1. Home
  2. MIND
  3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

18,614

横山かおり

20180713_habit

朝食をとり、歯みがきをして出勤する。この当たり前の流れは何も考えずに行動できるほど習慣化されています。

最近「習慣」「ルーティン」という言葉をよく耳にしますが、私たちは多くの習慣によって毎日の生活が成り立っています。つまり習慣を少し変えるだけで、毎日が今よりもっとよいものになるということ。

習慣化のメリット

ミニマリストとしても有名な、佐々木典士さん著書の『ぼくたちは習慣で、できている。』には習慣についてかなり深堀りされて書かれています。 そもそも習慣がなぜいいことなのか、習慣化するとどんないいことがあるのか。 その答えはここにありました

・才能は『与えられる』ものではなく、努力を続けた後に『作られる』ものである。

・ その努力は、習慣にしてしまえば継続できる。

・ その習慣の方法は、学べるものである。

(『ぼくたちは習慣で、できている。』10ページから引用)

この本の中では村上春樹さんやイチロー選手などが、たびたびとりあげられています。彼らは天才なのではなく、日々の努力を「習慣化」しているのがポイントだということ。

私たちが今から彼らのように大舞台に立つことは難しいかもしれないけれど(もちろんできる人はできるはずですが)、日々の小さな目標や問題をクリアするくらいなら「習慣」によって達成できそうです。 その小さな達成を重ねていけば、今よりもっとなりたい自分やなりたい生活に近づけるのではないでしょうか。

習慣は自分を好きになれる

習慣化することで得られる最大の報酬は「自分を好きになれること」だといいます。

「ある若い女優の言葉で忘れられないものがある。それは『がんばる自分は好きになれる』という言葉だ。 習慣を達成することで得られる報酬はいろいろあるが、最大の報酬は自己肯定感、自分を好きになれることではないかと思う。」

(『ぼくたちは習慣で、できている。』300ページより引用)

毎日のやることをリストにして、それをクリアできるとうれしくなる。たまっていた問題がなくなると心までスッキリする。そして自分を誉めたくなる。 こんな経験があるのではないでしょうか。

この「毎日やること」=「習慣化」が達成されると、どんどん自分が好きになってくるのかもしれない。 習慣が自己肯定感にまで影響してくるとは驚きです。

人づきあいも習慣で変えられる

「笑顔が素敵な人がいる。その笑顔は他人にも伝染する。ぼくは笑うのが苦手で口の周りの表情筋が固まっていた。だから、自宅の鏡を見たら笑う習慣を作った。」

(『ぼくたちは習慣で、できている。』314ページより引用)

習慣は自分を高めるだけでなく、人づきあいまで変えることができるということ。 「笑う門には福来たる」ともいうように、笑顔の習慣によって幸せが舞い込んでくるかもしれません。

私たちが毎日当たり前にしている行動も、小さいときにはできなかったことばかり。「これを習慣化したい」「この習慣をやめたい」という内容や、習慣を身につけるためのステップなどがこの本には細かくわかりやすく書いてあります。 習慣化が達成されれば、毎日昨日よりも素敵な今日が待っているはずです。

ぼくたちは習慣で、できている。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?