1. Home
  2. MIND
  3. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

運命を変えるマインド革命

31,655

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。人生を変えたいと願うとき、多くの方が「私は◎◎も××もダメだから変えなければ……」と、「たくさんのことを変えなければならない」と思ってしまっておられます。

20180716_MIND

image via Shutterstock

けれど、実は多くのことを変える必要はなく、むしろたったひとつの会話癖を見つけるだけで、人生を変えることは可能なんですね。

今回は、少し視点を変えて、自分自身の口癖から「人生を変えるポイントを見つける方法」をお伝えしていきたいと思います。

会話のくせに気づこう。そこからすべてが変わる

まず、人とコミュニケーションするとき、実は、誰しも「会話の癖」を持っています。

それが、「かわいくお願いができる」「いつもほがらかでポジティブだ」「楽しい話題ばかり話している」というような、自分が幸せになれるようなコミュニケーション方法なら問題ないのですが、人間関係で悩んだり、苦しんでしまう人ほど、「自分を苦しめる会話の癖」を持っているんですね。

たとえば、目上の人に対して、つい緊張しておどおどしてしまって、怒鳴られてばかりだったり……。

つい誰にでもよい顔をしてしまい、なんでも「はいはい」と応えてしまって、嫌なことでも引き受けてしまったり……。

人間関係で何度も同じような辛い目に遭ってしまう人ほど、こうした「ネガティブな会話癖」があることによって、自分を不幸にしてしまっていることも多いんです。

ある女性の例は?自分で自分を下げていませんか?

カウンセリングをしていると、ある女性は、「人間関係がうまくいかないんですう~!」という感じで、とても明るくてノリのいい話し方をされる方でした。

「わたし、いっつも、好きな人には好かれなくって~。もう、まいっちゃうんです~!」と、ご自身の悩みをお話されているときも、少し脳天気な感じで笑いながらお話をされます。そして、いかに自分が普段だめなのか、いかに自分が馬鹿なのか、できない人間なのかということを、笑いながらどんどん話していきました。そして、最後に、「先生、ほら、私ってこんなにダメなんです~!」と言って笑います。

このとき、私は、真剣な顔で「本当は、●●さんは、そんなふうに笑いたいわけではありませんよね。どうしてそこまで、笑う必要があると思っていらっしゃるのですか?」と尋ねました。

この方は、それだけ苦しんでセッションにいらっしゃったということで、潜在意識のレベル(=行動レベル)で見れば、苦しいし、真剣なのは明らかなんです。でも、こうして言葉では自分を茶化して笑わなければならない……苦しいと言えない。ここに、すでに「行動と本心の不一致」という「矛盾」があったんですね。

険悪な家庭の雰囲気をどうにかしようと、二人を仲良くさせようと、ずっと自分が「ピエロ」のふりをして、二人を笑わせようとしていたこと……。こうしたことを繰り返すうち、いつのまにか、こうして誰に対してでも「ピエロ」を演じて、人を喜ばせるコミュニケーションばかりをとるようになってしまったのです。

自分下げをやめた瞬間に、大切にされるようになる。

この女性の不幸のパターンを止めるためには、「自分を笑わせる、自分を馬鹿にさせる」ということを、「自分自身がやめる」ということが必要でした。つまり、「自分で自分をピエロにしない」=「笑うのではなく、真剣に一人の人間として扱ってもらう」必要があったのです。

そのためには、自分がピエロ的な振る舞いを止めるだけではなく、「私は傷つけられてよい、笑われてよい人間ではない」ということをしっかり人に伝えていくことが重要だったんですね。

彼女は、自分を下げることをやめ、「でも、私だってそんなこと言われたら傷つくよ」「明るくしていても嫌なこともあるよ」ということを人に伝えてみました。すると、今まで「こいつは何を言っても笑っているし、傷つけてもいい人間だ」と思っていた周囲の人間がハッと気づき、「ごめん、そうだよね……」というように、態度を翻してくれたそうです。

このように、私たちがコミュニケーションで不幸な関係に苦しんでいる時というのは、「自分下げをしていないか?」と考えてみてくださいね。

あなたの心の中の言葉は、あなたの人間関係を創り出しています。あなたがあなたの本心と向き合い、誤魔化すことなく伝えてあげることができれば、今までの不幸を、その瞬間、「あなたの力」で180度変えることができるのです。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?