1. Home
  2. SPORTS
  3. 簡単にしなやかな体へ導く「ヨガ・ホイール」って知ってる?

簡単にしなやかな体へ導く「ヨガ・ホイール」って知ってる?

1,803

yogaw_1

image via shutterstock

ヨガを始めたいけれど、スタジオに行くにはなんだか敷居が高すぎると嘆く友人。インターネットにアップされた動画を見て我流で行っているようですが、それはちょっと怖いかも。安全に初めてみるなら「ヨガ・ホイール」を試してみては? とアドバイスしました。

世界中でじわじわ広まっている「ヨガ・ホイール」

パワーヨガなどに代表されるように、「ヨガ=スポーツ」というイメージの強いアメリカ。一人の時間でも気が向いた時に自宅で行えることから、ちょっとしたフィットネスマシーンのような感覚で購入、気軽に楽しむ人が多いようです。

ヨガ・ホイールの見た目は「頑丈で大きな輪」。この輪に背中を乗せて胸を開き、凝り固まった背中全体を心地よく伸ばすことで、背筋がピン! と伸びてとても気持ちよく楽になるのです。このようなエクササイズはほんの一例。

ちょっとした時間を使ってヨガのポーズをとれるので、スタジオに行って90分間時間をとることが難しい多忙な人に重宝されています。人気が広まるにつれ色や柄も増えてきて、まるでサーフボードのように自分だけのペイントを施すのも素敵。仕事や家事の合間にちょっと疲れをほぐしながら、軽く目を閉じて瞑想するなんていう使い方もおすすめです。

ヨガ中の怪我に注意

本来ならばインストラクターのいるスタジオへ行き、チェックをしてもらうことが怪我を防ぐ上で非常に重要です。けれど、スタジオへ行く時間がどうしても取れない人も多いもの。そしてスタジオへ行ったからと言って、怪我とはまるで無縁かというと、そうでもないようです。実際ヨガの流行に伴い、怪我をする人口も大幅に増えてきているのは確か。

アメリカ国内で行われたある調査によると、2001年から2014年までの間で、約3万にも及ぶ故障や怪我が発生したことがわかっています。その内訳は体幹(46.6%)や捻挫(45%)。65歳以上が57.9%を占めており、45歳から64歳がそれに続いています(17.7%)。やはり年齢が上がるほどに稼働率が下がるため、どうしても怪我をしてしまうリスクが上がってしまうのは否めません。

年齢の件は予想どおりだとしても、となりにいる上級者と自分を比べ、体の痛みを無視してつい無理をしてしまうことも怪我の原因に。

yogaw_2

image via shutterstock

ヨガ・ホイールは日本ではアマゾンをはじめ、さまざまなネットショップでも取り扱いがあります。急に90分のクラスに参加せずとも、自宅にてちょっとずつヨガを楽しみたい人は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    2. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    5. お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っていた!

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 冷蔵庫もテーブルもスッキリ。作り置きおかずの鮮度を保つ密閉ガラス容器【プレゼント】

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?