1. Home
  2. BODY
  3. 歯と口の健康に。ナチュラルなオーラルケアアイテム5つ

歯と口の健康に。ナチュラルなオーラルケアアイテム5つ

1,806

小竹美沙

少なくとも一日に二回はする歯みがき。歯と口の健康を整えるために、ナチュラルなケアアイテムを使いたいところ。成分はもちろん、パッケージデザインにもこだわっているブランドを厳選して集めてみました。

夜用は、活性炭配合でまさかのビジュアルに

01

2160円(税込)

「my white secret(マイホワイトシークレット)」は、歯科医療の専門家と共同開発したオーラルケアブランド。2017 年にイギリスで誕生して以来、これまでのオーラルケアにはないパッケージのかわいさからSNSで人気に火が点きました。朝用歯磨きにはキシリトールを配合。また、セイヨウハッカオイルが息をフレッシュに保ちます。そして、夜用には、ココナッツオイルと活性炭を入れていて、磨くと歯が黒く(!)なり、インパクト大です。

スイスアルプスに自生するハーブの力を凝縮

02a

1944円(税込)

6月10日に発売された「nahrin(ナリン)」のマウススプレー。マロウ、カレンデュラ、セントジョーンズワートなどスイスアルプスに自生する7種類のハーブを配合したリフレッシングマウススプレーです。外出先でも、サッとひと吹きでリフレッシュできます。

インド生まれの20種類以上のハーブ&スパイスを配合

03a

1296円(税込)

インドに根付くホリスティックな考え方に基づいてつくられたブランド「Auromere(オーロメア)」。“村の薬局”といわれている「ニーム」、“歯ブラシの木”といわれている「ピール」を中心に20種類以上ものハーブを処方。パラベン、人工甘味料、フッ化物、フッ素、人工甘味料、ラウリル硫酸Naなどは不使用なので、妊婦さんや子どもも使えるそう。フレッシュミントなど3種類をラインナップ。

家族みんなで使えるスペアミントフレーバー

04a

1620円(税込)

Nature's Gate(ネイチャーズゲート)の歯みがき粉は、天然のケイ素の含水シリカパウダーを配合。エナメル層を傷つけず、歯と歯茎の汚れを落として、すこやかな歯をサポート。また、ポリフェノール豊富なザクロ果実エキスや、ホワイトティーオイルが口内のエイジングケア(※)をサポートします。

コスメブランドが提案するオーラルケア

05a

1,404円(税込)

意外に知られていませんが、ドクターハウシュカからも、オーラルケアアイテムが出ています。セイヨウハッカ油を配合したトゥースペイストはフッ素フリー。ミニサイズのマウスウォッシュがついたセットは、コンパクトで持ち運ぶのに便利です。

お気に入りのアイテムを揃えることで、ケアする楽しさが増しそうですね。

※エイジングケア=年齢に応じたケアのこと

コスメキッチン

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由