1. Home
  2. BODY
  3. いい睡眠のカギ「3R」って? ダイエットを助ける眠り方

いい睡眠のカギ「3R」って? ダイエットを助ける眠り方

2,654

20180717_sleep

image via shutterstock

ダイエットを成功させるカギ、それは意外にも「質のいい睡眠」にあるといいます。

睡眠時間が短くなると、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが活発に分泌される上、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌量が減少します。食欲が増す一方になってしまうため、つい無駄に食べてしまうことが起こりやすくなります。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

食べ過ぎ予防のためにも、ダイエット中はしっかり睡眠をとりたいもの。そこで、いい睡眠を叶える方法を「太陽笑顔fufufu」よりご紹介します。

いい睡眠のカギ「3R」とは?

眠りをいいものにするには、一時でもストレスから切り離された状態を作りましょう。その方法として、生活にリラクゼーション(安らぎ)と、レクリエーション(娯楽)をプラスすることがおすすめです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

いい「Rest(睡眠)」のために、「Relaxation」と「Recreation」、3つのRを大切にするといいそう。とくに、レクリエーションには、ストレスによってダメージを受けた身体と心の再生に効果的なんだとか。読書や映画など、毎日続けられる趣味などを見つけるとよさそうです。

よい眠りに導く「入眠儀式」を

眠りの前に、ある一定の行動をする、同じことをイメージするなど、睡眠のためのセレモニーを“入眠儀式”と言います。いつも同じことをするという条件づけによって、眠りに入りやすくするというものです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

寝付きが悪い、という人は「入眠儀式」を取り入れてみましょう。翌日の服を選ぶ、本を読むなど、寝る前にいつも同じことをするという条件付けをすることで、眠りに入りやすくなるそうです。

平日の睡眠不足は休日の朝寝坊で補える

平日がんばり過ぎている人は、いつも起きる時間のプラス2時間を目安に、ゆっくり眠りましょう。1週間で調整するくらいの気持ちでOKです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

「寝だめ」はできませんが、休日に2時間ほど遅く起きることで、不足した睡眠を補うことができるそう。でも、朝寝坊すると「体内時計のリズムが狂ってしまうのでは」と心配になりますよね。たとえば、土日が休日の場合なら土曜日にゆっくり起きて、日曜日に平日と同じ時間に起床することで、リズムを整えることができるそうです。

ダイエットには食事や運動だけでなく、睡眠も大切に! 健康的にきれいを叶えましょう。

太陽笑顔fufufu

横田ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 「また会いたい」と思われる女性になる! 第一印象を演出する心理テクニック

    4. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    5. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    6. ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    いい睡眠のカギ「3R」って? ダイエットを助ける眠り方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More