1. Home
  2. EAT
  3. 筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,630

胃腸の不調に効くといわれる生姜。どこでも買える食材としても人気ですが、それは本当に効果があるから。

『Critical Reviews in Food Science and Nutrition』誌のレビュー論文によれば、生姜は胃のむかつきや吐き気を効果的に抑えてくれるとのこと。多くの研究で同じような結果が報告されています。でも、胃腸のトラブル対策以外にも、生姜には多くの効能があるのです。

胃腸のトラブル対策以外にもある生姜の効能とは?

Ginger

「生姜に多く含まれる抗酸化物質は、病気を引き起こす炎症を予防する効果があり、心身の健康に役立ちます」と言うのは、『Flat Belly Cookbook for Dummies』の著者で、管理栄養士のダラ・ギダス・コリンウッドさん。さらに、非常に低カロリー(生姜スライス約10cmで、たったの9キロカロリー!)なので、ピリッと辛い風味を活かして、いろいろな料理で楽しめます。

そこで、今回は生姜の健康への効能5つをご紹介します。これを知れば、生姜をもっと食生活に取り入れてみたくなるかもしれません。

1. 筋肉痛の緩和

タートチェリーと同様に、「生姜には運動による筋肉痛を和らげる効果があります。抗炎症成分を含むからでしょう」とコリンウッドさん。『Phytotherapy Research』誌の2015年の研究によれば、生姜のサプリメント4gを5日間飲んだ人は、プラシーボを飲んだ人に比べて、激しい運動をした後に筋肉痛が出るのが遅かったそうです。この結果から、激しいトレーニング後の筋肉疲労の回復に、生姜が効いた可能性があると、研究者は指摘しています。

2. 心臓病の予防

『Nutrition』誌の2017年の研究では、食事に生姜4g(小さじ1~2)を加えることで、高血圧のリスクが8%、冠状動脈性心疾患のリスクが13%低下した、という結果が出ています。研究者たちは、生姜がACE阻害薬のような効果を発揮し、血圧の低下を促したのではないかと推測しています。また、生姜に多く含まれるポリフェノールには、抗酸化作用があり、心臓病を予防すると言われています。

3. 肥満の予防

アメリカの疾病予防管理センターによると、アメリカ人の35%以上が肥満と言われています。肥満は、心臓病や2型糖尿病などの発症リスクを高めます。魔法のように効くと言われるダイエットピルとは違いますが、2017年に発表されたレビュー論文によれば、生姜には空腹を抑え、カロリー消費を高める効果があるため、ダイエットにも役立つのだとか。

4. 糖尿病の予防

肥満と同様、2型糖尿病患者も増えています。米国糖尿病学会によると、アメリカの人口の約9.4%、3千万人以上が2型糖尿病を患っています。『Annals of the New York Academy of Sciences』誌で2017年に発表されたレビュー論文によれば、生姜はインスリン抵抗性を高め、糖尿病予備軍の予防になるとのことです。

5. 生理痛の緩和

米国産科婦人科学会によると、女性の半数以上が、生理中1~2日間は痛みを感じています。月経困難症(生理痛)は、生理による不調で最も多く報告される症状。対策は、生姜粉末のサプリメント250mgを飲むこと。『The Journal of Alternative and Complementary Medicine』誌に掲載された2009年の研究によると、イブプロフェンと同じくらい生理痛に効果があるのだそう。

Maria Masters/ 5 Health Benefits of Ginger Plus, delicious ginger recipes you'll want to make every week.

訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    筋肉痛の緩和や肥満予防にも! 胃腸トラブルだけじゃない生姜の効能5つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More