1. Home
  2. EAT
  3. チョコ&コーヒーは控えめがベター? 夏疲れケアに意識したい食べ方

チョコ&コーヒーは控えめがベター? 夏疲れケアに意識したい食べ方

ポジティブ栄養学

5,196

気温が40℃越えになるような厳しい暑さが続いています。驚くほど熱い外気や汗でべたつく身体が不快なせいか、日常生活のちょっとしたストレスが、暑さで増幅しているように感じてしまうのは、きっと私だけではないはず。

こんなとき、実はひそかに頑張っている臓器があります。それは副腎。体内で起こるストレスを引き受け、コントロールしています。

ストレスというと人間関係のことと思いがちですが、身体の不調、お酒やタバコ、さらには暑さ寒さもストレスの範疇。つまり夏は副腎が疲れやすい時期ともいえるかもしれません。

副腎が疲れてくると、さまざまな不調があらわれます。こびりつくような疲れやだるさもそのひとつ。もし気になるサインを感じたら、副腎がヒートアップする前にやさしくケアしてあげましょう。

夏は副腎の繁忙期。チョコやコーヒーで負担増に

shutterstock_1130432213

image via Shutterstock

副腎はふたつの腎臓の上にあり、クルミくらいの大きさをしています。ここから出されるのはストレスと対抗するためのホルモン。ストレスを感じたときに血圧や血糖値を上げて全身の細胞に栄養を行きわたらせ、全身を守るよう促したり、傷ついた細胞を修復できるようタンパク質を準備したり、炎症の腫れをひかせたり。

でもストレスが多すぎると副腎の仕事が追いつかなくなり、ホルモンをうまく出せなくなってしまうことに……。前述した疲れはもちろん、元気がなくなってしまったり、とさまざまな不調があらわれます。暑さからくるストレスが増大する夏は副腎の仕事が増える、いわば繁忙期でもあります。

そんな時期だけに、コンビニで氷のたっぷり入ったコーヒーを買って会社に行く、チョコがないと元気が出ない、なんてタイプはちょっと心配です。

これらに含まれるカフェインは副腎を刺激して、ホルモンを出すようはたらきかけます。コーヒーを飲むとシャキッと出るように感じるのはそのせい。しかしカフェインが体内で切れるとともにホルモン量もダウン。とった後の自分の体調にどんな変化があるか意識してみてください。ガクッと疲れを感じるようなことはありませんか。

やめられないチョコとコーヒー。うまくつきあうためには

副腎のためにも、チョコレートやコーヒーはできれば控えめにしておきたいところ。とはいえ、難しいのも正直なところでしょう。

私の場合、「なんとなく飲む」のをやめて、本当に飲みたいときに、おいしいコーヒーをしっかり味わうようにしました。すると、本当にコーヒーを欲しているときはそれほど多くなく、驚いています。この時期は暑さで喉が渇くので、とくにコーヒーよりも水や無糖の炭酸水に手が伸びます。私のようにいかなくても1日一杯と決める、穀物コーヒーに替える、といったことで少しずつ減らしていくことはできます。

チョコレートを減らすのはしんどいという人は、代替え品としてココナッツバターを使ったホワイトチョコレートもどきを作ってはいかがでしょう。ココナッツバターを凍らせるだけと簡単。ラカントなどで甘味を加えてもOK。ナッツをトッピングすればさらに楽しく栄養もチャージできます。寝る前にお腹がすく人は、血糖コントロールのためにもぜひ食べてほしいところです。

ちなみにカカオ成分の多いチョコレートは、コーヒーより多くのカフェインが含まれている場合もあるので、副腎がお疲れ傾向の人はより控えたほうがよさそうです。なんとも皮肉なことですが……。 暑さで思うように食事がとれないこともありますが、あまりおろそかにしすぎると、体調もガクッと崩しやすくなります。ちょっとした不調を感じたら、できることからひとつずつ。副腎を、体調を整えつつ、ワクワクする季節を存分に楽しみたいものです。

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    チョコ&コーヒーは控えめがベター? 夏疲れケアに意識したい食べ方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More