1. Home
  2. BODY
  3. あなたの疲れがとれない原因はなに? 答えが見つかる10冊

あなたの疲れがとれない原因はなに? 答えが見つかる10冊

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

2,874

片岡理森

20180731_books

image via shutterstock

最近、寝ても疲れがとれない、いつもダルい……そんな悩みをもつ人は、疲労回復の方法を見直す時間が必要かも。科学的根拠や実践経験に基づいた新しい疲労回復のハウツー本をピックアップしました。

話題の疲労回復本10選

毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法

毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法

杉岡充爾(著) / 1,512円(税込)

日本循環器学会専門医による、疲労回復の新常識をまとめた1冊。2010年代以降に発表された世界各国の医療データ・論文を中心に、体を守る「副腎」を消耗させない習慣を伝授してくれます。自己流をやめて、エビデンスにもとづいた回復方法を実践すれば、疲れ知らずの体が手に入るかも。

>>この本が欲しい

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード式 疲れない体

山田知生(著) / 1,620円(税込)

著者は、スタンフォードスポーツ医局に最長期間在籍する、回復の神髄を知るリカバリーのプロ。体をほぐすのでもなく、筋肉を鍛えるのでもなく、体内の圧力を高める。人体のメカニズムにそった、絶対的リカバリーをもたらすコンディショニング・アプローチを伝授します。疲労回復と疲労予防、2つを同時に実現できると話題のメソッドです。

>>この本が欲しい

超疲労回復

超疲労回復

ZEROGYM,松尾伊津香(著)/ 板生研一,駒澤 真人(監修) / 1,598円(税込)

ストレッチに自重トレーニング、瞑想・マインドフルネス、そして脱力……このメニューを順に行えば、脳と体が解きほぐされるのだとか。翌日の寝覚めやコンディションが格段によくなる、疲労回復専用ジム「ZERO GYM」の疲労回復メソッド・プログラムを余すところなく公開した1冊。

>>この本が欲しい

すべての疲労は脳が原因

すべての疲労は脳が原因

梶本修身(著) / 756円(税込)

私たちが日常的に使う「体が疲れている」とは、実は「脳の疲労」なのだそう。疲労のメカニズムを最新のエビデンスをもとに解説。また、有効な疲労対策や、乳酸、活性酸素、紫外線、睡眠との関係なども明らかにし、疲労解消の実践術を教えてくれます。

>>この本が欲しい

疲れを明日に残さないからだリセット

疲れを明日に残さないからだリセット

永井峻(著) / 1,404円(税込)

忙しい人の助けになれるよう、「簡単、早い。なのに効く!」をモットーに作られた本書。腰、目、首、肩という4つのパーツをリセットする具体策を紹介しています。疲れグセという新しい切り口から見えてくる健康のメカニズムと、その超効率的な改善法をマスターすることで、おのずとストレス対応力を高めてくれそう。

>>この本が欲しい

寝てもとれない疲れをとる本

寝てもとれない疲れをとる本

中根 一(著) / 1,458円(税込)

体質や性格が1人ひとり違うように、実は疲れの「溜まり方」も「解消法」も違うのだとか。疲れのタイプの見分け方、そしてそれぞれに効くメソッドを集めた1冊。

>>この本が欲しい

世界のエリートがやっている 最高の休息法

世界のエリートがやっている 最高の休息法

久賀谷亮(著) / 1,620円(税込)

イェール大で学び、精神医療の最前線である米国で18年診療してきた医師が語る科学的に正しい脳の休め方。瞑想が、単なるリラクゼーションメソッドから、「脳科学的に実証された休息法」へと進化します。

>>この本が欲しい

深い疲れをとる自律神経トリートメント

深い疲れをとる自律神経トリートメント

船水隆広(著) / 1,404円(税込)

疲れが慢性的にダラダラ続くなら、自律神経の乱れによる深い疲れが進行しているのかもしれません。年中だるい人に、朝すっきり起きて機嫌よく働くための方法を伝授。緊張と弛緩、動と静のバランスをとること、陰陽を調和させることなど、疲れを体に残さない極意を教えてくれます。

>>この本が欲しい

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた

本間良子(著)/ 本間龍介(監修) / 637円(税込)

「副腎」は、ストレスに対応するホルモン「コルチゾール」を出している大事な器官。副腎が疲労し、適切なコルチゾールの分泌ができなくなると、疲労をはじめ、体にさまざまな不調が出てくるのだそう。日本で唯一の「アドレナル・ファティーグ(腎疲労)外来」の医師が、副腎を健康にするちょっとした習慣を教えてくれます。

>>この本が欲しい

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった

溝口 徹(著) / 907円(税込)

本来、糖質は非常時のエネルギー源ですが、その摂り過ぎが疲れを招いているのだそう。本書では、栄養医学の第一人者が、脳と体をベストコンディションで働かせる食べ物、食べ方を解説しています。

>>この本が欲しい

自分に合った疲労回復方法を見つけることで、日々の疲れを溜め込まず、小出しに解消しながらストレスとうまく付き合っていけそうです。

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?