1. Home
  2. BODY
  3. デリケートゾーンの悩み対策5つ。おりものや経血の色が意味することって?

デリケートゾーンの悩み対策5つ。おりものや経血の色が意味することって?

6,921

20180707_matome

人にはなかなか聞けないデリケートゾーンの話。におい、おりものや経血の色や状態の変化、デリケートゾーンが乾燥する? 女性ホルモンの影響? など、ちょっとしたことから大きな問題まで、気にかかることはたくさん。気になる話題をピックアップしました。

膣が痩せて乾燥する? 症状のチェックリスト

20171115_mylohas_top

女性医療ジャーナリスト・増田美加さんによると、加齢にともない肌だけでなく粘膜も乾燥していくそう。女性ホルモンの低下によって、デリケートゾーンも乾燥してしまうのです。乾燥が進むと、腟や外陰部はふっくら感を失い、痩せていくそう。あなたの腟や外陰部は大丈夫? チェックリストでチェックしてみて。
デリケートゾーンの粘膜の乾きは、女性ホルモン低下のせい?

デリケートゾーンの粘膜ケアに、骨盤底筋トレーニング

body1128

デリケートゾーンの乾燥や違和感をもっている女性は想像以上に多くいます。悩んでいたら婦人科へ。婦人科では、どんな検査や処置をするの? 腟周りの不快症状を緩和するには? いまは、レーザーによる新たな治療法も出てきています。デリケートゾーンの粘膜ケアには骨盤底筋トレーニングも有効だそう。やり方をチェック。
デリケートゾーンの粘膜がふっくら感を失い、乾燥し、痩せてくる! そんなときの対処法

経血の色の違いは、なにを意味する?

201807060430

ピンク色や白味がかった明るい赤から暗褐色まで、さまざまな経血の色。色の違いは、なにを意味する? 医師の診断を受ける方がよいパターンも。ピンク、水っぽく薄い色、暗褐色、ジャムのような濃い赤色、灰色と赤が混ざった色、クランベリーのような明るい赤……経血の色から読み解くカラダのサインを見逃さないで。
薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

洗いすぎに要注意。注意すべき、おりものって?

body_vol23

腟から分泌されるおりものは自然なもので、たとえて言うなら、女性の体を守る天然の殺菌クリームと言えるそう。女性ホルモンと連動しているおりもの。増えるのはどんな時期? おりものは、なぜ変化するの? 洗いすぎなど避けた方がいいことは? 注意すべきおりものって? 気になるトピックをご紹介。
おりもののニオイが気になったら。注意すべきおりものは?

おりものの色によって、どんな違いがある?

20180612_oromono

おりものの色が変化すると不安に感じることも。なにが正常の範囲で、どうなったら病院に駆け込めばいいの? 透明、ミルクのような白、ピンクっぽい……気をつけたい主なおりもののタイプ、さらにどんなときに医師を受診するとよいかをご紹介。
おりもの、その色にはどんな意味が?

いつもと違うと不安に思ったら、放っておかず婦人科に行くこともお忘れなく。

image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン