1. Home
  2. BODY
  3. 51歳のハル・ベリーが明かす、25歳の体型を保つ方法

51歳のハル・ベリーが明かす、25歳の体型を保つ方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,634

MYLOHAS編集部

ハル・ベリーは、毎週金曜日に自身のアンチエイジング・ワークアウトをインスタグラムで公開中。

この数カ月、インスタグラムで自分のワークアウト写真を公開しているハル(ハッシュタグは「#FitnessFriday」)。引き締まった身体を保つために何をしているか、細かく明かしています。驚くほど見事なハルの体型は、「25歳のレベル」と専属トレーナーが『ピープル』誌で語っているほど。

フィットネスとなると、ハルは本気

HalleBerry

でも、ハルのインスタグラムでみんなが大好きなところはワークアウト写真だけじゃなく、写真に添えられた素晴らしいアドバイスです。自信を持つこと、目標を見失わないこと、つらい時を切り抜けることなどについて書いています。それも、信じられないようなヨガのポーズをやってのけて、51歳で完璧な容姿を保ちながら。

それでは、健康で、若々しく、強くあるためのハルの秘訣をご紹介しましょう。

ストレッチを欠かさない

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

年齢とともに、私たちの身体は故障が増えてゆきます。そこでハルは、腕や脚を強く、柔軟に保つためにストレッチをしているそう。写真に添えられたアドバイスによると、「フィットネスはランニングやウェイトリフティング、ボクシングだけではないの。私にとって、健康で強く、元気でいるためには、平静を保つこと、ストレッチ、そして呼吸法も大切。フィットネスプログラムにストレッチを加えれば、筋肉が伸びて柔軟になり、可動性や関節を動かせる範囲が広がるの。それに何よりも、けがをしないようになれるわ

毎日、瞑想する

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

ハルは毎日、瞑想しています。リラックスして頭がスッキリするそう。穏やかなストレッチの後、少なくとも30分は、快適な姿勢で座って、呼吸に集中し、マントラを繰り返すか、頭の中の考えにただ耳を傾けるというのです。「終えると、最高に冴えわたって、平穏な気持ちになるの。みんなも今日、少なくとも10分間、瞑想できたらいいわね。本当よ、考え方が変わりはじめて、人生が変わるでしょう」とハルからのアドバイス。

自分の限界に挑戦する

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

ハルは目下、映画『ジョン・ウィック3』の撮影中。その過程で、新しいテクニックを学び、やりやすいところにとどまらずに外に飛び出す必要があったそう。フォロワーたちにも、武道や護身術のクラスを見つけて、新しい動きを学ぶよう勧めています。「残念だけど、私たちはクレイジーな世界に住んでいる。自分で身を守らなければならない状況になることも。簡単な動きを知っているだけで、自分の命や愛する人の命を救えるの」(ハル)。

やめたくなっても投げ出さない

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

だれもが「もう続けられない」という壁に突き当たることはある。その気持ちを知ってハルは「結果がなかなか出ないときには、続けるエネルギーも湧いてこないし、ホントにやる気がなくなるわ……。でも、簡単にできない、変化が目に見えないといった理由でやめたくなったとしたら、そのときこそ本当の変化が起ころうとしているとき。そこで諦めないことがいちばん大切」。ハルは連続200~500回のなわ飛びがつらかった経験を書いていますが、数キロのランニングでも、スクワットの繰り返しでも同じ。とにかくやり遂げること。もうできない、と思うとき、身体は変わりはじめるのです。

マイナス思考を追い払う

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

不安や不信感、恐れなどの暗い考えにとらわれると、フィットネスに集中できなくなります。そんなとき、自分の内なる力を引き出すためのハルの秘訣は、ヨガの「カラスのポーズ」のように、難しいポーズを取りながら、イヤな問題と正面と向き合うこと。その問題を考え、ネガティブな気持ちを十分に咀嚼したうえで心の中から消すのだそう。「抵抗してもマイナス思考が強くなるだけ。広がるにまかせて、どんどん悪い方へと想像するの。それからそんなネガティブな気持ちに打ち勝つ力があると自分に言い聞かせて、考えうる限り最高の結果を想像していく。そして最後には、健康な身体と強くて健全な精神を感じて、感謝でいっぱいの気持ちになるようにすること」

ワークアウトを楽しむ

Halle Berryさん(@halleberry)がシェアした投稿 -

やりたくないのにしぶしぶジムに行くほどよくないことはありません。例えば、ランニングが嫌なら、水泳やダンスなど、心臓によいほかの運動を試すのです。ハルのように、ボクシングが気に入るかも。とにかく、ハッピーな気分になるワークアウトを見つけることです。ハルのアドバイスは、「ワークアウトがいつも楽しいわけではない。それはだれもがわかっている。でも、私が続けられているのは、ワークアウトをしながら笑い、楽しめるから。実際、泣かないために笑わなければならないようなときもある。特に『ジョン・ウィック』のトレーニング中など、冗談じゃすまない感じだったわ! 遊びの要素を取り入れれば、毎日きっとワークアウトが待ち遠しくなるはず

Jenae Sitzes/ 1580Halle Berry Reveals Exactly How She Has the Body of a 25-Year-Old at 51

訳/ STELLA MEDIX Ltd.

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    3. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    4. 薬の副作用チェックしてますか? 体重が増えやすい種類とは

    5. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    6. 若い人にも関係ある「高血圧・低血圧」。めまい、吐き気を感じたら...

    7. 簡単に効果が出る! 人気のストレッチグッズ5選

    8. 白髪の原因はやっぱりストレスだった! 科学者が解明

    9. 冷蔵庫の常備品に塩麹! 合わせるだけ&栄養たっぷりの鶏レシピ

    10. 保湿だけではNG! プロがやってるハンドケア&推しアイテム3選

    1. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    3. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    4. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    5. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    6. 若い人にも関係ある「高血圧・低血圧」。めまい、吐き気を感じたら...

    7. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    8. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    9. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    5. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    6. ひどい肩こりを自分で治す。コアを使った深いストレッチ

    7. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    10. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