲載された2009年の研究によると、イブプロフェンと同じくらい生理痛に効果があるのだそう。

Maria Masters/ 5 Health Benefits of Ginger Plus, delicious ginger recipes you'll want to make every week.

訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 寒い日のヨガレッスンに。足元を温めながらリラックスできるレッグウェア

    10. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    4. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    9. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

    FBからも最新情報をお届けします。