1. Home
  2. BODY
  3. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

テレビドラマや映画でよく見かける「心臓発作のシーン」。たいていはレストランやスポーツ観戦など公共の場で、誰かが突然息苦しそうに胸を押さえ、身体を震わせて倒れる......。なんともショッキングで怖いシーンですが、物語は続きます。

CardiacArrest

しかし、現実でもこのようなことは確かに起きていて、すばやく対応しないと命取りに。どうすればよいか知っていれば、誰かの命を救えるかもしれません。ただ問題は、倒れた人が「心臓発作」を起こしているのか、あるいは突然の「心停止」なのかで、状況が一変すること。この2つを見分けられる人は多くありません。

「いわゆる心臓発作(heart attack)と心停止(cardiac arrest)は、よく同じ意味で使われますが、全く別の症状です」とニューヨーク・プレスビテリアン病院の心臓専門指導医でロナルド・O・ペレルマン心臓研究所の教育・アウトリーチ主任を務めるホリー・アンダーセンさん。そこで、次に見分け方をご紹介します。

心停止と心臓発作の違いは?

2つの症状を区別するいちばん簡単な方法は、心臓発作を「循環器の問題」(動脈が塞がれて、心臓に血液が流れなくなる)と考え、心停止を「電気的な問題」(心臓の鼓動を作り出している電気刺激に障害が起きて、心拍が完全に止まる)と考えること。

「心停止の場合、92%が病院に着く前に亡くなります」

心臓発作の場合、心臓に血液を送っている動脈が、喫煙や高血圧、高コレステロール、肥満、運動不足、よくない食事などさまざまな要素の結果としてふさがってしまいます。「そして突然、心臓に十分な酸素が送られなくなり、心臓の一部が死滅し始めます」(アンダーセンさん)。心臓の鼓動は完全には止まりませんが、処置が遅れるほど、大きなダメージに。

一方、心停止は、心臓の電気刺激システムが故障した場合に起こり、「不整脈」と呼ばれる不規則な心拍が現れます。心臓が脳や肺などの重要な器官に血液を突然送らなくなりますから、すぐに助けないと生き延びる確率はとてもわずか。

「心停止の場合、92%が病院に着く前に亡くなります。病院以外の場所で心停止になると、生き延びるのはわずか6%と考えられており、その6%の中でも、心停止以前の状態まで回復する人が果たしてどれくらいいるか、わからないという状況です」(アンダーセンさん)

でも、症状に違いはあるの?

これで心停止と心臓発作が違うことはわかりましたが、目の前で起こっているときにどうやって見分ければよいのでしょう? まず、心臓発作では、心停止とはかなり違う症状が現れます。胸の痛み、上半身の心臓以外の部分の不快感、息苦しさ、冷や汗、嘔吐など。アメリカ心臓協会(AHA)によると、これらの症状が急に現れる場合もありますが、一般的にはだんだん強く感じるようになり、実際に心臓発作が起こる前の数日間や数週間続くことさえあるそう。

「やはり胸の痛みがいちばん多い症状ですが、女性は腕や首、背中など別の部分の痛みや、圧倒的な疲労感、頭がクラクラする(めまいがする)といった症状で受診するケースが多く見られます」(アンダーセンさん)

でも心停止の場合、実際に起こるまでなんの症状も現れないかもしれません。「心停止では、血液の循環が止まるため、一見ごく普通に見える人が突然倒れこんだり、息が止まったり、動かなくなったりします。全く症状がないか、起こる直前の数秒間に気分が悪くなるくらいですから、警戒するべき突然の出来事です」(アンダーセンさん)

では、気を失っただけではないと、どうしてわかるのでしょうか? 例えば、頭がクラクラして気絶した場合はゆっくり倒れることが多く、まだ息をしていて、肌の色も正常でしょう。「でも、心停止で倒れるときは急激に倒れ、息をしていないし全く動かず、とても急速に肌の色が青ざめてきます」とアンダーセンさん。

心停止の人を見たらどうすればいい?

心停止で倒れこんだ人を見たら、すぐに救急に通報して、心肺蘇生法(CPR)を始めます。迅速な対応が不可欠。アンダーセンさんによると、CPRを行うのが1分遅れるごとに、生き延びる確率が10%低くなります

次の3つの手順を覚えておきます。

  • 息をしているか、動いているか、調べながら、肩をたたいて反応するかどうか見ます。
  • 反応しないとわかったらすぐに救急に通報します。
  • 手だけで胸を押します。腕をまっすぐに伸ばし、手の平を広げた両手を重ね合わせて(上に重ねた手の指を、下の手の指の間に入れて曲げ、下の手を掴むように組み合わせます)、両手の平の付け根部分で胸の中心部を速く、強く押します。約5cmの深さで1秒に2回押すように。

Alisa Hrustic/What Is Cardiac Arrest—and How Is It Different From a Heart Attack?

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    2. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    3. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    4. 腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. ぬくもり香る柔軟剤「アロマリッチ フローラルキャンドルアロマの香り」で寒い冬を乗り切る【プレゼント】

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More