1. Home
  2. BODY
  3. 歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,389

201807170346

歯にとってよくない食べ物については、いろいろと耳にしたことがあるでしょう。たとえばコーヒーやワインもそうです(人生うまくいかないものですね)。でも今回注目するのは、おいしくて、なおかつ白く輝く歯を守るのを助けてくれる食べ物です!

1. 歯ぐきのことを考えるなら赤ピーマンを

1-1

歯のお手入れには時間をたくさんかけているかもしれませんが、同じくらい気にかけて優しくケアしてほしいのが歯ぐき。歯ぐきをぎゅっと引きしめる役割を果たしているのが、構造タンパク質のコラーゲンです。そして赤ピーマンには、コラーゲン生成に必要なビタミンCが豊富に含まれています。調査によれば、ビタミンCの摂取量が少ないと、歯周病や口臭、歯ぐきの後退などの一因になるといわれています。

試してみてください:赤ピーマンでお弁当のサンドウィッチをグレードアップ。56グラムのツナに、千切りのニンジン1/4カップ、マヨネーズ大さじ1、ギリシャヨーグルト大さじ1を混ぜてペーストにします。全粒粉のパンにペーストを塗り、スライスした赤ピーマン、レタス1/4カップを乗せ、もう1枚のパンをかぶせます。

歯ぐきを守る他の食品:ブロッコリー、キウイ、オレンジ、桃

2. プラークをセロリでとりのぞく

2-1

ランチの後に歯を磨く時間がないとき(あるいは正直に言うと、歯磨きが少々面倒なとき)、ちょっとズルしたいならセロリをむしゃむしゃ食べるという手も。セロリのように繊維質が多く、ザラザラした食感の食材は、黄ばみの原因となるプラークや歯の表面についた食べカスを落とすので、いざというときに役立ちます。また、よく噛んで食べることで唾液の分泌量が増え、口内が洗浄されます。

試してみてください:プレッツェルやクラッカーなど歯に詰まりやすい炭水化物を食べたときには、セロリの茎にカッテージチーズかヒマワリバターを塗ったものをどうぞ。こうした炭水化物の食品は、歯磨きで取りのぞかない限り、酸蝕症の原因となる糖分になってしまいます

プラーク対策によい他の食品:リンゴ、ニンジン、キュウリ、ラディッシュ

3. 歯のエナメル質を守るには、チェダーチーズを

3-1

人を幸せな気分にする以上のパワーを秘めているのがチェダーチーズ。カルシウム、リン、カゼイン・タンパク質が豊富に含まれており、これらはすべて歯のエナメル質を強くするのを助け、ものを食べたり飲んだりすることによって酸性になった口内を中和する役割を果たします。酸性度が低くなると虫歯や酸蝕のリスクが軽減されます。エナメル質の酸蝕は、時間が経つにつれ知覚過敏症の原因となります。

試してみてください:スライスしたチェダーチーズ1〜2枚に、スライスアーモンド大さじ1とレーズン大さじ1をのせてふたつ折りに。エナメル質を守るデザートにどうぞ。

エナメル質を守る他の食品:アーモンド、牛乳、豆腐、ヨーグルト

Kelsey Kloss/ 3 Superfoods That'll Protect and Whiten Your Teeth

訳/ Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    2. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    3. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    4. 腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. ぬくもり香る柔軟剤「アロマリッチ フローラルキャンドルアロマの香り」で寒い冬を乗り切る【プレゼント】

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More