1. Home
  2. BODY
  3. WHOが世界的に廃止を計画。トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか

WHOが世界的に廃止を計画。トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,189

MYLOHAS編集部

トランス脂肪酸

2023年までにすべての食べ物からトランス脂肪酸を取りのぞく

ひとくちに「油脂(脂肪)」と言っても、構成する「脂肪酸」のタイプによって違いがあります。「多価不飽和脂肪酸」や「一価不飽和脂肪酸」を多く含むヘルシーな油脂(魚やアボカド、ナッツなどに含まれています)は、身体がホルモンを作り、エネルギーを生産し、栄養素を吸収するために必要ですが、人工の「トランス脂肪酸」(主に加工食品に含まれています)をとると、命に関わる病気のリスクが高くなるのです。そのため、世界保健機関(WHO)は2023年までに、世界中のすべての食べ物から人工のトランス脂肪酸を取りのぞく予定

2003年に、デンマークが世界で初めてトランス脂肪酸を禁止。その後、間もなくアメリカが続きました。2015年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)が科学的な証拠を見直して、人工のトランス脂肪酸としていちばん多い形態の「部分水素添加油脂(PHO)」を取るのは、「概して安全とは認められない」と決定。食品メーカーには3年の猶予が与えられ、2018年までにそれぞれの製品が1回分当たり0.5グラムを超えるトランス脂肪酸を含まないようにレシピを変更しなければならないことに。

でも、低所得国や中所得国の多くは、まだ食品にトランス脂肪酸を配合し続けていて、WHOによると、そのために50万人以上が、心臓と血管の病気で亡くなっています

WHOの公式声明で「トランス脂肪酸は不必要な有毒化学物質で、命を奪います。世界中の人々がそのような物質にさらされ続ける理由はありません」と、アメリカ疾病対策センター(CDC)の元所長で、現在は非政府組織「リゾルブ・トゥー・セイブ・ライブズ(Resolve to Save Lives)」の理事長兼CEOを務める博士のトム・フリーデンさん。

というわけで、トランス脂肪酸がよくないことは分かりましたが、正確にはどのような物質で、身体にどのような作用を与えるのでしょうか? 次に、世界中の健康専門家がトランス脂肪酸を永久に使わないようにしたいと望んでいる理由について、知る必要があるすべてをご紹介します。

トランス脂肪酸とは何か?

トランス脂肪酸にはふたつのタイプがあります。自然に発生するトランス脂肪酸と、人工のトランス脂肪酸。食肉と乳製品を提供してくれる動物(乳牛のような)は、消化器の中で、自然に少量のトランス脂肪酸を作ります。結果的に、その動物から作られる食べ物には微量のトランス脂肪酸が含まれることに。しかし、アメリカ心臓協会(AHA)によると、この天然のトランス脂肪酸が人間の健康に与える影響を判断するには、まだ十分な研究が行われていません。

でも、人工のトランス脂肪酸は別物。このタイプは、「水素添加」と呼ばれる方法で人工的に作られます。FDAによると、「水素添加」とは、水素分子を加えて液体の油(植物油のような)を個体の脂に変換するプロセス。その結果できるのが、先ほど槍玉にあがった「部分水素添加油脂(PHO)」なのです。

どうしてトランス脂肪酸を食品に加えるの?

PHOは、クッキーやクラッカー、缶入りフロスティング、ポテトチップス、コーヒークリーマー、それにフレンチフライやドーナツなどの揚げ物といった加工食品に、最も多く使われるタイプのトランス脂肪酸です。AHAによると、1990年より前にはトランス脂肪酸が健康に与える影響についてごくわずかしか知られていなかったため、安価で使いやすく、長く保存できて、食品がおいしくなるという理由で、食品メーカーが利用するようになりました。

トランス脂肪酸はどのような仕組みで健康に影響するのか?

