1. Home
  2. STYLE
  3. 7月28日は皆既月食! 夜明け前の西空に注目を

7月28日は皆既月食! 夜明け前の西空に注目を

星と暮らす

26,244

景山えりか

7月28日(土)の未明から明け方にかけて、皆既月食が起こります。1月31日に続いて、今年2回目です。前回(1月31日)は、宵から深夜にかけて月食が起こりましたが、今回は夜明け前。明るくなり始めた空の中で、月食がどのように見えるのか注目です。

1124323175_a

image via shutterstock

そもそも月食とは、地球の影の中を月が通過することによって、満月なのに欠けて見えたり、暗くなったりする現象のこと。月の一部分が地球の影に入りこむと「部分食」に、月全体がすっぽりと影に入ると「皆既食」になります。7月28日の月食タイムスケジュールは、次の通り。月食は、日本のどこにいても同時刻に起こります。

【月食タイムスケジュール】

  • 部分食の始まり:3時24分
  • 皆既食の始まり:4時30分
  • 皆既食の終わり:6時14分
  • 部分食の終わり:7時19分

皆既食が観察できる時間はたった20分!

しかし、今回は注意すべき点があります。それは、月が沈む時刻は地域によって異なるということ。そのため、北海道と東北地方の一部では皆既食になる前に月が沈んでしまい、そのほかの地域でも皆既食の状態のまま月が沈む「月入帯食(げつにゅうたいしょく)」となります。

今のうちに、ネット検索やスマホのアプリなどを活用して、自分が住んでいる地域の月没時刻をチェックしておきましょう。たとえば東京の場合、月没時刻は4時49分。皆既食が観察できる時間はたった20分たらずとなります。

また、どの地域で観察するにしても、月が沈んでいくタイミングなので、観察場所は西の低空が見られることが必須条件。観察方法は、時間になったら空を見るだけでOKです。

幻想的な光景を見せてくれる予感!

西の空で月食が起きているとき、東の空には太陽が昇ろうとしています。東京の場合、日の出の時刻は4時45分。空が明るくなり始めた頃の皆既月食は、どのように見えるのでしょう。皆既食中の月の色は、一般的に「赤銅色」と表現されますが、日の出の影響を考えると、色や見え方はそのときになってみないとわかりません

夜明け直前の空の中で起きる月食は、私たちに幻想的な光景を見せてくれる予感がします。「早起きは三文の徳」といいますが、7月28日はまさにそうなるはずです。

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由