1. Home
  2. HOROSCOPE
  3. うお座の2018年下半期の運勢【キャメレオン竹田のゆるポジ占い】

うお座の2018年下半期の運勢【キャメレオン竹田のゆるポジ占い】

キャメレオン竹田の占い

16,774

20180101_chame_top

連載「キャメレオン竹田からのラブレター」でも様々な気づきを与えてくれる、占い師で波動セラピストのキャメレオン竹田さんによる2018年下半期(7月~12月)の「ゆるポジ占い」。12星座別にたっぷり占ってもらいました。あなたの下半期の運勢は?

>>「ゆるポジ占い」2018年下半期の運勢一覧

===

自他ともに優しいうお座のあなた。2018年下半期は、自分に厳しくなることで危機を回避できそう。

2018年下半期 うお座の運勢(全体運)

2018年上半期は、のびのびと自分らしく過ごせたはず。ただし、冬に向かうほど運気は下り坂になり、厳しい状況へと追い込まれる心配も。アリとキリギリスの寓話にある通り、夏に遊び暮らしていては後で困るのはあなた。楽しく過ごしていても、未来のために勉強したり、契約を見直して安いプランに乗り換えてお金をストックしておいたり、イザに備えておくことをお忘れなく。また、いけないとわかりつつズルズルと惰性で続けていることがあるなら、今が手を切るベストタイミング。ここでやめるという決断をすれば、近い将来の憂いの目をつむことができて、開運スピードも速まるでしょう。

仕事運

成功へのロードマップが見えてきました。あなたは基本的にその流れに素直に乗るだけでOKですが、なんとなくやりたくないと思ったときは断ることも大事。嫌な予感や直感ほど不思議と当たり、トラブルを防げたり、後で胸をなでおろす場面がきっとあるはずです。バリバリ活躍できる下半期とはいえ、ひとつだけ心配点が。それは輝かしいあなたを妬み、足を引っ張ろうとする輩も大勢いるということです。特にやたら懐いてくる年下は、あなたにとって代わろうとしている暗示。気を抜かず、一定の距離を保ってください。

愛情運

モテる時期ながら落とし穴も多かった上半期。下半期も引き続き注意が必要です。パートナーがいる人は、相手をいとおしいと思う気持ちが強すぎて、重たいと負担に思われてしまう心配も。むしろ好きだからこそ自由にしてあげるくらいの余裕を持つことこそ、愛を優位に進めるポイントと覚えておきましょう。シングルの人は、好きな人に思われず、苦手な相手にばかり追いかけられるという矛盾に悩むかも。実はそれ、あなたが素直じゃないのが原因のよう。もっと自分の好きという気持ちをストレートにぶつけたほうが相手にも響くし、無用な誤解やトラブルも回避できて結局はハッピーエンドに。

2018年下半期、特に意識したい時期は?

好調の波に乗っている7、9月は、意識しておきたい時期です。というのも、ここでの禍福はあざなえる縄のごとし。いいことが実はアンラッキーの裏返しということも多そう。自由がきくからとわがまま放題したり、臨時収入が入ったから散財なんてNG。むしろイケイケムードの中、慎ましい暮らしを実践していくことで、いい意味で徳が養われ、今後訪れる冬の時代にも備えることが可能に。11月は最後の晴れ舞台。心残りがないようしっかり駆け抜けることが、2019年下半期に始まる次のサクセスストーリーのプロローグに。

2018年下半期のラッキーカラー・キーワード

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」が、2018年下半期に意識したいキーワードです。上半期からのいい流れが続く秋までは特に、なんでもうまくいってうぬぼれがち。ですが、それはあなたの実力だけでなく、周囲のバックアップと星の後押しがあってもこと。謙虚さと現実を見る目を忘れないことが、転ばぬ先の杖になるでしょう。ラッキーカラーはホワイト。大事な席に出向くときは、真っ白いワンピースやスーツに身を包んで。ピュアな印象を残せるし、実際真新しい気持ちで向きあえるはず。白いシーツや下着は恋成就を招くマストアイテム。

===

>>「ゆるポジ占い」2018年下半期の運勢一覧

>>「ゆるポジ占い」2018年上半期の運勢一覧

>>「マイロハス占い」一覧

Photo by Gettyimages

キャメレオン竹田

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    2. ホルモン乱れで体重が落ちない? 太りやすい人向けダイエット指南

    3. なぜ筋トレ好きはタンクトップを着るのか。その理由を解明

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 10人に1人が悩んでる。ホルモン乱れで太る卵巣のトラブル

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

    9. セブン・ローソン・ファミマ。コンビニ別、高タンパク質なランチメニュー

    10. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

    1. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?