1. Home
  2. MIND
  3. 人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

3,130

わかりやすく用件を伝えたり、相手の心を動かしたりする「言葉の力」を育てて、日常のコミニュケーションや人間関係をスムーズにしたい! プロが伝授する「言葉の力」を身につけるトレーニングを、cafeglobeの記事からご紹介します。

20180722_words

image via shutterstock

コピーライター・CMプランナーとして活躍し、現在は「言葉の力」を身につけるための講演・企業研修などに取り組んでいる川上徹也さん。著作『1冊のノートが「あなたの言葉」を育てる』によると、「言葉の力」は3つのプロセスを通して木を育てるように鍛えることができるのだとか。

言葉の土台作り「日気ノート」

仕事や日常のコミュニケーションで重要なのは、まず誤解なく正確に相手に伝わるということです。伝えたつもりが正確に伝わっていないのは最も困ります。そして伝わった上で、相手が行動したくなる言葉になっていることも重要です。以上のような目的を実現するためには、できるだけシンプルかつ強い言葉を使っていくことが必要になってきます。

(『1冊のノートが「あなたの言葉」を育てる』18〜19ページより。cafeglobeより引用)

日々の生活のなかで気づいたことを書き記すことは、言葉の種を拾ってまくことに似ています。そうした気づきを記録する「日気ノート」をつけることで、言葉を育てる土台作りができるのだとか。ポイントは、「どんな言葉の木を育てたいのか」を自分のなかで明確にしておくこと

自分の軸を確立する「内幹ノート」

どんな職業でもどんな立場でも、「軸」を明確にして自分の強みを発信することはきわめて重要といえるでしょう。

その「軸」を探すためのノートを「内幹ノート」と名付けた著者は、自分の内なる「軸」を考えるために、自分の「ウリ」を、一言や一行でいえるように書いて模索したといいます。自分を表現する研ぎ澄まされた一行を導き出すために、まず自分の過去をノートに書き出して棚卸し。次に、現在の自分を分析して、自分の強みを導き出したのだとか。この軸は、木で言うと「幹」と言えそうです。

(cafeglobeより引用)

自分の「軸」がはっきりしている人の言葉には、力があると感じませんか? 自分の「軸」を探すためには、まずこれまでの自分を振り返ってみましょう。現在の自分の「軸」が明確になることで、木にたとえると「幹」が育ち、ぶれない言葉を発信することができるようになるのです。

オリジナルのネタを作る「出言ノート」

そのためにまずすべきことは、オリジナルの「ネタ」の数を少しずつでも増やしていくことです。そうすることで「自分の言葉」で語れるようになります。(中略)ゼロからオリジナルの言葉を作ろうとすると、肩に力が入って逆に「自分の言葉」から遠ざかってしまう。もともとは借り物の言葉でいいのです。それを自分の中で咀嚼して消化してから、違う形にしてアウトプットすれば「自分の言葉」になると考えましょう。

(『1冊のノートが「あなたの言葉」を育てる』125〜126ページより引用)

「日気ノート」と「内幹ノート」をつけ、言葉の木が育ってきたら、次は「枝葉」を作ってアウトプットに生かす。「日気ノート」の蓄積をベースに、オリジナルのネタに変換するための「出言ノート」を書いていくのです。

ノートを活用して「自分の言葉」を大きく育てるコツ、なんとなくつかめてきましたか? 毎日コツコツ積み重ねれば、やがて大きな実りに。さっそく、お気に入りのノートを広げてトライしてみてください。

cafeglobe

横田ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More