1. Home
  2. STYLE
  3. 7月31日、15年ぶりに火星が大接近! スーパーマーズを見よう

7月31日、15年ぶりに火星が大接近! スーパーマーズを見よう

星と暮らす

22,598

景山えりか

火星は、約2年2ヵ月の周期で地球への接近を繰り返しています。月が地球にもっとも近づくタイミングで満月になると「スーパームーン」と呼ばれて注目を集めますが、実は火星も地球に最接近して「スーパーマーズ」になるわけです。その現象が起こるのは、2018年7月31日。しかも2003年以来、15年ぶりの「大接近」になります。

508294351_a

image via shutterstock

次回の大接近は17年後。だから今年は見逃せない!

太陽の周りをまわっている火星の軌道は完璧な円形ではなく、少しゆがんでいます。そのため、地球に最接近するたびに距離は変わり、およそ6000万kmから1億kmまでと幅があります。前回、火星が地球にもっとも近づいたのは2016年5月31日。そのときの距離は約7500万kmで「中接近」といったところでした。

しかし今回、火星と地球の距離は約5800万kmまで縮まって「大接近」となるのです。火星の接近は約2年2ヵ月ごとにめぐってきますが、大接近となると約15年~17年ごとになります。ちなみに次回の大接近は、17年後の2035年! だから今年のチャンスを逃してほしくはないのです。

けれど……火星を見るチャンスは、大接近する7月31日だけではありません! 最近、真夜中に南の空を見上げると、とても明るく、赤っぽく輝いている星が目に飛び込んできませんか? 実はそれが火星です。地球に刻々と接近している今も、そして大接近日が過ぎても、しばらくは見頃が続き、9月上旬までは大接近日に劣らない輝きを放っています。

7月31日前後は真夜中に、8月中旬は21時頃に、9月上旬は20時頃を目安に南の空を見上げると、火星をとらえることができるはずです。市街地の空でもかなり目立っているので、肉眼ですぐに見つけられるでしょう。ぜひ自分の目で、その美しい輝きを確かめてみてください。

ブルームーンが2回に、スーパーマーズも! 2018年注目の天体イベントまとめ

スーパームーン、ブルームーン、皆既月食、流星群など、2018年注目の天文現象&こよみのイベントをご紹介します。見ごろは?方角は?2018年は、天体イ...

https://www.mylohas.net/2018/01/0665242018_star_guide.html?test201808

【7月の満月】前向きな気持ちを取り戻す「再生の月」

暗い空に浮かんだ満月も美しいものですが、7月の満月は明け方に注目を。それには特別な理由があります。

https://www.mylohas.net/2018/07/171741july_fullmoon.html?test201808


    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら