1. Home
  2. EAT
  3. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

18,105

20180709_natto_recipe_1

肌の露出が増える夏。駆け込みダイエットに励みたくなりますが、低カロリー食品ばかり食べていると冷えや夏バテのリスクが高まってしまいます。

そこで注目したいのが、カラダの中から健康的になれる納豆と、トレンドのヘルシー食材を組み合わせた料理。管理栄養士であり、節約美容料理研究家でもある金子あきこさんが監修したおすすめレシピをご紹介します。

納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策レシピ

金子さんによると、カラダの熱を生み出すのに一番よい食品は炭水化物。しかし炭水化物のみを摂取すると、代謝がうまくいかず、脂肪として蓄えられてしまいます。ヘルシーに炭水化物を摂るためのポイントは、血糖値の上昇を防ぎ、代謝をよくするビタミンやミネラルを多く含む食材を、炭水化物と組み合わせること

20180709_natto_recipe_2

左上から時計回り:アカモク、アーモンドオイル、ソルガムきび、ちぢみこんにゃく

今回は老舗の醤油ブランド「鎌田醤油」のだし醤油を使い、納豆と金子さんおすすめのヘルシー食材「アカモク・アーモンドオイル・ちぢみこんにゃく・ソルガムきび」を使った「夏バテ・冷え対策レシピ」を教えていただきました。

1.アカモク&アーモンドオイルを使って……アーモンドナッツオイルアカモク納豆

20180709_natto_recipe_3

<材料(2人分)>

  • 納豆 2パック
  • アカモク 1g
  • みょうが 少々
  • アーモンドオイル 小さじ2
  • 「サラダ醤油」(鎌田醤油) 小さじ2

<作り方>

下準備:アカモクを水で指示どおりの時間戻す。

  1. 納豆、アカモク、アーモンドオイル、サラダ醤油を加えよく合える。
  2. 器に盛り付け、千切りしたみょうがを添える。

ポイント

近年スーパーフードと言われ始めたアカモクは、ネバネバ成分と食物繊維、ミネラル類が豊富。美肌づくりやダイエットにおすすめです。アーモンドオイルはコレステロール値低下作用があると言われる上、納豆の口当たりをマイルドにしてくれます。料理する前日の夜にアカモクを戻しておけば朝食にも最適。柚子果汁が入った「サラダ醤油」は、さっぱりとした味でサラダや和え物におすすめです。

2.乾燥ちぢみこんにゃくを使って……ヘルシー納豆キムチ炒め

20180709_natto_recipe_4

<材料(2人分)>

  • 納豆 2パック
  • キムチ 100g
  • 乾燥ちぢみこんにゃく 15g
  • 万能葱 少々
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 「だし醤油」(鎌田醤油) 小さじ1

<作り方>

下準備:ちぢみこんにゃくを水で指示通りの時間戻す。

  1. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルとちぢみこんにゃくを入れ軽く炒め、だし醤油を加え汁気がなくなるまで炒める。
  2. 火を少し弱め、キムチと納豆を加え炒める。
  3. 器に盛り付け粗みじんに切った万能葱をちらす。

ポイント

お肉のかわりに噛み応えがあるちぢみこんにゃくを使うことで、脂質が減りヘルシーな一品に。キムチに含まれるカプサイシンは発汗作用をもち、脂肪の燃焼におすすめです。 味のないちぢみこんにゃくに「だし醤油」でしっかり味をつけることで、キムチとの相性もアップします。

3.ソルガムきびを使って……ソルガムきび入り納豆トマトの冷製パスタ

20180709_natto_recipe_5

<材料(2人分)>

  • スパゲティー(乾) 200g
  • ひきわり納豆 2パック
  • ソルガムきび 大さじ2
  • トマト 1個
  • 青み(パセリなど)※今回はチャービル
  • ☆「だし醤油」(鎌田醤油) 大さじ2
  • ☆「にんにくだし醤油」(鎌田醤油) 小さじ2

<作り方>

下準備:ソルガムきびは水に20分以上浸けておき、沸騰した湯で20分加熱する。

  1. トマトは1cm厚のいちょう切りにする。
  2. ☆のだし醤油とにんにく醤油を合わせる。
  3. ひきわり納豆とソルガムきびを合わせ、2を2/3合わせる。
  4. スパゲティーは指示どおりの時間茹で冷水にとり、水を切ったらオリーブオイルとトマトを合わせる。
  5. 器に盛り付け、3をのせ、青みを飾る。残った☆は食べる際に全体に回しかける。

ポイント

ソルガムきびは日本人に不足しがちな食物繊維を補うのに効果的血糖値の上昇抑制腸内環境をサポートすると言われ、健康や美容に役立ちます。色が白いので、納豆と混ぜれば挽肉に見え、見た目のボリューム感もアップ。食欲が落ちる夏も納豆が炭水化物の消化を助けてくれる、胃腸にやさしいレシピです。

7月10日の“納豆の日”に合わせて作ってみたい、簡単でおいしい納豆レシピ。使い方に迷うヘルシー食材も、納豆と組み合わせれば食卓の定番にできそうです。

鎌田醤油

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃酸の逆流を促すNG食品6つ

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 上半身やせを狙える15分自宅トレーニング。3日に1回でOK!

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 【5月の満月】固定観念から解き放たれ、視界が開けるタイミング

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?