アメリカ国立医学図書館のウェブサイト(MedlinePlus)によると、トランス脂肪酸を多く含む食品は、加えられている糖分とカロリーが高い傾向があるため、体重増加と2型糖尿病につながりやすくなるという危険が。

心臓にもよくありません。『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』誌で報告された2015年のカナダの分析研究では、トランス脂肪酸が健康に与える影響を調べた数カ国の研究20件のデータを分析しました。その結果、人工のトランス脂肪酸を取ると、すべての原因による死亡率が34%増加し、心臓の病気による死亡率が28%増加、心臓の病気になるリスクが21%増加すると判明。

でも、どうしてそれほど危険なのでしょう? 「トランス脂肪酸はLDL(つまり「悪玉」)コレステロールをぐんと増やすため、動脈が詰まりやすくなります(LDLコレステロールが多すぎると、血管の内側にたまって動脈硬化が進行)。同時に、HDL(いわゆる「善玉」)コレステロールを減らしますから、余分なコレステロールを肝臓に戻して身体の外に排出する機能が低下します(HDLコレステロールは、余分なコレステロールを肝臓に運ぶはたらきをしています)」とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医療センターの上級栄養士、ダナ・ヒューンズさん。

そのため、血栓ができやすくなり、心臓発作や脳卒中につながるだけでなく、トランス脂肪酸は血管の内側も傷つけるため、血管の正常な機能にも障害が起きるそう。

さらに、トランス脂肪酸は少なくともふたつの炎症マーカー(炎症のレベルを示す物質)を増加させます。「炎症は現在、糖尿病から心臓の病気、メタボリックシンドロームまで、多くの慢性病を推し進める重要な要素と見なされています」(ヒューンズさん)

幸いなことに、トランス脂肪酸を禁止すると変化が表れるという研究結果が。有力医学誌『JAMA』の心臓学専門誌、『JAMAカーディオロジー』誌で報告された研究で、2002〜2013年のニューヨーク州公衆衛生局のデータを分析したところ、トランス脂肪酸を規制した郡では、規制していない郡に比べて、心臓発作と脳卒中による入院が6.2%減ったというもの。ニューヨークがレストランでトランス脂肪酸を使うことを禁止した直後の2007〜2011年に最も大きく減少したそう。

でも、すべてのタイプの油脂がよくないの?

FDAによるトランス脂肪酸の禁止は今年、世界的に影響を与えていますが、やはり栄養成分表示ラベルはちゃんと読んで、成分リストに部分水素添加油脂が入っていないかどうか確認する方がよさそう。忘れないでください、まだ微量の使用が許されています──それが危険かもしれません。レストランに行ったら、揚げ物に使っている油脂のタイプを聞いてみます。教えてもらえない場合、揚げ物は避ける方がよいかも知れません。

それから、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸/不飽和脂肪酸を混同しないように気をつけて。米国保健福祉省(HHS)と米国農務省(USDA)が5年ごとに発表している「アメリカ人のための食生活指針」ではやはり、毎日のカロリーの25〜30%を油脂(脂肪)から取り、飽和脂肪酸は10%を超えないようにすることがすすめられています(1日およそ2000キロカロリーの消費量なら、卵やナッツ、アボカド、オリーブオイルなどからのヘルシーな油脂で500キロカロリー取れます)。コレステロール値が高い人や、家族に心臓疾患になった人がいる場合は、毎日の食事に占める油脂の割合を5〜6%に

「飽和脂肪酸も、心臓によくないと聞いているかもしれませんが、普通の人であればトランス脂肪酸ほど危険ではありません。でも、飽和脂肪酸の多い食べ物は加工食品であったり、塩や砂糖が多い傾向があったりするため、やはり取る量を制限して」とヒューンズさん。いちばん有益な方法は、アボカドやナッツ、オリーブオイルなど、ひとつの脂肪酸タイプが成分の大半を占める油脂をたっぷり取ることです。

Alisa Hrustic/ What Is Trans Fat—And Why Is It So Bad For You?

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由