1. Home
  2. HOROSCOPE
  3. マーキュリー占星術
  4. 2018年8月の運勢:獅子座 #マーキュリー占星術

2018年8月の運勢:獅子座 #マーキュリー占星術

9,564

涼月くじら

<獅子座>

171225_kobetsu_happy05

image via shutterstock

8月は獅子座にとって重要な意味を持ちます。

マーキュリーは引き続きホームベースに君臨し、山羊座の冥王星、魚座の海王星と神の手と呼ばれる配置を形成。そこにさらに獅子座の新月&部分日食が加わるため、文字通り何がおきてもおかしくないタイミング。取り巻く顔ぶれが激変する人もいれば、仕事や住まいが一変、人生そのもののスケールが変わってしまう獅子座さえ。

ただ、今期の変化は抗えない形となって訪れることが多いのも特徴。ポリシーのハッキリしたあなたとはいえ、今期の流れはいいことも悪いことも含めすべて運命と考え、受け入れる強さが必要です。大事な友や恋人との別れなど一見悲しい出来事も、すべてはあなたを幸せにするための天の配剤。前向きに対処して。

3日頃は、早合点にご用心。TPO、相手の気持ちなど、きちんと確かめたうえで動くことがトラブルの予防に。

11日は獅子座で新月&部分日食が起きます。この日のあなたにはミラクルパワーが宿る暗示。不可能と思えたことも、きっと可能に。勇気を出して。

マーキュリーが順行に戻る19日以降は、モヤモヤが吹き飛んでスッキリ! ただし、SNSには火種がチラホラと。節度ある発言&活用を。

ラッキーアクション:ストレッチ

特に背筋を伸ばす運動は毎日欠かさずトライ。背筋がシャンと伸びることで、気持ちも運気も前向きになるでしょう。

>>マーキュリー占星術 今月の全体運は?

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析