1. Home
  2. SPORTS
  3. 10年目に突入するランガール。「ランガール★ナイト」の次なる活動は?

10年目に突入するランガール。「ランガール★ナイト」の次なる活動は?

女性のランニング大会の先駆けとして注目されてきた「RunGirl★Night(ランガール★ナイト)」が2018年9月8日にファイナルを迎えます。でもすべてが終わりではありません。10年目に突入するRunGirlはますますパワーアップし、ラン+社会貢献という新たなステップへと進みます。

エントリー受付中!「ランガール★ナイト」がついにファイナル

女性によるランイベント「ランガール★ナイト」をご紹介します。2018年がファイナルとなるこの機会に、女性ランナーはエントリーしてみませんか?

https://www.mylohas.net/2018/05/167489rungirlnight.html

RunGirlは「RUN&」をテーマに新たなステップへ

20180726_rungirl_1

image via shutterstock

「走る女性のパワーで毎日を豊かに」をキーワードに、走る女性ならではの視点を活かし、生活を豊かにするさまざまなアイデアをかたちにしていく女性ランナー集団「RunGirl」。その活動のメインが、お台場を中心とした臨海副都心地区が舞台の「ランガール★ナイト」です。

ランはもちろんのこと、会場ではスポーツやコスメなどヘルスコンシャスなブースも賑やかに立ち並び、夜はアフターパーティが楽しめる。まるでお祭りのようにわくわくする大会でしたが、今年9月8日(土)開催の第9回大会をもっていよいよファイナルです。でもご安心を。RunGirlは来たる2020年に向け、“RUN&”をテーマに掲げ、新たなステップへと進むのだとか。

それぞれがランニングに魅せられ、「走ることによって心や身体に変化があった」、「人生が広がった」そう感じてきたRunGirlが次に目指すのは、走っているからこそできる新しい社会活動です。

ランナーの視点で安全なまちづくりを目指す「&SAFETY」

02-2

社会活動のひとつは、ランナーの視点で安全なまちづくりを目指す「&SAFETY」。日頃、自分の暮らす街をランニングする際、地域の防犯の意識や目を持ちながら走ることをランナーに向けて発信していくとか。

その第一弾は、「ランナーのパワーでTOKYOを安全なまちに!」をスローガンに、東京都と連携して行われます。7月12日に都庁にて小池百合子東京都知事と「ランナーによる見守り活動」に関する協定も締結済み。都知事からは「ぜひともまちの防犯力のアップに皆様方のお気持とお力をお貸しいただきたい」とのお言葉もあったそう。

また、ランナーが身につけられる防犯を啓蒙するグッズとして、東京都と協力して「LED付きアームバンド」を「ランガール★ナイト」にて参加ランナー全員に無料配布し、着用してもらう予定だそう。ランを楽しみながら、やりがいも持てる。一石二鳥ではないでしょうか。

走り“ながら”街をきれいにする「&CLEAN」

01-1

もうひとつの活動は、ランナーが走り“ながら”街をきれいにする「&CLEAN」。ランナーが楽しく街を走り“ながら”ゴミ拾いをする活動を広めていくとか。ひとりでするには勇気がいりますが、みんなで拾えば楽しいですね。さらに、走るときに携帯できる、ランガールのテーマカラーであるピンクの軍手やゴミ袋も。「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに原宿表参道から誕生したNPO法人green birdとも連携し、きれいなまちづくりを推進するそうです。

これまでも、そしてこれからも、ランを楽しむのは大前提。それに少しだけ、走りながら無理なくできることをやってみる。10年目に突入するRunGirlの活動にますます目が離せません。

もっとワークアウトが楽しくなるウェアやシューズ5選

高機能でデザイン性も優れたウェアやシューズがあると、より運動するモチベーションも高まります。スポーツをより楽しくしてくれるアイテムとは?

https://www.mylohas.net/2017/09/064779workout5.html

RunGirl

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって