1. Home
  2. SPORTS
  3. 10年目に突入するランガール。「ランガール★ナイト」の次なる活動は?

10年目に突入するランガール。「ランガール★ナイト」の次なる活動は?

女性のランニング大会の先駆けとして注目されてきた「RunGirl★Night(ランガール★ナイト)」が2018年9月8日にファイナルを迎えます。でもすべてが終わりではありません。10年目に突入するRunGirlはますますパワーアップし、ラン+社会貢献という新たなステップへと進みます。

エントリー受付中!「ランガール★ナイト」がついにファイナル

女性によるランイベント「ランガール★ナイト」をご紹介します。2018年がファイナルとなるこの機会に、女性ランナーはエントリーしてみませんか?

https://www.mylohas.net/2018/05/167489rungirlnight.html

RunGirlは「RUN&」をテーマに新たなステップへ

20180726_rungirl_1

image via shutterstock

「走る女性のパワーで毎日を豊かに」をキーワードに、走る女性ならではの視点を活かし、生活を豊かにするさまざまなアイデアをかたちにしていく女性ランナー集団「RunGirl」。その活動のメインが、お台場を中心とした臨海副都心地区が舞台の「ランガール★ナイト」です。

ランはもちろんのこと、会場ではスポーツやコスメなどヘルスコンシャスなブースも賑やかに立ち並び、夜はアフターパーティが楽しめる。まるでお祭りのようにわくわくする大会でしたが、今年9月8日(土)開催の第9回大会をもっていよいよファイナルです。でもご安心を。RunGirlは来たる2020年に向け、“RUN&”をテーマに掲げ、新たなステップへと進むのだとか。

それぞれがランニングに魅せられ、「走ることによって心や身体に変化があった」、「人生が広がった」そう感じてきたRunGirlが次に目指すのは、走っているからこそできる新しい社会活動です。

ランナーの視点で安全なまちづくりを目指す「&SAFETY」

02-2

社会活動のひとつは、ランナーの視点で安全なまちづくりを目指す「&SAFETY」。日頃、自分の暮らす街をランニングする際、地域の防犯の意識や目を持ちながら走ることをランナーに向けて発信していくとか。

その第一弾は、「ランナーのパワーでTOKYOを安全なまちに!」をスローガンに、東京都と連携して行われます。7月12日に都庁にて小池百合子東京都知事と「ランナーによる見守り活動」に関する協定も締結済み。都知事からは「ぜひともまちの防犯力のアップに皆様方のお気持とお力をお貸しいただきたい」とのお言葉もあったそう。

また、ランナーが身につけられる防犯を啓蒙するグッズとして、東京都と協力して「LED付きアームバンド」を「ランガール★ナイト」にて参加ランナー全員に無料配布し、着用してもらう予定だそう。ランを楽しみながら、やりがいも持てる。一石二鳥ではないでしょうか。

走り“ながら”街をきれいにする「&CLEAN」

01-1

もうひとつの活動は、ランナーが走り“ながら”街をきれいにする「&CLEAN」。ランナーが楽しく街を走り“ながら”ゴミ拾いをする活動を広めていくとか。ひとりでするには勇気がいりますが、みんなで拾えば楽しいですね。さらに、走るときに携帯できる、ランガールのテーマカラーであるピンクの軍手やゴミ袋も。「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに原宿表参道から誕生したNPO法人green birdとも連携し、きれいなまちづくりを推進するそうです。

これまでも、そしてこれからも、ランを楽しむのは大前提。それに少しだけ、走りながら無理なくできることをやってみる。10年目に突入するRunGirlの活動にますます目が離せません。

もっとワークアウトが楽しくなるウェアやシューズ5選

高機能でデザイン性も優れたウェアやシューズがあると、より運動するモチベーションも高まります。スポーツをより楽しくしてくれるアイテムとは?

https://www.mylohas.net/2017/09/064779workout5.html

RunGirl

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン