1. Home
  2. BODY
  3. やってしまった! 日焼けを落ち着かせてくれる自然な方法6

やってしまった! 日焼けを落ち着かせてくれる自然な方法6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,724

そもそも日焼けを避けることが、日焼けを落ち着かせていくためにいいことはわかってる。でも、日焼け止めを塗るのをまた忘れて、肌が赤くなってほてってしまった場合には、自宅で日焼けに対処することになります。

日焼け

最初のアドバイスは、肌に冷たい(寒くなるほどではない)シャワーを当ててあげたり、日焼けに冷湿布をはったりすることです。日焼けが身体の広い範囲におよんでいるなら、冷たい水をはった浴槽に重曹を4分の1カップ入れて、10分間つかることも。かゆみや皮むけをおさえるため、まだ湿っているうちに肌にやさしい保湿剤を使います。

さらに次のようなステップを踏むと、日焼けの肌は楽になっていきます

アロエベラのジェルを使う

「やけどにいい植物」と言われるアロエベラは、焼けた肌を鎮めるために長い間にわたって重宝がられてきたのです。薬局や健康食品店舗で扱われていますが、ジェルは冷たくするともっと気持ちよくなります。冷蔵庫に保管して、数時間ごとに肌に塗るようにします。

ティーバッグを湿布に使う

緑茶も紅茶もタンニンが豊富。伝統的にやけどの処置に使われてきた成分なのです。目の周りの敏感な場所が焼けてしまったなら、ティーバッグをいくつか冷たい水で濡らして、目やほおに当ててあげます。

スプレーで冷たいミストを

肌の熱を冷ますためのミストを使った簡単な方法。水とエッセンシャルオイルを組み合わせるのです。ラベンダーとカモミールがなおよし。炎症をおさえてくれ、日焼けを早く治してくれるからです。ペパーミントは肌の熱を冷まし、日焼けをマシにしてくれるメンソールを含みます。アロエベラのジェルを加えるともっと日焼けを癒してくれます。

肌の熱をとるミスト

スプレーボトルに230グラムほどの冷たい水を入れて、ラベンダー(またはカモミールやペパーミント)のエッセンシャルオイルを16滴。使う前によく振って混ぜます。230グラムほどのアロエベラのジェルを加えるともっと効果的。いろいろ利用できるよいブランドはあるのですが、よさそうなのは「Lily of the Desert」。目は避けますが、好みの頻度で肌にシュッとしてみてください。

TIERAONA LOW DOG, MD/6 Natural Ways To Soothe A Sunburn

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン